オープン

アメリカンの匠が提案する2つの幸せな選択肢 1969年型 シボレーカマロ【AZZURRE MOTORING】

01_AZR_MainA2_opt

オリジナルブランドを展開し、エスカレードなど高級SUVカスタムを提案するAZRことアズールモータリング。しかし同店の魅力は、こうしたヴィンテージカーの扱いにもある。

官能のビンテージアメリカン Vintage Ecstasy

01_AZR_MainA2_opt

絶品コンディションのベビーカマロ×2
愛知県に本社ショールームがあり、東京麻布にもショップを展開するアズールモータリングこと「AZR」。アメ車ではエスカレードなどハイクラスなモデルを多く扱っている印象の強い同店だが、こうしたヴィンテージカーの扱いも、長年続けている。
取材時点で目を引いたのは、同じ1969年型のカマロ2台。(当時のアメリカの感覚では)小さなボディだったことから「ベビーカマロ」の通称で知られる、初代カマロである。なお、初代は1967~1969年の生産。つまり最終型だ。
オレンジは当時のオリジナルパーツを豊富に残した貴重な1台であり、もう1台のブルーは、信頼できる社外パーツを豊富に取り揃えたコンバーチブルだ。屋内で保管されており外装のコンディションは極めて高く、仕入れの段階で良いものを選び、それを大切に扱っているということが見るだけで感じられる。
カスタムという手を加えてあるだけに、コンバーチブルはカリカリに仕上がっている印象で、購入すればすぐに普段使いもできるだろう。とは言え、オレンジだってコンディションは上々。「ヴィンテージはやはりオリジナル」と考える趣味人ならば、こちらの方が魅力的に見えるのだろう。
カスタムというオリジナルの提案で世界的に知られるAZR。ベビーカマロにおいても、オリジナルRSかカスタムコンバーチブルかという、悩ましい提案をしてくれるのだから素晴らしい。

1969 Chevrolet Camaro RS

396ビッグブロックエンジンを搭載し、アルミラジエーターを装着する。オリジナルパーツが残っている貴重な1台であり、AZRでもショールーム内で大切に保管されている。鮮やかなオレンジの外装色は色あせもなく、美しい状態を維持。純正の15インチラリーホイールも渋い。
車両価格:ASK

1969 Chevrolet Camaro Convertible

ZZ4の350エンジンを搭載、エキゾーストマニホールド、サンダーソンのストリートロッドヘダース、TREMEC5速MT、ホッチキスサポートフレーム、クラシックオートエアーのエアコンなど、カスタムパーツが多数インストール。なお、幌はホワイトで爽やかな印象。
車両価格:ASK

Special Thanks◆AZZURRE MOTORING
URL : http://azzurre-motoring.com tel:0562-95-0678

Photo&Report◆TAKAYOSHI KATO

アメ車マガジン 2018年1月号掲載


関連記事

  1. 全景3 GMマッスルカー&コルベットが充実している驚異のレアモデルコレク…
  2. チャレンジャーSRTデーモン、WORKマイスターM1R 世界を狙うラグジとWORKのチャレンジャーSRTデーモンカスタム…
  3. DSC_5662 アストロに対する愛は人一倍 もはや趣味の域を超えている 1990…
  4. _N6I3769 様々なアメ車を乗り継ぎ、シェビーバンでラットスタイルに到達!
  5. DSC_3404_opt その名を歴史に刻んだBOSS302専用チューニングが施されて復活…
  6. _DSC7910 特注エアサスを組み込み 広島カープの本拠地で完全着地【ジェットシ…
  7. DSC_1843 現在はランエボとマスタングを2台所有する筋金入りのクルマ道楽。
  8. _MG_1174 - コピー 50年前のクルマを、現代的に楽しく乗れる仕様に 1965y マス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP