クーペ

マスタングの第6世代では、直列4気筒のエコブーストが設定された。

2018y FORD MUSTANG 6MT、フルハウス

Ford Mustang & Chevrolet Camaro
現在に至るまで鎬を削り合ってきたポニーカー

モダンマッスルカーではチャレンジャーの勢いが凄まじく、パワーウォーズでも一歩先を行っている。だが決してマスタングとカマロも黙って見ているわけではない。この車両も負けじと魅力的なモデルをラインナップし続けている。ポニーカーの礎となったマスタングと、それを追いかけて鎬を削り合ってきたカマロ。両車に注力する。

最新2018年型マスタングを
6MTで楽しむという贅沢と優越

技術の進歩はスバラシイ。ここで紹介する直4 2.3ℓエコブーストエンジンを搭載した2018年型マスタングは、6速マニュアルトランスミッション車ということもあり、実に楽しくドライブできる。しかも経済性に優れているのだから言うことなしだ。スタイリングも2018年型からさらに洗練され、マスタングヒストリーにおける「名車」となることは間違いないだろう。

2018 FORD MUSTANG 直4 2.3ℓ エコブースト 6MT、フルハウス

2018 FORD MUSTANG 直4 2.3ℓ エコブースト × 6MT

ハイパフォーマンスながら経済性に優れるエコブースト搭載

アメ車の枠を超えて幅広い層から人気のマスタング。ポニーカーという新たなジャンルを確立した象徴であり、アメリカを代表するスポーツモデルとしてもお馴染みの存在。

そんなマスタングの第6世代では、直列4気筒のエコブーストが設定された。日本人からすると、アメ車=V8というのが完全に定着しているだけに、ネガティブな印象を受けるかも知れないが、エコブーストは環境対策に向けて排気量をダウンサイジングしたターボエンジンながら、最高出力310hpを発生するハイパフォーマンスなユニットでもあるのだ。そのため、ホットロッドの世界では、旧車への換装エンジンとしてエコブーストを採用するケースも珍しくない。環境対策が万全なうえでハイパフォーマンスが味わえ、それでいて経済性にも優れているのだから、文句無しだ!

そのポテンシャルは、実際にドライブすることで、その高さを体感できる。V8搭載車よりも100kgほど軽量なだけに、6速マニュアルとの組み合せで軽快なドライブを味わうのがナイス! エンジンサウンドに関しては、V型特有のワイルドさは得られないものの、「アクティブ・ノイズ・コントロール」たるシステム(エンジン本来の音に人工的な音をミックス)によって低音の効いた重厚な音色を奏でる。これまで以上に世界中の市場を視野に入れて開発されたエコブーストの導入で、アメ車における新たなスタンダードが生まれるかもしれない。

2018y FORD MUSTANG 6MT、フルハウス

エクステリアをはじめインテリアにおいても、これまで以上にモダン&スポーティな印象が高まったこともあり、気分的にもその気にさせられる! 2.3ℓ直列4気筒ターボのエコブーストは、最高出力310hpとあって、期待以上に力強い走りを披露してくれた。ブーストのかかり具合を含めたエンジン・フィーリングに対して、車重、ギヤレシオ、タイヤ直径とのバランスが絶妙なので、どの領域からでもリッチなトルクが発揮される。V8にこだわらなければ、1台のスポーツモデルとしてコスパも含めて実に魅力的だ!

2018年 フォードマスタング、フルハウス

2018年 フォードマスタング、フルハウス

全長が4790㎜にダウンサイジングしながらも、よりロー&ワイドを強調したダイナミックなフォルムが印象的。クォーターガラス部のアレンジによって、ピラーレスのクーペ同様のルックスに。それに伴い、ルーフ、リアウィンドーからデッキにかけてのフォルムが滑らかになり、よりファストバックらしさが強調されているのがポイント。顔付きは戦闘的かつモダンなイメージが高まっている。

デザインコンセプトは引き継がれながらも、よりモダンでスタイリッシュなデザインとなる。全体的に角が取れ引き締ったことで、居住性が高まった印象。コンソールも引き締り、シフトする祭に腕が当らない素直なポジションになった。パワーステアリングの機能は、新採用された電気式。

 

搭載される2.3ℓ直4エコブーストターボエンジンは、310hpを発生するハイパフォーマンス・ユニット! 

搭載される2.3ℓ直4エコブーストターボエンジンは、310hpを発生するハイパフォーマンス・ユニット! 直4ならではの軽快なエンジンフィーリングを満喫するなら、マニュアルミッションが最適。シックスマスタングのV8搭載車よりも100kg軽い軽量な車重も貢献して、最も俊敏な走行を味わうことができる仕様だ。ちなみに、ATはGMとの共同開発による10速が設定されている。サスペンションは4輪独立懸架にアップグレードされたうえに、従来以上に制御を緻密に行なうマグネティックライド・システムによって、スポーツ性能と乗り心地の良さを両立する。

SHOP Info フルハウス
●所在地/埼玉県三郷市南蓮沼253-1
●TEL/048-949-3030
●https://www.fullhouse-mac.com/
日本車のネオクラシック、ヨーロッピアンスーパースポーツ、新旧アメ車まで、創業30年以上のキャリアで培ったノウハウによって、幅広いラインナップをストック。また、ストックにない車両においてもオーダーで対応する。今回フィーチャーするマスタングも自社でアメリカより直輸入した新車で、日本では珍しいエコブーストを搭載する6速マニュアル車なのだ。

フルハウス、埼玉県三郷市

Photo /能勢博史 Text/石橋秀樹

アメ車マガジン 2018年 11月号掲載


関連記事

  1. _N6I1767 2ドアクーペというスペシャリティカーの先駆けとなったリビエラ。
  2. 1969y CHEVROLET CAMARO&1970y CHEVROLET CAMARO 初代と第二世代初期モデルのカマロ。年式こそたった1年の違いではあ…
  3. DSC_3404_opt その名を歴史に刻んだBOSS302専用チューニングが施されて復活…
  4. 337T5934 60’s~70’sのアメリカ車に現代の技…
  5. 150507_0066 フィフティーズスタイルのクラシカルさに回帰 1964y フォード…
  6. _N6I1924 究極の自動車趣味としてアメリカでは定着している「ストリートロッド…
  7. _N6I2805 スタイリッシュに 「SUV」を乗りこなせ【グッドスピードインター…
  8. AL3O0020 突き抜けた存在感を放ち究極進化を遂げる! 2013y DODGE…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP