amZ

amZ 2018に集まったユーザーエントリーカーを一気見せ その③

_MG_4038

TOYOTA SIENNA
坊主塾塾長さん

レアなシエナは遊び用セカンドハウスに活躍!

USトヨタのミニバン、シエナは坊主塾塾長のセカンドハウス。サーフィンからスノーボードの基地としてフィールドで活躍するのだ。「車中からみる夜空や海、雪山は格別」というのもうなずける。車中ライフを充実させるグッズも満載だ。

CHEVROLET CORVETTE
sasaさん

ノーマルスタイルのすっきりドレスアップ

C5コルベットを乗るのはsasaさん。購入後6年が経つというが、すっきりとしたスタイルに仕上げている。とはいえ完全ノーマルという訳ではなくマフラーはチタン製4本出しに換装。アルミもCCWに変更してちょいカスタムを楽しんでいる。

DODGE CHARGER SRT8
Charger SRT8 kiyoさん

どこでも自分のクルマとわかる個性派スタイル

夫婦でアメ車に乗るkiyoさん。奥さんのクルマはサクソンのワンオフマフラーなどでカスタム。真っ赤なボディカラーとあいまって、スタイリッシュな仕上がりとなっている。フューエルリッドにはサンコンサインズさん直筆のラットフィンクが!

DODGE CHALLENGER SRT
okajiiさん

HPPチューンのハイパワーチャレンジャー!

okajiiさんの愛車は15モデルのチャレンジャーSRT。お気に入りポイントはサクソンレーシング製ワンオフマフラー。アピールポイントに「HPP」。ということはECUなどのリセッティング済み? のハイパーマシンなのかも!

GMC JIMMY
SIGEさん

大人カスタムのシックな75JIMMY

スクエアなボディデザインと丸目が可愛いジミーに乗るのはSIGEさん。前のクルマが派手だったのでと、今回はラリーホイールやキャップをブラックにペイント。BFGとマッチさせつつ4インチアップで大人なスタイリングに仕上げている。

DODGE RAM
MiN.bさん

’17のもてぎSASでアメマガ賞をゲット!

2017もてぎスーパーアメリカンサンデーでアメマガ賞を獲ったのがこのラムトラック。存在感のあるスタイリングを加速させるのは自作のフロント&リアのアンダースポイラー。社外品を加工して取り付けたという、さすがの仕上がりだ。

SUZUKI JIMNY
名無しさん

シックにまとめたリフトアップジムニー!

フルモデルチェンジを受けたジムニーの前型のJB23をカスタム。リフトアップに加えてフロントはバンパーやグリルを交換。リアもスムージングしてすっきりとしたシックなスタイリングとなっている。次はホイールを交換するといいですよ!

JEEP WRANGLER
水間崇さん

20年ぶりのクルマはデカい×MT×左ハン!

20年ぶりにクルマを所有したという水間さん。久しぶりだから、デカくて、マニュアルで、左ハンドルをチョイス。愛犬と一緒にドライブに出かけるそう。そんな愛車のTJは6インチアップで迫力満点。ハーフメタルドアがお気に入りポイントだ。

FORD F150
変態アングルさん

カメラマンの愛車は無骨さがカッコいいF150

荒木ノアちゃん専属カメラマンの変態アングルさん。その愛車はF150のFLARESIDE。車幅に合わせて6インチアップでワイド&ハイトにカスタムしている。マフラーはスーパートラップを装着することで独特のスタイリングにしている。

DODGE RAMVAN
8282STYLE 専務さん

アメ車乗りの女性をもっと増やしたいです!

埼玉の8282スタイルの美人専務の愛車がこのラムバン。レーシングストライプやエアインテークとパーツはスポーティーだがボディカラーでキュートにまとめる上級カスタムだ。両サイドには片側4本出しとなるワンオフマフラーも装着している。

TOYOTA TUNDRA
タンドラ女子さん

ピックアップを運転したい夢を実現しました!

ずーと乗りたかったピックアップを自分で運転する夢を叶えたタンドラ女子さん。オーバーフェンダーを装着したワイドスタイルと、トーイングミラーを装着したアメリカンスタイルだ。次回はリフトアップして参加しますとのこと。楽しみです!

DODGE RAMVAN
デッドプールさん

来る途中にウインカーが家出しちゃったぜ泣

存在感があるのにおもちゃっぽい雰囲気もある98ラムバンショーティーはデッドプールさんの愛車。ボンネットはカーボン製に交換し、マフラーはサイド出しへとカスタム。右フロントのウインカーは関越走行中にどこかに家出しちゃったそうです。

HUMMER H2
ひいさん

他のH2とかぶらないカスタムにこだわってます

2年ぶりにamZエントリーしたひいさん。他のハマーとかぶらないようにカスタムしているという。今回はフロントにタワーを装着してアッパーをWショック化。サイド管もW出しにするなどオリジナルスタイルに。次回はエアブラシに挑戦するそうだ。

HUMMER H2
ヒデさん

誰もが立ち止まって見ていく超カスタムH2

写真を見てお分かりのように、これ以上に手を加えるところがないところまで造り込まれたH2。ペイントも派手なだけでない精緻を極めたもので、ドアを開ければガルウイング、インテリアもすべて張り替え+オーディオのフルカスタム!

HUMMER H2
かずはるさん

2018年のGWにH2からH2に乗り換えました!

5年乗ったH2を手放したかずはるさん。次のクルマももちろんH2!一見ノーマルルックだがガルウイングにするなどカスタムもしっかり行なっている。純正アルミはDIYで塗装済みだが20インチにするかタイヤサイズを変えるかで迷い中だ。

CHEVROLET CAMARO
SOICHIさん

派手×ワイルドなスタイリングを目指します!

納車して10ヶ月というSOICHIさん。レクサーニのアルミとリップスポイラーがお気に入りポイントだが、赤の挿し色コーデもGOODスタイル。今後は本場アメリカで走っているようなクルマ原型の良さをキープしつつカスタムするそうだ。

CHEVROLET CAMARO
☆A.J.C.C.☆さん

まだまだカスタム予定がつまった’17カマロ

カスタムを進めている途中という’17カマロ。カーボンボンネットで軽量化をしつつ、ランボテールでドレスアップも完了。今後のカスタムに期待というが先月5thZL1カマロを増車したとの情報も。どっちもバッチリ決めてくださいね!

CHEVROLET CAMARO SS
山ちゃんさん

元デモカーをベースに自分スタイルにカスタム

バズスタイルのデモカーをベースにカスタムを進めている山ちゃん。もともと装着されていたエアロを活かしつつ、アメリカから取り寄せたフロント×サイドのエアロでスポーツ感を増幅。リアにはGTウイングも装着して本気仕様だ。

CHRYSLER 300C
はまやんさん

HEMIの力を味わうトータルチューニング

ブラック基調のカスタムを施すはまやんさん。HEMIのパワーを引き出すためにエアクリやマフラーの換装やスプリッターを装着。車高調もかっ飛ばせるギリギリの高さにセットしたそう。次回は奥様のクルマも一緒に参加してくださいね!

HUMMER H2
じょ~じさん

紫ラメのH2をパーツ使いですっきり見せる

お子さんから「ムラサキが好き!」と言われて嬉しかったじょ~じさん。紫ラメのH2と言えば派手っぽく思えるが、大き目のクロームパーツを上手く使ってすっきりと見せる技ありカスタム。今後はブラックアウト化の予定。

HUMMER H2
VNSさん

1年前に念願のH2デビューをしました!

6年乗った300CからH2へと乗り換えたVNSさん。さっそくアルミを交換するなどカスタムも着々と進行中のよう。ちなみに前車で使っていたエアサス、ブレーキ、アルミがまだ売れ残っているそうだ。300Cオーナーの方、いかがですか?

FORD MUSTANG
KO-HEYさん

別れは出会いの始まり!アメリカではV8を!

2019年からアメリカ赴任のKO-HEYさん。ブラックとマットグレーの2トン仕様でスタイリッシュにカスタムしたマスタングのシーケンシャルテールは、納車当日に神奈川から神戸まで行って装着したこだわりのパーツ。マフラーもワンオフだ。

TOYOTA CROWN PICK UP
大野守司さん

GM製V8エンジン搭載はまさに羊の皮を被った狼

クラウン純正スチールを加工して、フロント4J、リア10Jで履きこなす1961年式のクラウンピックアップ!リアバンパーにインストールしたマフラーエンドからはトヨタらしからぬパワフルなエギゾーストノイズ!見た目とのギャップがヤバ過ぎる一台!

TOYOTA SIENNA
伴 康治さん

子供たちも揃ってアメ車オーナーのファミリー

センターコンソールからラゲッジスペースまで手の込んだオーディオカスタムを施す伴さんのシエナ。実は長男&次男もアメ車オーナーで、先日免許を取得したばかりの娘さんも近々アメ車に乗る予定だとか。ファミリーでアメ車乗りとは興味深い!

CHEVROLET CAMARO
かっちゃんさん

俺のカマロは関東一速いと自負する!!

ガンメタのエクステリアに赤いインテリアとレーシーな雰囲気を漂わせる69yカマロ。「俺のカマロは関東一速い(笑)」と自負するとおり、速そうなモディファイが満載。もっと旧車記事を本誌で取り上げて欲しいと! 頑張ります(笑)。

CHEVROLET CAMARO
笠原正博さん

どこでも自走で駆け付け、とにかく走ることが大好き

サーキットを走るのが大好きで、走行会のイベントには積極的に参加していると話す笠原さん。6年前から所有しており1969年型ながら古さを感じさせない快適な走りを追求しており、ロングドライブによるイベント遠征もまったく苦にならない。

CHEVOROLET C-10
ゆうきさん

父に影響された息子もビンテージアメリカンに夢中

カマロオーナーのかっちゃんさんが実の父で、父親の影響を大きく受けて24歳の若さにしてビンテージアメリカンの世界に飛び込んだ若きオーナー。絶妙なカラーリングと、ほど良いヤレ加減が好印象な63yC-10。水戸で父親とアメ車ライフを堪能。

CHEVROLET ASTRO
タカヤマGさん

奥さんがずっと乗りたがっていた旧マスクアストロ

奥さんがずっと欲しがっていた念願の旧マスク、しかもショートボディを2カ月前に見つけてコツコツと仕上げている最中とのこと。セカンドカーはコンパクトカーってオーナーさんが多い中、奥さんもアメ車に乗る夫婦! ナイスです♪

CHEVROLET ASTRO
あんださん

ノーマルのフワフワした乗り心地は痔にも優しい

「新潟キャラバンの時は青のアストロで参加して、今回は白で来ました!」と言うあんださん。先日痔を患って辛かったけど、ドノーマルのお尻に優しいフワフワした乗り心地のお蔭で、石川県からのロングドライブも快適だっととか(笑)。

DODGE CHALLENGER R/T
塩田 毅さん

シェイカーの虜となって現車確認なしで即決!

以前は2014yマスタングに乗っていたが、ボンネットフードから突き出たシェイカーを見て一目惚れ。携帯で探していたら好みの色、仕様だったので現車確認をしないままに即決。カープレイモデルだと思って買ったけどそうじゃなかったのが心残り。

PHOTO★古閑章郎・加藤山往・Tomo’s PHOTO・石井秋良・編集部
TEXT★高坂義信・加藤山往・石上智章・石井秋良・編集部

アメ車マガジン 2019年 2月号掲載


関連記事

  1. _N6I1178 アメマガミーティングプチ in としまえん 2018年もとしまえ…
  2. IMG_2278 amZ 2018に集まったユーザーエントリーカーを一気見せ その…
  3. IMG_3573 2016年初となるアメマガミーティング 大磯ロングビーチ駐車場で…
  4. AM3I1006_opt 日本最大級の屋外クルマイベント『CUSTOM JAPAN』に今年…
  5. アメマガミーティング in 北海道 2018 THE LAST STAGE 参加台数120台超え、アメマガミーティング北海道に集まったアメ車…
  6. 初開催のamZ 2016に集まったユーザーエントリーカーを一気見…
  7. 194A1246 amZ 2018に集まったユーザーエントリーカーを一気見せ その…
  8. _MG_4005 出展ブースがズラリと並んでamZの会場を埋め尽くした。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP