SUV

ジープブランドの大黒柱「ラングラー」がモデルチェンジ。新型ラングラーデビュー!!

All-new 2018 Jeep® Wrangler Rubicon

左)1973 Jeep CJ-5 / 右)2018 Jeep Wrangler Sahara

1973 Jeep® CJ-5 and all-new 2018 Jeep Wrangler Sahara

2017年11月29日からロサンゼルスで行なわれたLAオートショーで、ジープラングラーの新世代モデルがデビューした。一見して先代と似たイメージだが、中身は大きく進化しているぞ。

ジープブランドの大黒柱「ラングラー」がモデルチェンジして次世代モデルとなった。CJの時代から「ラングラー」のモデルネームを与えられたYJ、TJ、JKを経て、今回はJLとされた。2ドアと4ドアが用意されるのはJKと同様だが、4ドアに「ラングラー・アンリミテッド」という独立した車名を与えることはせず、単に4ドアのサブネーム的に「アンリミテッド」が使われている。スタイリングデザインは、どこから見てもラングラーであることが分かるもので、一見、それほど変わっていないようにも思えるが、詳細に見ていくとディテールはかなり異なっているのが分かる。もっとも顕著に表れているのがフロントマスク。上の写真を見ていただければ一目瞭然だが、7スロットグリルにヘッドランプを重ねてCJのようにデザインされている。他の外板にも凝ったディテールが多用されており、コストがかけられているのが伺える。エンジンラインナップも変化のひとつ。3.6ℓV6はJKからのキャリーオーバーだが、JLには新たに2.0ℓ直4ターボエンジンがオプションとして加わっており、さらに2019年には3.0ℓV6ディーゼルエンジンが追加されることも決まっている。2ℓターボは最大トルクにおいて3.6ℓエンジンを上回っており、ディーゼルの最大トルクはさらにその上を行く。ターボおよびディーゼルエンジンの燃費については未公開だが、これらのエンジンの主眼とするところがそこにあるのは間違いない。トランスミッションはこれまでの6MT/5ATから6MT/8ATへと進化した。これも燃費性能には大いに貢献するはずだ。4WDシステムについても、これまでのコマンドトラック(ルビコンはロックトラック)に加えて、サハラではセレクトラックも選べるようになった。セレクトラックはフルタイム4WDなので、より幅広い層が4WDでの走行性能を享受できるようになる。ここまでの解説は、今回北米モデルとして発表されたものについてのものなので、今後、日本に正規輸入されるものは、これとは若干異なる可能性もある。その点はご注意願いたい。

■ラングラー・4ドア・サハラ
全長4785㎜×全幅1875㎜×全高1868.4㎜
ホイールベース3008㎜
アプローチアングル41.8°
ディパーチャーアングル36.1°
ブレイクオーバーアングル21°
グランドクリアランス245.0㎜
サスペンション:前後コイルリジッド
タイヤP255/70R18
■3.6ℓ V6DOHC(全車に標準) 285hp@6400rpm 35.9kg-m@4800rpm
■2.0ℓ直4DOHCターボ(オプション) 270hp@2520rpm 40.8kg-m@ 3000rpm

■ラングラー・2ドア・ルビコン
全長4237㎜×全幅1875㎜×全高1868.4㎜
ホイールベース2460㎜
アプローチアングル44°
ディパーチャーアングル37°
ブレイクオーバーアングル27.8°
グランドクリアランス264.6㎜
サスペンション:前後コイルリジッド
タイヤ:BFグッドリッチオールテレーンKO2 LT285/70R17C
■3.6ℓ V6DOHC(全車に標準) 285hp@ 6400rpm 35.9kg-m @ 4800rpm
■2.0ℓ直4DOHCターボ(オプション) 270hp@ 2520rpm 40.8kg-m@3000rpm

All-new 2018 Jeep® Wrangler Sahara
All-new 2018 Jeep® Wrangler Sahara

インテリアデザインはダッシュボードを中心に一新された。写真はすべて4ドアサハラのもの

■Jeep Official Site http://www.jeep.com

■Text|アメ車MAGAZINE

2018年アメ車マガジン 2月号掲載


関連記事

  1. _N6I6048 大きなアメ車が大好き!ハマーH2  YOSHIKO☆アメマガガー…
  2. _B0V49044 ニュースタイルローライダー シボレーカマロ /カスタムは実用性重…
  3. The 2017 Camaro ZL1 is poised to challenge the most advanced performance cars in the world in any measure  Ewith unprecedented levels of technology, refinement, track capability and straight-line acceleration. A cohesive suite of performance technologies tailors ZL1’s performance, featuring an updated Magnetic Ride suspension, Performance Traction Management, electronic limited-slip differential, Custom Launch Control and Driver Mode Selector. The ZL1 Convertible’s modular underbody bracing provides the same sharp, nimble handling as the coupe, while its fully automatic top can be raised or lowered with a single button while driving up to 30 mph, or lowered remotely with the keyfob. 最強のカマロがさらに最強になった!ヘルキャットも凌駕する!? 2…
  4. 0S7A7859 マニアに根強い人気のハマーH1 今こそゲットしたいハマーH2【S…
  5. _MG_663911_opt アメ車らしさを現代に甦らせるオリジナルボディペイント GMCサバ…
  6. _N6I2805 スタイリッシュに 「SUV」を乗りこなせ【グッドスピードインター…
  7. DSC_6128 エスカレードに引けを取らないラグジュアリーさがウリ GMCユーコ…
  8. 2017 Lincoln Continental フラッグシップセダンのネーミングとして「コンチネンタル」が復活!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP