ビンテージ

1979y Chevrolet C10 Silverado オリジナルの良さを存分に感じるカスタムピック【オートレイド】

_DSC1553

1979y Chevrolet C10 Silverado

_DSC1553

数あるボディバリエーションの中で、アメリカでは現在でも最もセールスが多いのは他ならぬピックアップトラックだ。単なる商業車としてではなく、自家用からホビー、レースなどありとあらゆるフィールドで活躍する最もアメリカらしい存在。日本においても、その流れが来ているのだ。

日本ではトラック=商業車というイメージが強く、基本的にキャブオーバータイプが主流なだけに、ボンネットタイプのピックアップトラックにアメリカらしさを感じる。本国USAでのセールスではフォードがトップとなっているものの、ホビーのフィールドではGM系がダントツ人気だ。中でもC10はフルサイズピックアップの中では最もポピュラー。ロングベッド、ステップサイド、ヘビデューティーな8ラグなど、バリエーションも様々だが、ストリートマシンとしてはこの“ショートボックス”が一番人気。カスタムのアプローチも多種多様で、近年のマッスルカー人気に連動して盛り上がっているオートクロス(パイロンスラローム)においても最近目立つ存在となっている。大柄なボディの割には、インターミディーのマッスル系よりもホイールベースなどのディメンションも良く、それでいてモディファイ用の社外パーツが充実しているなどのメリットも多い。それだけに、自分の好みの仕様に仕立てる上での自由度が高く、コストパフォーマンス的にも優れているなど魅力が大きい。

この個体は、お馴染みの3rd(1973~1987)の中でも丸形ヘッドライト最終にあたる79年型。新車当時よりカスタムされたケースが多いだけに、この個体のようにストックをキープしたものは本国でも稀。シルバラードならではのモール、ガーニッシュから、インテリア、エンジルームに至るまで、見事にストックをキープしている。ストリートカーとしてバランスの良いロワードと18インチリムのアレンジを施すことで、ルックス、乗り味のいずれにおいてもストックとしての魅力を引上げている。アダルトなアプローチで控えめながらも独自の存在感がある一台だ。

_DSC1625

均整の取れたスクエアなプロポーションはショートボックスならでは。F:ドロップスピンドル&コイル、R:ロワイングリーフによってアレンジされた車高もこのスタイリングを際立たせている。

_DSC1606

ブルーの車体色と相性の良いライトグレーで統一されたインテリアも全てストック。ヘッドライナーやドアパネルの樹脂類に傷みも無く、このクルマの素性の良さが感じられる。

_DSC1599

社外品が多くリリースされる中でメータークラスターやステアリングもストックをキープする個体は稀。ゲージ類も全て見事な状態。プラスチック製ながら傷みや歪みもない見事な状態である。

_DSC1568

EAGLE ALLOYSのホイールにSuper Steel 595タイヤ(前後共に265/35ZR18)の組み合わせ。

_DSC1571

クリーンな状態をキープするグリルもストック。
73~79は基本的に似たデザインながらグリルのピッチに若干違いがあり、78、79はライト下のマーカーも含めてベゼルで囲まれるのが特徴。

_DSC1613

エンジンは250(4・1ℓ)、292(4・8ℓ)の直6、262(4・3ℓ)のV6、305(5・0ℓ)、350(5・7ℓ)、400(6・6ℓ)、454(7・4ℓ)のV8の他、350と379(6・2ℓ)のディーゼルV8と10種類がラインナップ。この個体はストリートカーとして最も優れる350(ガソリン)にタフなTH400オートマチックのコンビネーション。配管、配線をはじめ、車載工具などのディテールも含め見事にストックをキープしている。

_DSC1595

日本では土木・建築のフィールドで採用されている特殊プロテクション・コーティング処理済み。USAのピックアップやVANでは定番だが、大概は黒なのに対して、この個体は車体色に合わせ鮮やかなブルーなのがポイント。

■取材協力:オートレイド(http://www.auto-raid.com/)

■Text & Photos|AMERICAN VINTAGECAR magazine


関連記事

  1. _B0V9795-1 比類なきモンスター・ピックアップトラック Chevrolet C…
  2. B0V0009 これしかない、と自然に感じる極上ピックアップ 1969y Che…
  3. _B0V1947-1 1951y FORD TRUCK フルサイズ・ピックのルーツもG…
  4. 0S7A9711_opt.jpeg 426HEMIならではのシャープなフィーリングが最高!プリマスバ…
  5. IMG_8993 GROOVY70’s ニッチでレアな過渡期にあった「…
  6. _B0V0464 69年型から、以前はシェビーⅡのサブネームだった「ノバ」に車名統…
  7. 150507_0066 フィフティーズスタイルのクラシカルさに回帰 1964y フォード…
  8. CA4R0183 クルマとしての本質を持つクラシック・アメリカン 1970y シボ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP