クーペ

CHALLENGER NEW PARTS.1 チャレンジャー用新商品!! 2015y DODGE CHALLENGER SRT HELLCAT【LUXZ】

AL3O06951

チャレンジャーがアメ車業界を侵略開始
CHALLENGER襲撃

AL3O06951

マッスルカーの本流であるチャレンジャーの人気が爆発中!カスタムバリエーションも増え続け、様々なスタイルが生み出されている。

アメリカで賞賛の嵐を生んだキングオブチャレンジャー

チャレンジャー専門店ラグジが展開するカスタムブランド「エッジカスタムズ」が、SEMA SHOW2015でデビューを果たし、ライバルがひしめき合う中でメイドインジャパンのカスタムが賞賛を受けた。キングオブチャレンジャーがついに登場!

AL3O0358
AL3O0547

EDGE CUSTOMS CHALLENGER R-LINE PARTS LIST
オーバーフェンダー(F/R) 245,000円
フロントグリル 50,000円
カナード(F/R) 100,000円
サイドスカート 70,000円
トランクスポイラー 60,000円
フロントリップスポイラー 75,000円
R-LINEフルコンプリート 500,000円
エアロパーツセット 325,000円
(フェンダー以外のボディキット

AL3O0377

いち早くチャレンジャーの可能性を感じ、チャレンジャー専用のオリジナルカスタムブランドCOC(チャレンジャー・オブ・カスタム)を立ち上げ、車種を発展させるカタチでEDGECUSTOMSとしてブランドを一新。現在は現行マスタングのパーツを開発中で、さらなる注目を集めている。

AL3O0539

純正では2→4本のマフラーパイプラインだが、1→4本へ変更。中間をステンレス、出口はチタン仕上げ。取り回しや溶接など細かい部分にも強いこだわりを入れている。

AL3O0719

700馬力を誇るヘルキャットエンジンをAFEインテークでさらに強化。さらにタワーバーを加えボディ剛性をしっかりと補強し、ヘルキャットのポテンシャルを最大限発揮。

〝挑戦〟スピリットがブームを先導する

AL3O06851

チャレンジャーカスタムといえば、日本のアメ車業界では「ラグジ」の名前が筆頭にあがる。だが、ブームを自ら起こし先導するにはリスクも伴う。そのリスクを承知でやるか、やらないかだけ。その「挑戦」スピリットは昨年、ついに世界に飛び立った。世界一のアフターパーツの祭典SEMA SHOW 2015で、オリジナルカスタムブランド「EDGECUSTOMS」のチャレンジャーをデビューさせた。その反響は大きく、すぐさま現地のビルダー達から受注を獲得。「エッジカスタムズは世界で通用する」ことが証明されたのである。

そしてついに、アメリカで賞賛されたスタイルが故郷・日本へ凱旋帰国。それらを全身にまとった日本第一号のモデルが、この15年型ヘルキャットだ。

AL3O0596

装着するパーツは、チャレンジャーが持つパフォーマンスを最大限に引き出し、レーシーなスタイルをテーマにするエッジカスタムズ・Rライン。その特徴は、何と言っても各所に肉付けされたボディライン。このモデルにはヘルキャット純正スポイラーが装着されているが、それにも違和感なく配置される前後カナード、サイドスカート、トランクスポイラー、そして、大胆に張り出されたオーバーフェンダーは、カナードと合わせることでその威力は倍増。フェイスにさらなるインパクトを与えるフロントグリルも、Rラインを語る上で欠かせないパーツだ。ウインドスクープはプロトタイプだが、今後製品化する予定。ホイールはフォージアート・FーAFFILATOの20インチで、エアサスはエアレックスを搭載。見逃せないのがマフラーで、中間をスンレス1本、エンドをチタンの4本出しにし、素材・取り回し・溶接にまでこだわりを持つ。

ラグジの挑戦は、まだ始まったばかり。チャレンジャーファンならば、その熱いスピリットを応戦せずにはいられない。

世界で通用するデザインが日本で買えるEDGE CUSTOMS
CHALLENGER's ATTACK

AL3O0301

Rラインのパーツリストには記載していないが、今後ラインナップに加わるウインドスクープ。表面のリベット加工とエッジカスタムズのロゴがアクセント。

AL3O0620
AL3O0485

Rラインの代表的なパーツフェンダーパネル。リアタイヤの335サイズも余裕で収納。ただし、このサイズはボディ加工が必要となる(通常サイズは加工不要)。

フェンダーパネルによって、ありえない肉厚サイズもセットすることが可能。その迫力は圧巻だ。ホイールはフォージアート・F-AFFILATOの20インチ。エアサスはエアレックスを搭載する。

AL3O0380

純正ヘルキャットでも設定されていないサイドスカート。これを装着することにより、チューンしている印象が増すことになる。もちろんダウンフォースの効果も向上。

AL3O0254

撮影車両のスポイラーはヘルキャット純正。そこにAPRのリップを追加装備。Rライン・スポイラーもラインナップしているので、そちらもチェックしたい。

AL3O0337

フェイス中央に配置されるフロントグリルは、ワンポイントのパーツでありながら大きなインパクトを導く。まずはこのグリル装着だけを行なうのもありだろう。

AL3O0263

カスタムテーマであるレーシーなスタイルには欠かせない前後カナード。張り出し幅はRライン・フェンダーと同じ出幅になっているので、組み合わせがベストだ。

AL3O0456

ボディラインの印象を大きく変えるトランクスポイラー。アウト側が迫り上がるデザインが特徴的。他のパーツ同様に、ブラックカラーの面を作ることでパーツの存在感が際立つ。

■取材協力:LUXZ (http://luxz.jp)
■Text :相馬一丈 Photo:古閑章朗


関連記事

  1. _MG_1174 - コピー 50年前のクルマを、現代的に楽しく乗れる仕様に 1965y マス…
  2. Chevrolet Camaro (11) 日本仕様が遂に発売開始!!CHEVROLET CAMARO
  3. _8MP0108 最新型カマロを入手するすこぶるスマートな方法【ラインハート】
  4. 2018 Dodge Challenger SRT Hellcat Widebody 今、日本のアメ車で一番勢いのある マッスルカー人気の牽引車なのだ…
  5. _MG_1470-1 本物の輝き。1969y FORD MUSTANG【マッドネスモー…
  6. N6I4992 現行型マスタング専用、P51がステキすぎる!!【THX&CO】
  7. _DSC1721 優美なルックスを持つマッスルカーのパイオニア 1967y ポンテ…
  8. 18 吟味した厳選パーツを加え、走る楽しさを犠牲にしないスタイルへ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP