SUV

新型ラングラーJLのUS仕様をスカイオートが導入!

0S7A3741_00001

ハマーH1のスペシャリストとして、あまりにも有名な「スカイオート」。ただし取り扱い車種はビンテージからSUV、ピックアップトラックまで、アメ車全般に及び、それぞれに深いノウハウを見せる。さらには新世代のメンテ機器をいち早く導入するなど、ユーザー・コンシャスな体制もバッチリなのだ。

0S7A3741_00001

US仕様の新型Jeepラングラー「JL」をゲットせよ!

ハマーH1のスペシャリストとしておなじみの「スカイオート」だが、その取り扱い車種はアメ車全般に及ぶ。とくに強いところをみせるのが、SUVやピックアップトラック。ハマーにも通じるものがあるだけに、そのノウハウを頼って訪れるユーザーも多い。

そんなスカイオートから、早くもJeepラングラーの最新モデル「JL」を導入した、とのニュースが届いた! JLはアメリカではすでに販売されているものの、日本には未導入。正規販売モデルはもちろん右ハンドルになってしまうだろうから、左ハンドルのUS仕様をゲットするというのは、いち早くJLに乗るってこと以上にアドバンテージがあるんじゃないだろうか?

ちなみに今回、スカイオートが導入したのは、2台の「サハラ・4ドア」。本国ではJLになって「アンリミテッド」の呼称はなくなったようだが、ユーティリティの高さは従来のJKと同様。ホイールベースが2.4インチ伸びたことにより、室内居住性がアップしているのがトピックス。センターパネルにビルトインされた大型モニターによるマルチインフォメーションディスプレイや、レザーを多用したギミックなど、先進性とラグジュアリー感も、大きく向上している。

さらに「スカイオート」では、このUS仕様サハラ・4ドアに、625万円という、かなりリーズナブルなプライスを設定! こりゃ、JLラングラーもう乗り換えるしかないでしょ!

Jeep WRANGLER JL

全体的なフォルムやサイズ感は、従来のJKを踏襲。ホイールベースはわずかに延びて、とくにリヤシートの居住性アップに貢献した。LEDはヘッドライトのほか、デイライトやテールライトにも採用。フェンダークリアランスも大きくなり、より大きなタイヤを履けるようになった。トップは脱着可能でオープン走行も可能。従来より車重は少し、軽量化されている。

0S7A3640_00001

0S7A3673_00001

 

上級グレードのサハラだけに、インテリア装備の充実度はバツグンだ。今回はUS仕様だけに、もちろん左ハンドル。インパネデザインはJKと比較するとかなり現代化された印象だ。センターパネルには大型7インチのマルチインフォメーションディスプレイをビルトイン、ダッシュボードはレザー張りでハイオーナーをも満足させる。シート地はクロス地がスタンダードとなるが、レザー張りもオプションでオーダー可能(実際、もう1台のサハラはレザーシートだった)。リヤシートは60対40の分割可倒式。8スピーカーオーディオも標準装備。

0S7A3698_00001

 

エンジンは従来、JKからのキャリーオーバーで3.6ℓV6を搭載。トランスミッションは6速MTがスタンダードだが、今回のモデルはオプションとなるATを採用。ちなみにそのATは従来5速仕様だったが、JLでは8速化されることになった。4WDシステムは従来と同じコマンドトラック・パートタイム4WD式。ちなみにオプションでは2.0ℓターボを選ぶこともできる。また“ルビコン”グレードにはスペシャルな駆動系が用意されている。

0S7A3679_00001

 

サスペンションは従来と同じ形式の、前後5リンク・コイル・リジッド式。ただしショックアブソーバーのレイアウトなど、基本設計は改善されている。ちなみに装着されるショックアブソーバーはグレードによって異なり、サハラにはガスショック式のヘビーデューティ仕様が採用されている。

0S7A3659_00001

 

ホイールは18インチが標準。タイヤは255/70R18というちょっと見慣れないサイズ。

0S7A3666_00001

Jeep WRANGLER JL 主要諸元表
グレード:サハラ 4-door
◆全長×全幅×全高(mm):4785×1875×1870 ◆ホイールベース(mm):3007
◆車両重量(kg):1970 ◆乗車定員(名):5 ◆エンジン種類:V型6気筒DOHC
◆総排気量(ℓ):3.6 ◆最高出力(hp):285 ◆最大トルク(kg-m):40.0kg-m
◆トランスミッション:8速AT ◆駆動方式:パートタイム4WD
◆燃費(mpg):17city/23hwy ◆使用燃料/タンク容量(ガロン):ガソリン/21.5
◆サスペンション 前:5リンク・コイル・リジッド
◆サスペンション 後:5リンク・コイル・リジッド
◆ブレーキ 前:ベンチレーテッド・ディスク ◆ブレーキ 後:ディスク
◆タイヤサイズ:255/70R18

HFO-1234a 対応の回収再生充填器を導入

0S7A3721_00001

進行する地球温暖化…それを抑制するため、カーエアコンの冷媒も新しいものに移行しているのをご存じだろうか?

EUではすでに2013年1月以降に販売される新型車に対し規制を強化、そこで新冷媒として登場したのが「HFO-1234a」なのだ。もちろんアメ車もこの新冷媒の採用が進んでいるし、日本車も2023年にはEU並みの規制が行なわれるはず。そんなわけで日本ではまだ対応できていない、このHFO-1234aに対応した回収再生充填器を「スカイオート」では、いち早く導入してしまったのだ!

アメ車、欧州車など最新モデルには必須のこのエアコン回収再生充填器。冷えに困ったら、スカイオートに相談を! ちなみに作業料金は1万5000円+冷媒ガスの量とのこと。

0S7A3727_00001

SKYAUTO[スカイオート]
住所:埼玉県越谷市南荻島708-1
Tel:048-976-1235 URL http://www.skyauto.co.jp/

PHOTO ■能勢博史 TEXT ■高坂義信

アメ車マガジン 2018年 10月号掲載


関連記事

  1. 0S7A8775 ジープが今とにかく熱い!【レガリアオートレファレンス】
  2. 21 キャンプでトコトン遊びつくす最強のファミリーカー!2005y ハ…
  3. DSC_7472 彼女の愛車はジープレネゲード、通常のラインナップにはないグレード…
  4. _N6I5767 魅力溢れる80~90年代のアメ車たち【C3 Corvette/C…
  5. _B0V6621 JeepのDNAを継承する現在のJeepの魅力をご堪能あれ! 【…
  6. _B0V49044 ニュースタイルローライダー シボレーカマロ /カスタムは実用性重…
  7. _N6I6791 今こそゲットしたいハマーH2。派手過ぎないのがスタイリッシュ。
  8. パフォーマンスチームSVTがF150をオフロードチューン FOR…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP