クーペ

ネーミングの「1320」はドラッグレースのスタートからゴールまでの距離のこと。

Scat Pack 1320

ノリに乗ってるチャレンジャーの2019年モデルに、またしても新たなスペシャルバージョン「R/Tスキャットパック1320」の登場だ。2018年話題になった「デーモン」は好評のうちに製造を終了したが、そのエッセンスを盛り込んだ、新たなドラッグレーサーがこれだ。

“Angry Bee”に気を付けろ!!

2019 Dodge Challenger R/T Scat Pack 1320

2019 Dodge Challenger R/T Scat Pack 1320

Scat Pack 1320

過給器無しの市販車としては最速のドラッグレーサーだ!!

「レッドアイ」以外にもうひとつ今回発表されたのは「デーモン」の後継車としてのドラッグレース向けニューマシンである「R/Tスキャットパック1320」だ。ネーミングの「1320」は1320フィートのことで、1/4マイル、すなわちドラッグレースのスタートからゴールまでの距離のこと。ここからも今回の1320がドラッグレースオリエンテッドなマシンであるということが分かる。

搭載エンジンは6.4リッター V8 HEMIで、485hp/475lb-ft(65.6kg-m)を発揮する。この数値を見ると、デーモンの840hp/770lb-ft(106.4kg-m)からは見劣りするものの、1320の1/4マイル公式タイムは11.7秒であり、過給器なしの市販車としては最速の性能を持つ。

2018年モデル限りの限定車だったデーモンはすでに予定の3300台をすべて製造終了しており、これから注文することは不可能である。いずれそれに近いまたはそれを凌駕するモデルがリリースされる可能性は高いものの、それがいつになるかは現時点では不明である。

しかし、デーモンを実現するにあたって開発されたドラッグレース向けの各種アイテムや仕様についてはパワーユニット以外にも多数ある。それらを市販車に盛り込んでドラッグレースマシンのベース車両として組み上げ、新車価格はデーモンの半値以下となる40ドル強に抑えたのが今回の1320なのである。1320には8速AT、ドラッグモード付き減衰力調整サスペンション、ラインロック、トランスブレーキ、ローンチアシスト&ローンチコントロール、275/40R20ネクセン・ドラッグスペックタイヤ、ブレンボ4ピストンキャリパーブレーキパッケージなどが標準装備される。また、シートは運転席のみ標準装備で助手性および後席はオプションとなるのはデーモンと同じだ。

また1320にはスーパービーに似たエンブレムが付いているが、これは「アングリー・ビー」と呼ばれ、エアキャッチャーヘッドランプやダッシュボード、キーフォブにもある。

Angry Bee,Dodge Challenger R/T Scat Pack 1320

 

デーモンと同様、運転席のみ標準装備で、助手席および後席はそれぞれオプションとなっている。

2019 Dodge Challenger R/T Scat Pack 1320

アメリカおよびカナダ国内のドラッグレース場は合計で200あまりもあるのだという。そうした彼の国の状況があってのドラッグレース用市販車両なのだ。ローカルな競技としてのドラッグレースは、ただ速く走れば勝つというものではないダイヤルイン方式などを取り入れたブラケットレーシングが主流になるなど、レースを楽しむための仕組みも整っている。

■Text & Photos|アメ車MAGAZINE

アメ車マガジン 2018年 10月号掲載


関連記事

  1. DSC_4365 驚異のポテンシャルを秘めた ハースト・チャレンジャー【キャンディ…
  2. 0S7A9376 実は絶滅危惧種のサードIROC-Z【1990 Chevy Cam…
  3. 252 限定モパー11をベースに刺激的な”足”を作り上げる ダッジチャー…
  4. DSC_6478 マッスルカーのアイコンでもあるシェイカーフードを取り付けた黒いダ…
  5. CA4R0183 クルマとしての本質を持つクラシック・アメリカン 1970y シボ…
  6. The 2017 Camaro ZL1 is poised to challenge the most advanced performance cars in the world in any measure  Ewith unprecedented levels of technology, refinement, track capability and straight-line acceleration. A cohesive suite of performance technologies tailors ZL1’s performance, featuring an updated Magnetic Ride suspension, Performance Traction Management, electronic limited-slip differential, Custom Launch Control and Driver Mode Selector. The ZL1 Convertible’s modular underbody bracing provides the same sharp, nimble handling as the coupe, while its fully automatic top can be raised or lowered with a single button while driving up to 30 mph, or lowered remotely with the keyfob. 最強のカマロがさらに最強になった!ヘルキャットも凌駕する!? 2…
  7. _N6I3704 豊富なストックの中から選ぶ喜び SUV買うならSPORT名古屋【…
  8. N6I4992 現行型マスタング専用、P51がステキすぎる!!【THX&CO】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP