ローライダー

ついに時代が動き出す!熱い時間がやって来た!俺たちが愛するC/K Truck 1993y CHEVROLET C1500【グレイスキャブ】

_B0V522222

今時の“C”の王道スタイルは最新ホイールを履くのが熱い!

_B0V522222

10年前には毎日のように見たC1500のローライダーだが、その姿も年々減少傾向にあった。しかし今、再びその姿が新たなテイストを加えて一転増加中! 最新の高級ホイールを組み合わせるのが熱い!

自分と同じ年齢だから愛着があるクルマ

_B0V5252

C1500に乗るオーナーの多くは「より低く」を合い言葉にカスタムに励む。今回の93年型C1500のオーナーである戸高さんもまた、車高を低くするための装備とボディ加工を求めた。兄の影響でアメ車にハマり「いつかは俺も」とアメ車デビューを夢見ていた。そして出会ったのが、このC1500。戸高さんと同じ93年生まれというところにも、運命を感じたようだ。

4輪独立のエアサス、リアはCノッチフレーム加工、キャビンはチャネリングにより大胆な低さを実現。しかし、フロントはまだ着地はしていない。ショックレス化すれば着地は可能なのだが、その反面乗り心地は犠牲となる。日常の足として使うクルマだけに、どうするか葛藤しているようだ。見た目か実用性か…。

再び脚光を浴びてきたC1500ローライダーは、往年のスタイルにはないトレンドがある。それが、最新の高級ブランドホイールを装着し、新旧のカスタムコントラストを入れること。このモデルには、オフセットも細かく調整したフォージアートの22インチが装着されている。

フェイスには、もはやレアアイテムとして各地で争奪戦が繰り広げられているファントムグリル。リアはロールパンバンパーを装着。今後はオールペンなどを行ない、さらに新しい現代版C1500ローライダーを目指す!

_B0V5357

ロールパンバンパーを装着し、着地状態のリアビューはお見事。C1500オーナーがこの状態を求めるのは昔も今も変わらない。今後はオールペン、インテリア改築をする…予定。

_B0V5256

チョイ古のモデルに最新ホイールを装着するのは流行のスタイル。フォージアートの22インチを、オフセット調整をして限界まで低さを求めた。

_B0V5235

当時を知るユーザーには驚きかもしれないが、このファントムグリルはレアアイテムとして現在は入手が困難。自宅の倉庫に眠っているオーナーも多いのでは?

限界の低さを求め、4輪独立エアサス、リアCノッチフレーム加工、チャネリングを行なう。フロント上がりなのは、まだショックレスしていないため。乗り心地も重要だ。

OWNER:戸高健志さん

■取材協力/グレイスキャブ【http://gracecab.jp】

■Text & Photos|アメ車MAGAZINE


関連記事

  1. _B0V49044 ニュースタイルローライダー シボレーカマロ /カスタムは実用性重…
  2. DSC_6167 ストリートで抜群に映えるロー&ワイドフォルムの威力 TOYOTA…
  3. DSC_6845 アバランチなのにシエラ!? 究極のスラムドで魅せる シボレーアバ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP