シボレー

90sハイテックを匂わせるクールトラック【1997 Chevy C1500】

IMG_5210

80s-90sBeat
1997 Chevy C1500

NASCARトラックレース参戦モデルに相応しい5速マニュアル車をストリートカーとしてクールにまとめたC1500シルバラード。スポーティかつスタイリッシュなトラックに仕上がった傑作車だ。

IMG_5210
IMG_8325

1960年にデビューしたGMのフルサイズトラック、C/Kシリーズの4世代目となるC1500は、同シリーズの最終型として88年~98年にラインナップされた。グレードはシャイアン、スコッツデール、シルバラードの3種。キャビンはシングル、エクステンド、クルーキャブ(4ドア)があり、ベッドはフリートサイドの他、ステップサイド、ヘビーデューティにはデューリーと、多様なバリエーションでラインナップ。エアサスにアレンジし、極端にロワードしたいわゆるスラムド系が主流だが、その反面、リフレッシュを兼ねてストックの魅力を引き出しながら車高のアレンジでプロポーションを整えるレストロッド風のアプローチも増えている。この個体は、モールディングなどをリフレッシュしてストックの魅力を引き立てつつも、ビレットグリルやバドニック製ビレットホイールを投入し、ナインティーズ・ハイテックを匂わせるアプローチでまとめたセンスの良い1台。そしてスポーツトラックを地でいくファクトリー5速マニュアル車というのがキャラクターを決定付ける最大のポイント。疾走感に溢れるロースタンスの車高プロポーションも絶妙で、C1500のショートボックスのスタイリングの良さが際立って、実に魅力的。エアサスは採用せず、このプロポーションで、5MTのHotな走りが味わえるのもポイント。NASCARトラック参戦車としてのペディグリーに見合ういそうでいない傑作車と言えるのだ。

絶妙な車高スタンスにアレンジされていることで、ショートボックスならではの引き締ったスタイリングの良さが際立つ。ファントムな社外ビレットグリルは、ピッチを細かくアレンジしたうえでインストール。バンパーは前後ともにマッチペイントし、純正のモールディングを装着することで、シャープな印象を与える。2010年型シルバラード用のテールゲート・プロテクターがスポイラー的で疾走感あるルックスに貢献。

IMG_8318

基本的にストックをキープするフロアシフト&ベンチシート車。マニュアルのシフターはショートストロークの社外品でアップグレード。レバーは専門ブランドのHurst 製。ベゼルはCNC 製作によるナオキモータービルドのオリジナル品。黒一色のステアリングは、社外のビレット製。

IMG_8349

搭載エンジンは255hpを発揮するボーテック350(5.7ℓ)。K&N製のパワーフィルターの投入やマフラーのアレンジでレスポンスの良いフィーリングを確保。そして、トランスミッションは5速マニュアル。アメリカンV8&スティックシフトをイージかつ快適に味わえる!

フロントは2インチドロップスピンドルとベルテック製サスをカットして装着。リアのリーフスプリングはフリップキット&ロングなシャックルを用いてデフ下に移設。バンプラバーにはハイエース用を流用するなど、プロポーションだけでなく、乗り味も踏まえてアレンジ。ホイールはバドニック社のビレット製。タイヤはウルトラスポーツ(F:245/35ZR20、R:275/35ZR20)。

Special Thanks ◆ NAOKI MOTOR BUILD
Phone ◆ 072-236-7300

Photo & Report ◆ Hideki Ishibashi

2018年 アメ車マガジン 2月号掲載


関連記事

  1. DSC_5228 フルサイズに引けを取らない ミッドサイズピックアップ GMCキャ…
  2. _8MP6305 アメ車に求めるインパクトフェロモン香るオトコの1台 フォードF3…
  3. DSC_5662 アストロに対する愛は人一倍 もはや趣味の域を超えている 1990…
  4. 000 トランスポーターとして使い倒す!! シボレーアストロ / クルマ…
  5. DSC_6625 従来のアストロとは別物 気分はHOT ROD!! シボレーアスト…
  6. DSC_6845 アバランチなのにシエラ!? 究極のスラムドで魅せる シボレーアバ…
  7. _8MP0108 最新型カマロを入手するすこぶるスマートな方法【ラインハート】
  8. 0000000 フルノーマルで購入した95年型アストロ / アストロ全盛期の様な…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP