クーペ

フィフティーズスタイルのクラシカルさに回帰 1964y フォードサンダーバード【BUBU横浜】

150507_0066

プレミアムスペシャルティとしての個性とは
1964y FORD ThunderBird
フォード・サンダーバードほど、デビューからモデルチェンジを経るごとにその性格が変貌したクルマも余りない。特に三代目は非常に先進的なスタイルを高く評価された一方、その後継たる1964年からの四代目は先進さの中にもクラシカルな良さを表現していたのが特徴だった。それもまたアメリカ車の多様性の表れである。

150507_0066

初代の2シータースポーツカーから豪華なフルサイズスペシャルティへと華麗な変貌を遂げた二代目以降のサンダーバードの中で、1964年からのモデルは、ある意味フィフティーズスタイルのクラシカルさに回帰していたのが特徴である。これはフルワイズのバンパー一体型のダイナミックなクロームグリルや、コンバーチブルトップを思わせるランドゥハードトップのデザイン、そしてフェンダースカートなどを見れば明らかだった。ちなみに1963年型までの先代モデルは時代を先取りした宇宙的なスタイルをウリにしていたのだが、そこから大きくテイストを変えて来たのは、このカテゴリーのクルマの主要な顧客の好みがやはりクラシカルだったということの証明にほかならない。

1960年代半ばとしては、ややデコラティブかつクラシカルなインテリアデザインだった。これはデザインコンセプトがかつての先進ショーカーにあったためであり、スイッチやゲージ類の多さと相まって、航空機のコクピットを思わせるスタイルにまとめられていた。

150507_0082

これはインテリアを見てもわかるとおり未来的ながらどことなくクラシカルなのは、1950年代のコンセプトカーのそれに似ていたことが理由でもある。

いずれにしてもサンダーバードのポジションは、同じフォード内のリンカーンとも異なる独自の上級ラインを目指していたと言って良いだろう。

150507_0079

テールデザインはシーケンシャルフラッシャーとスクエアなボディ一体型バンパーが近未来的なフォルムを形作っていたものの、ボディのプレスラインは1950年代を彷彿とさせるものであり、またオプションのワイヤースポークホイールに至ってはヨーロッパ的なクラシックカーのイメージを醸し出していた。

エンジンはFEビッグブロックのミドルレンジだった390ci/300hp。このクルマの性格上、走りのパフォーマンスはある程度のレベルが確保されていれば良く、よりハイパフォーマンスを目指したオプションユニットは用意されていなかった。必要にして十分なパワーだったのだ。

装備品は極めて豪華かつ充実しており、現実離れしたショーカーチックなインテリアデザインと相まって所有する喜びに溢れていたことは間違いない。
フォード・サンダーバードは後年に続くフルサイズスペシャルティの先駆として大いに意味がある存在である。

■問合せ BUBU横浜(http://www.bubu.co.jp/)

Text & Photos|AMERICAN VINTAGECAR magazine


関連記事

  1. 名称未設定 1 のコピー 70年型7AARクーダ、73年型ファイヤーバード、68年型と71…
  2. DSC_9911 EXCITING60’s 真っ赤なボディに丸目四灯フ…
  3. mustang_02_front “超希少”なブリットを手に入れるチャンスあり【ウイングオート】
  4. _DSC8390 LBワークスボディキットをまとい、広島で一番のチャレンジャーに乗…
  5. IMG_0065 EXCITING60’s 主張し過ぎないことが逆にス…
  6. IMG_0921 手頃になった今こそ手に入れたい第5世代マスタング
  7. DSC_0981_opt ポップな69、70でなく72年型シボレーエルカミーノが逆にクール…
  8. IMG_0299 EXCITING60’s 文句なしにカッコイイ、シャ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP