GMC

K5でなく、あえてのGMCジミー【1987 GMC JIMMY】

DSC_4459

80s-90sBeat
1987 GMC JIMMY

フルサイズトラックからSUVへと進化を遂げる中で、ブロンコやK-5のキャノピーほど分かりやすいものはない。「荷台をキャビンに!」という大胆なアレンジから始まったのがアメリカンSUVの起源。その歴史を色濃く感じさせる個体の魅力に迫る!

DSC_4459
DSC_4597

アメリカはもちろん、日本国内でも70年代、80年代のC10、K5ブレイザーの価格が高騰中の昨今、程度の良い個体は高値で取引される。ここではアメリカンビンテージのネクストジェネレーションとして期待の高まる87年型GMCジミーを紹介しよう。「K5ブレイザーと何が違うの?」と言った疑問の多いジミーではあるが大きな違いはグリルとエンブレムだけであり、パワートレインやパッケージに大きな違いはない。それでもジミー顔のK5ブレイザーではなく、正真正銘のGMCジミーに限定して探すユーザーが多いのも事実だ。これはアストロよりもサファリ、タホよりもユーコンとGMCブランドを好む流れと、共通の話である。紹介する車両は縦目2灯から4灯へとコンバートした最終モデルフェイスの87年型。キャブレターからTBIフューエルインジェクションへと進化した直後のモデルだ。足回りは本来前後リーフスプリングだが、この個体はレースランナーのコイル式車高調へと換装。10年以上前に仕上げた足回りなので若干のヘタリは出てきているものの、街乗りからオフロードまでシーン毎にセッティングができる点も魅力の一つだ。さらにボトムスへと目をやるとこの手のクルマには珍しいディックシーペックへと換装。オーナーさんは、は一通り手を加えたそうで、ある意味集大成と呼ぶべきカタチとなっているそう。長く楽しめるのも流行に左右されない80年代SUVの魅力と言えるだろう。

DSC_4483

レースランナーによる約6インチのリフトアップに最終モデルフェイスコンバート、ヘダースから後ろをワンオフで制作する両サイド出しマフラーに必要最小限のサイドステップ、インナーフェンダーのステッカーチューンで手を入れつつも、エンブレムなどの装飾などは当時物をストック。この曖昧さが独特の味として魅力を増している。

DSC_4568

インパネを見て全塗装したな…と見抜く人は玄人。実はこの個体はブルー×ホワイトのオリジナルカラーからエクステリアのみブラックへ全塗装しているのだ。その名残がこのインテリアであり、オーナーさんはいずれはオリジナルカラーへ戻したいとのこと。ダッシュにレイアウトされたタコメーターやRECARAステアリング以外はほぼオリジナルをストック。

DSC_4494

90年代を代表する名車、C/Kやタホ、サバーバンの95年モデルまでに搭載されるユニット、TBIエンジンがベースとなる同車。見た目とは裏腹に快適なフィーリングで、コンピューター制御の多いボーテックに比べてチューニングが容易なのも魅力の一つのエンジンなのだ。

レースランナーの前後コイル式車高調でリフトアップ。ショックアブソーバーの取り付け位置が変更され、リーフスプリングとは異なる横方向へのねじれ対策が必要となったため各部を補正している。リフトアップされて位置関係がずれたデフの角度を斜めに調整しファイナルを変更するなど、走りに対する真面目な取り組みが随所から感じ取れる。

Special Thanks ◆ F.A.S.T
Phone ◆ 06-6784-1976
URL ◆ http://fast1976.jp/

Photo & Report ◆ Akira Ishii

2018年 アメ車マガジン 2月号掲載


関連記事

  1. DSC_5742 全身カモフラエスカレード “エスカモレード”に迫る キャデラック…
  2. DSC_5228 フルサイズに引けを取らない ミッドサイズピックアップ GMCキャ…
  3. DSC_7381 TJラングラーでも希少アンリミテッドルビコン ジープラングラーア…
  4. _N6I1178 ジープのスタイルや個性を守りながらも性能や機能が進化した新世代ラ…
  5. 0S7A0117_opt グローバルスペックの最高級SUV キャデラックエスカレード【バー…
  6. 0S7A7859 マニアに根強い人気のハマーH1 今こそゲットしたいハマーH2【S…
  7. _N6I0644 愛車のアピールポイントは、レアなサンルーフが付いているところです…
  8. 01 -3 個性を主張した 大人カスタム ジープラングラーアンリミテッド【リ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP