ホイール

鍛造ホイールに迫る高品質を実現 フローフォーミングホイール!

ROMANO RFR02 Flow Forming、ロマノ・RFR02 フローフォーミング

ダッジチャレンジャー、ROMANO RFR02

ROMANO RFR02 Flow Forming

THE BOTTOMS アメリカンホイール最前線

鍛造ホイールに迫る高品質を実現 フローフォーミングホイール!

広島のデュークスインターナショナルから待望のセミオーダーメイドホイール「ROMANO RFR02 Flow Forming」がリリースされた。従来の鋳造ホイールよりも強靭、それでいて軽量化された次世代ホイールのニュースタンダード。その造形美と魅力を一挙公開!

 

スポーク中央から大胆なコンケーブが肝!

チャレンジャーを中心に昨今のマッスルカーシーンにおいては、年々ハイパフォーマンス化が進んでおり、それに比例してブレーキシステムの大径化も必須となってきた。しかしビッグブレーキシステムを取り入れようとしてホイールの干渉がネックとなって諦めてしまうことも多いのが現状で、これらを事前に対策しているか否かがホイール選びの新基準となりつつある。

そんなトレンド事情を熟知し、予め装着されるであろうブレーキシステムのクリアランスを大きく確保しつつも、デザインに妥協を辞さない大胆なコンケーブで魅了させるホイールが「ロマノ・RFR02 フローフォーミング」だ。

現車に装着されているのはリリース前のサンプル品となるため鋳造ではあるが、このホイールの魅力は何といってもフローフォーミング製法にある。大きな特徴は従来の鋳造ホイールよりも30%以上の強度アップと軽量化を実現させており、もはや鍛造と比較しても全く引けを取らないレベルのクォリティーを誇る点である。ちなみに装着車両はマットブラックとなるが、注文時にマシニング、ペイントを行なうセミオーダー方式となるため、愛車の雰囲気や目指す方向性に合わせてマストなオンリーワンホイールをオーダーすることが可能となった。

リムエンドまで伸びる立体的なスポークラインが、中心からセンターに向かって急激に落ち込むコンケーブは機能美に満ち溢れており、それを好みの色でアレンジできてしまうなんて、まさに願ったり叶ったり。

ROMANO RFR02 Flow Forming、ロマノ・RFR02 フローフォーミング

ROMANO RFR02 Flow Forming、ロマノ・RFR02 フローフォーミング、ダッジチャレンジャー

リムエンドまで大きく張り出したスポークデザイン。その恩恵を受けてビッグキャリバーが問題なくインストールできる事も特筆物。現車はフロントとリアで太さの異なる履きこなしとなるが、リムが深ければ深いほどこのコンケーブデザインが強調されるのも魅力。

ROMANO RFR02 Flow Forming、ロマノ・RFR02 フローフォーミング

ROMANO RFR02 Flow Forming

カラー/Matte Black
□ サイズ:F22×9J+20 □ 価格:72,800(税別)
□ サイズ:R22×10.5J+20 □ 価格:77,800(税別)

ROMANO RFR02 Flow Forming、ロマノ・RFR02 フローフォーミング、ダッジチャレンジャー

Thanks:TRUSTY CORPORATION
URL:http://trusty-corp.com/

DUKES INTERNATIONAL[デュークスインターナショナル]
TEL:082-855-4501
URL:http://www.romanowheels.jp

■PHOTO&TEXT :石井秋良

アメ車マガジン 2019年 3月号掲載


関連記事

  1. XD135 GRENADE OFF-ROAD マットブラックやクロームも良いけれど、カラード&ブラックリムの時…
  2. グリッドオフロードホイール 北米発の「グリッドオフロード」がJKラングラーをメイクし、ストリ…
  3. DSC_5915 DIYで仕上げたハイリフトのハマーH2に14.0Jの刺激的なボト…
  4. _DSC051222 本物だからなせる輝き世界初の24金メッキホイール クライスラー3…
  5. 01 オートギャラリー東京が手掛けたカマロSSはショーカー。圧倒的な存…
  6. IMG_1176___ 今なお新デザイ ンを発表し続けるジオバンナを改めて検証しよう。【…
  7. SEMI GLOSS BLACK シンプルなスポークラインが美しい、コンケイブデザインホイール【G…
  8. IMG_1057__opt Giovanna Wheels 総輸入元のT2DFに聞く【T2D…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP