ビンテージ

究極の自動車趣味としてアメリカでは定着している「ストリートロッド」

_N6I1924

究極のアメリカン 憧れの「ストリートロッド」
STREET ROD ECSTASY
Oldie but A Goodie!
The Ultimate AmericanCar

アメリカでは究極のカーホビーとして確固たる地位を確立している「ストリートロッド」。日本においても昔からの熱狂的なファンを中心としてジワジワと人気が上がり、現在では「いつかは欲しい憧れのアメ車」となってきている。日本のストリートロッドのレベルも直実に上がっており、海外からも注目されるようにもなってきた。日本のクールなストリートロッドたちを紹介していくことにしよう。

_N6I1924

戦前のモデルをベースにする「ストリートロッド」は、アメリカの自動車趣味において、あらゆる面で頂点的な存在として、一般的にも広く浸透している。歴史を重んじながらも、最新かつ最良の方法でアップグレードするといったアプローチは、いかにもアメリカらしい。音楽に置換えると、ROCK にもよく似ており、新旧様々なスタイルが存在し、聴くだけでなく、実際に楽器をプレイしたり、バンドを組んでパーティなどでライブを行なったりと、楽しみ方においても、ファン層の面でも共通する部分が多い。それだけに、お馴染みのミュージシャンにも、ホットロッダーや、ホットロッドを所有する者は意外にも多く存在するのだ。歴史が長いだけでなく、日本では想像できないほど、そのマーケットは巨大。それに対して日本でのストリートロッドは、まだまだ少数派。存在こそ知っていても、現実離れした特殊なジャンルといった印象。そんな中でも、アメ車オーナーとしてキャリアを重ねていくうちに、その魅力を知り所有に至るというケースや、古着などのファッションから派生して、ライフスタイルにおいても同等なスタイルを取り入れる延長で、愛車もチョッパーやホットロッドにステップアップするといったケースがジワジワと浸透中。ファンならずとも知るジャニーズ系タレントにも、同様の流れでストリートロッドを愛車とする人も数名おり、最近ではTV や誌面でも露出されているだけに、注目度が高まっている。何はなくとも、純粋にクルマとしてのポテンシャルを味わううえでも、最もシンプルで軽量なうえ、現代を基準にした高次元の運動性能や快適性も確保可能な拡張性の高さはストリートロッドの魅力と言える。いかようにもアレンジできるだけに、一度その魅力にハマれば、一生愛せるだけの奥深さがあるのである。

アメ車マガジン 2018年 9月号掲載


関連記事

  1. 2011 Ford Mustang、2013 Ford Mustang フィフスジェネレーションのATとMTの異なる仕様の2台のマスタン…
  2. _B0V0464 69年型から、以前はシェビーⅡのサブネームだった「ノバ」に車名統…
  3. _DX_1007-1 後ろ姿で称賛を浴びるスプリットウィンドウ 1963y シボレーコ…
  4. パフォーマンスチームSVTがF150をオフロードチューン FOR…
  5. FORD MUSTANG ELEANOR、マスタングエレノア 『60セカンズ』を駆け抜けた マスタングの名作“エレノア”がここ…
  6. 2 ビンテージカーをアズールスタイルで乗りこなせ!シェベル・リビエラ…
  7. 0062 ’57モデルのベルエア―最大の特徴は、大型のテールフ…
  8. 1970y PLYMOUTH DUSTER、1970年 プリマス ダスター アメ車としては比較的コンパクトなボディのダスター。最強モデルと言…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP