クーペ

ひと目惚れしたエレノアは、走ることが楽しいと思えた初めてのクルマ

2014y Ford Mustang 5.0GT ELEANOR Ver、2014y フォードマスタング 5.0GT エレノア Ver

2014y Ford Mustang 5.0GT ELEANOR Ver、2014y フォードマスタング 5.0GT エレノア Ver

2014y Ford Mustang 5.0GT ELEANOR Ver

MODERN MUSCLECARS
TO THE LIMIT!!
過激さへの挑戦に終わりはない

真っ赤なボディにマットブラックのボンネットが加わることで、エレノアボディがより一層刺激的に引き立つ姿を見せる、西川さんの14年型マスタング。様々なクルマを所有してきた西川さんだが、このエレノアが「走ることが楽しい」と思えた初めてのクルマだ。

 

マスタングを推したのは、実は奥様だった!?

撮影当時に14年型マスタングエレノアが納車となった、オーナーの西川さん。それまではレクサスLSを所有していたのだが「静かで快適に走るけど、何か物足りなかった」と、優秀過ぎるのが逆に不満だったそうだ。そこで奥様に相談すると、西川さんも想像していなかった「マスタングがいい」と回答。実は奥様は海外出身で、マスタングは高級スポーツカーとして憧れのモデルで、いつかは乗ってみたかったそうだ。

奥様の意向もありネットでマスタングを探していくと、目が釘付けになる驚きのモデルを発見。それが、カーボックスで販売していたレッドボディのエレノアだ。「とにかく一番カッコよかった。とくにマットブラックのボンネットがこのボディに合っていて、もし赤のままならスルーでした」と西川さん。急ぎショップへ足を運ぶのだが、初めてのアメ車であり、様々な点で意見や不安もあってそれをショップへぶつけたが、それらすべてに丁寧な対応を取ってくれたことで購入を決断。「これまで様々なクルマに乗ってきましたけど、走るのが楽しいと思えたのは初めてです」といえるほど、少しヤンチャなエレノアには大満足している様子。

2014y Ford Mustang 5.0GT ELEANOR Ver、2014y フォードマスタング 5.0GT エレノア Ver

これから多くのエレノアを見て、自分仕様のスタイルに変わっていくことになるハズ。さっそく撮影後には新たなパーツも注文していたので、今後も楽しみだ。

2014y Ford Mustang 5.0GT ELEANOR Ver、2014y フォードマスタング 5.0GT エレノア Ver

「ボディ全体が赤だったら、たとえエレノアでもスルーしたかもしれない」と言うように、西川さんにとって一番ポイントとなったのがマットブラックのボンネット。細かいカラーリングにもこだわりを持つカーボックスならではの部分だ。

 

ホイールはHRE・FF01のマットブラック20インチ、タイヤはNITTO・NT555G2

CERVINIS製エレノアキット、サイド出しマフラー、アイバッハダウンサス、ホイールはHRE・FF01のマットブラック20インチ、タイヤはNITTO・NT555G2、RTRリアバンパースクープを装着する。会社の社用車を担当するカーショップとも付き合いがあり、これらパーツを装着して、この仕上がりでの車両価格を伝えると安くて驚かれたとか。

オーナー/西川さん

2014y Ford Mustang 5.0GT ELEANOR Ver、2014y フォードマスタング 5.0GT エレノア Ver

以前まではレクサスLSを所有し、初めてのアメ車としてエレノアマスタングに買い替え。撮影当時が納車日で、奥様と一緒に記念すべくスリーショットとなった。

Produce:CARBOX
TEL:082-815-8448
URL:http://www.bs-carbox.jp

■Photo:高原義卓 ■Text:相馬一丈


関連記事

  1. 1978年フォード・マスタング キングコブラ、1978y FORD MUSTNG KING COBRA 存在自体が希少なモデルのマスタングⅡ。さらに希少なのが、唯一とな…
  2. DSC_9882 セミファストバック形状のフォルムへと進化した2代目モデル 197…
  3. 3M7A0439-1 ダッジのフルサイズクーペであるポラーラ。もはやその存在自体が希有…
  4. DSC_1493_opt フォードのセダンピックアップ「ランチェロ」という選択 フォードラ…
  5. DODGE CHALLENGER SXT PLUS、ダッジチャレンジャー SXT PLUS ワイルドスピードの世界観にハマり、憧れのチャレンジャーを購入!
  6. The 2017 Camaro ZL1 is poised to challenge the most advanced performance cars in the world in any measure  Ewith unprecedented levels of technology, refinement, track capability and straight-line acceleration. A cohesive suite of performance technologies tailors ZL1’s performance, featuring an updated Magnetic Ride suspension, Performance Traction Management, electronic limited-slip differential, Custom Launch Control and Driver Mode Selector. The ZL1 Convertible’s modular underbody bracing provides the same sharp, nimble handling as the coupe, while its fully automatic top can be raised or lowered with a single button while driving up to 30 mph, or lowered remotely with the keyfob. 最強のカマロがさらに最強になった!ヘルキャットも凌駕する!? 2…
  7. 1969y FORD MUSTANG、1969y フォードマスタング 本物の輝き。1969y FORD MUSTANG【マッドネスモー…
  8. _N6I2452 キチンと調教されたように見えつつ、アクセルという鞭で野性が目覚め…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP