クーペ

フィフティーズスタイルのクラシカルさに回帰 1964y フォードサンダーバード【BUBU横浜】

150507_0066

プレミアムスペシャルティとしての個性とは
1964y FORD ThunderBird
フォード・サンダーバードほど、デビューからモデルチェンジを経るごとにその性格が変貌したクルマも余りない。特に三代目は非常に先進的なスタイルを高く評価された一方、その後継たる1964年からの四代目は先進さの中にもクラシカルな良さを表現していたのが特徴だった。それもまたアメリカ車の多様性の表れである。

150507_0066

初代の2シータースポーツカーから豪華なフルサイズスペシャルティへと華麗な変貌を遂げた二代目以降のサンダーバードの中で、1964年からのモデルは、ある意味フィフティーズスタイルのクラシカルさに回帰していたのが特徴である。これはフルワイズのバンパー一体型のダイナミックなクロームグリルや、コンバーチブルトップを思わせるランドゥハードトップのデザイン、そしてフェンダースカートなどを見れば明らかだった。ちなみに1963年型までの先代モデルは時代を先取りした宇宙的なスタイルをウリにしていたのだが、そこから大きくテイストを変えて来たのは、このカテゴリーのクルマの主要な顧客の好みがやはりクラシカルだったということの証明にほかならない。

1960年代半ばとしては、ややデコラティブかつクラシカルなインテリアデザインだった。これはデザインコンセプトがかつての先進ショーカーにあったためであり、スイッチやゲージ類の多さと相まって、航空機のコクピットを思わせるスタイルにまとめられていた。

150507_0082

これはインテリアを見てもわかるとおり未来的ながらどことなくクラシカルなのは、1950年代のコンセプトカーのそれに似ていたことが理由でもある。

いずれにしてもサンダーバードのポジションは、同じフォード内のリンカーンとも異なる独自の上級ラインを目指していたと言って良いだろう。

150507_0079

テールデザインはシーケンシャルフラッシャーとスクエアなボディ一体型バンパーが近未来的なフォルムを形作っていたものの、ボディのプレスラインは1950年代を彷彿とさせるものであり、またオプションのワイヤースポークホイールに至ってはヨーロッパ的なクラシックカーのイメージを醸し出していた。

エンジンはFEビッグブロックのミドルレンジだった390ci/300hp。このクルマの性格上、走りのパフォーマンスはある程度のレベルが確保されていれば良く、よりハイパフォーマンスを目指したオプションユニットは用意されていなかった。必要にして十分なパワーだったのだ。

装備品は極めて豪華かつ充実しており、現実離れしたショーカーチックなインテリアデザインと相まって所有する喜びに溢れていたことは間違いない。
フォード・サンダーバードは後年に続くフルサイズスペシャルティの先駆として大いに意味がある存在である。

■問合せ BUBU横浜(http://www.bubu.co.jp/)

Text & Photos|AMERICAN VINTAGECAR magazine


関連記事

  1. _N6I5046 こだわりのマッチングならXO LUXURYでキマり!【デュークス…
  2. 1970-1980_tobira 新技術とボディのダウンサイジングにより アメリカ車の勢力図が一変…
  3. 2015 Ford Mustang 50years Edition ショップで見つけて試乗で即決。ひと目惚れで選んだ、鮮烈オレンジの…
  4. 4 派手さよりもシンプルさを選んだ、サウススタイルのチャレンジャー
  5. ポンティアックファイアーバード ファイヤーバードと出会うべくして出会う キャブ車の走りがたまらな…
  6. B0V0553 これぞまさしくファミリーセダン 1950年代に思いを馳せる一台 …
  7. ラグジ、立花未来 立花未来チャレンジャーカスタム計画 プロデュース by LUXZ…
  8. CA4R0021 純血を残すアメリカン・レーシング【i corporation】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP