クーペ

ハイインパクトカラーに身を包んだダッジブラザー【BUBU横浜】

DSC_4517

とことんモダンマッスルと戯れる!!
AMERICAN MODERN MUSCLE CARS
このツートップからはやはり目が離せない!!

日本人は礼儀正しくておとなしいってのは世界的に有名。それと同時に日本人はシャイで自分の意見をハッキリと伝えるのが下手とも海外の人から思われている。だが、せっかくアメ車、マッスルカーを選ぶのであれば、飛び切りホットな、目にも鮮やかなカラーリングを選びたい。

DSC_4517

レトロモダン、モダンクラシックなどと呼ばれる過去のモデルのデザインをリバイバルした火付け役はマスタング。それが大きな話題となり大成功。流行の先陣を切ってきたのはフォードで、それに続けとばかりにGMはカマロを、クライスラーはチャレンジャーをリバイバルさせて市場に投入したというのが、モダンマッスルの経緯。しかし、火を付けたのはマスタングかもしれないが、モダンマッスルで現在ひと際注目を集めているのはチャレンジャーであり、それに続いて兄弟車であるチャージャーだ。人気の背景は、数多くのグレードを展開することと、ベーシックからハイパフォーマンスを有するエンジン、そして多彩なカラーバリエーション。さらに映画の影響というのもあるだろう。この流れを察知してBUBUが自社のBCDを通じて、その中でもとりわけホットなモデルを直輸入。それがこの2台。まずはチャージャーだが、2017年モデルからラインナップに加わった「デイトナ」で、ボディカラーはイエロージャケット。そしてもう1台は、B5ブルーのボディカラーが目にも鮮やかな2016年型チャレンジャーSRT392である。ハイインパクトカラーがいかにもマッスルカーらしさを物語っている両車。せっかくならこれぐらい派手な方がいい。それにしてもとにかくダッジは話題が豊富。707hpを発揮するヘルキャットを登場させたかと思えば、さらにその上を行く840hpを誇るデーモンを発表。さらにヘルキャットにはワイドボディバージョンをプラスするなど、ファンを飽きさせない。そして2017年モデルからは紹介するチャージャーデイトナだけでなく、チャレンジャーにはT/Aを用意。ファンが注目するのも納得である。

2017 DODGE CHARGER DAYTONA YELLOW JACKET

DSC_4531
DSC_4541

他車を睨み付ける威嚇的なルックス。ダッジと言えば十字のクロスヘアグリルだが、メッシュタイプとすることでイメージを高めているほか、HEMIロゴが入ったサテンブラックフードグラフィックはフードダクトを強調し、デッキフード&ルーフにもサテンブラックを組み合わせ、ワンピースタイプのパフォーマンススポイラーが攻撃性を高めている。

ダッジストライプを特徴とするセンターキャップを配したモパー軽量鍛造アルミホイール(20×9.0J)。カラーはハイパーブラックで足もとを引き締め、タイヤはグッドイヤー・イーグルRS-Aオールシーズン(245/40R20)を組み合わせる。

DSC_4574

デイトナは5.7L/V8HEMIと6.4L/V8HEMIの2タイプのエンジンをラインナップ。撮影車両には5.7L/V8HEMIが搭載され、最高出力は370hp、最大トルクは54.6kg‐mを発揮。

DSC_4562

チャレンジャーとは異なり、シンプルにラウンドしたインパネ。ゴールドのパイピングがアクセントのシートはバケットタイプで、シートバックにはもちろんロゴが施されている。オプションのサンルーフを装備して開放感を楽しめる。

DSC_4557

2016 DODGE CHALLENGER SRT 392 B5 BLUE

DSC_4506
DSC_4511

ディテールに変化を与えるストライプがチャレンジャーには用意されているが、SRT392にはツインタイプのレーシングストライプが施され、スポーティさとクラシカルな装いをもたらしている。

ボトムスはピレリ・P ZERO NEROオールシーズンタイヤ(275/40ZR20)に、スポークの先が二股に分かれたスプリットタイプの7スポークアルミホイール(20×9.5J)があしらわれ、ブレーキはフロント6ピストン/リア4ピストンのブレンボキャリパーにスリットローターを標準とする。

DSC_4441

チャレンジャーには4タイプのエンジンが用意されている中で、SRT392が搭載するのは6.4L/V8HEMI。最高出力は485hp、最大トルクは65.6kg‐mを発揮。

DSC_4419

ドアを開くとドアシルにチャレンジャーのロゴ、フロアマットにもSRTのロゴが施されて気分を盛り上げてくれる。シートはスエードとレザーで構成され、SRTのロゴを配したバケットタイプ。

DSC_4443

■Thanks:BUBU YOKOHAMA
tel.045-923-0077
http://www.bubu.co.jp

■Photo & Text:編集部

2018年 アメ車マガジン 2月号掲載


関連記事

  1. 01_GC_Main2_opt カスタムも視野に入る 59年型シボレーインパラ【グレイスキャブ】…
  2. 名称未設定 1 のコピー 70年型7AARクーダ、73年型ファイヤーバード、68年型と71…
  3. N6I5519 V6で何が悪い?! スポーティに走れるダッジ【グッドスピードイン…
  4. 0S7A1216 SHAFTにて、シャシーダイナモメーターでマスタングの状態をチェ…
  5. _N6I2244 男のマニュアルミッションでマッスルカーの走りを堪能するべし!【東…
  6. _N6I5951 IROC-Zをカリカリチューンした快速仕様【1989 Chevy…
  7. RSF_3006 クールな雰囲気のツヤ消しブラックにフルラッピングしたダッジチャー…
  8. The 2017 Camaro ZL1 is poised to challenge the most advanced performance cars in the world in any measure  Ewith unprecedented levels of technology, refinement, track capability and straight-line acceleration. A cohesive suite of performance technologies tailors ZL1’s performance, featuring an updated Magnetic Ride suspension, Performance Traction Management, electronic limited-slip differential, Custom Launch Control and Driver Mode Selector. The ZL1 Convertible’s modular underbody bracing provides the same sharp, nimble handling as the coupe, while its fully automatic top can be raised or lowered with a single button while driving up to 30 mph, or lowered remotely with the keyfob. 最強のカマロがさらに最強になった!ヘルキャットも凌駕する!? 2…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP