オープン

パーツだけでなく色も重要なカスタムアイテム シボレーカマロ 【アズールモータリング】

09

各部にナチュラルメイクを施しカスタムを感じさせないスタイル

カスタマイズというと、つい色々なパーツを装着し、結果的に落ち着きのない仕様になりがち。それに対し、AZRのカマロは少ないアイテム数と他グレードのパーツを移植することで、個性を引き出したお手本と言える仕様だ。

01

パーツだけでなく色も重要なカスタムアイテム

さりげなくローダウンを施し、足元は22インチを装着。一見するとそれだけしか手が加えられていないように見えてしまい、AZRのデモカーにしてはシンプルすぎるのでは? と思ってしまう。もちろんそれだけで終わるはずも無く、寧ろそう見える大人向けのカスタマイズとして提案するのが、このカマロ・コンバーチブルだ。
ベースとなったのは15年型のRSパッケージ装着車。これにSSグレードに標準装備されるヘッドアップディスプレーやコンソール部分の4連メーターを移植。同一車種の他グレードのパーツを組み込む訳だから純正同様に見えても仕方が無い。ちなみにRSパッケージなのでレザーステアリング&シートヒーター機能付きのレザーシートを装備。豪華な装備を誇りつつも、走りを意識した良いとこ取りのような仕様とも言えよう。
エクステリアで真っ先に目に飛び込むのは、やはり22インチのレクサーニ。オールブラックの中に切削クロームの輝きが一際映える。しかもフェンダーとタイヤのクリアランスをベストとするためにローダウンも実施。更にはバンパーやグリルの無塗装部分をボディ同色にマッチペイントするなど、カマロオーナー以外には分からない様な部分にまで手を加えている。
ちなみにこちらのカマロ、目下498万円で売り出し中とのこと。派手すぎるクルマは敬遠したいけど、ストックモデルに乗る気は更々ない。そんなコダワリ派な人に、超オススメです!

 

 

02
03
純正のHIDやLEDリングも装着。バンパーやグリルは本来樹脂のままで無塗装となっているが、ボディ同色にマッチペイントを実施。違いの分かる人向けのカスタムだ。

04
ベースはRSパッケージで、そこにSSの4連メーターやヘッドアップディスプレーを組み込む。自然な装着感…というよりも純正そのものにしか見えない仕上がり。

05
RSパッケージなのでレザーシートを採用。シートヒーターも内蔵されているので、これからの季節でも、寒い思いをせずにコンバーチブルトップを開けてドライブが楽しめる。

06
リアバンパーもフロントと同様に、マッチペイント。RSパッケージなので、マフラーチップも標準で装備済み。なお、マーカー類はブラックアウトを施す。

07
ショックはノーマルのままで、スプリングのみの交換でローダウン。大径ホイールを装着しても、クリアランスが大きいままでは少々みっともない。

08

ホイールはレクサーニのCSS-15。タイヤはフロントが235/30R22で、リアが265/30R22となる。キャリパーをレッドにペイントする事で、華やかさも引き立てる。

 

09

所在地:愛知県豊明市沓掛町小廻間16-422
TEL:0562-95-0678
FAX:0562-95-0679
E-Mail :info@azzurre-motoring.com
営業時間 : 10:00~20:00
定休日: 月曜日
http://azzurre-motoring.com

■撮影&原稿:浅井岳男


関連記事

  1. _B0V9436 風合い豊かな味が醸し出すテイストはまさにヴィンテージデニムのごと…
  2. DSC_1626 愛車はサバーバンと同じ顔を持つC-1500。当てては直しを繰り返…
  3. IMG_2175 ケータリングカーとして活躍するシボレーP10ステップバン。キュー…
  4. 2 ビンテージカーをアズールスタイルで乗りこなせ!シェベル・リビエラ…
  5. 坂井香、2018y CHEVROLET CAMARO SS、2018年 シボレーカマロSS アメ車女子がブームになる今、現役モデルとして活躍する坂井香ちゃん…
  6. 2017年 シボレーカマロLT1、2017y CHEVROLET CAMARO LT1 カスタム次第でこれほど見違える 現行カマロ×プロスピード
  7. _N6I2152 コルベットがスーパースポーツへと歩む転換期となったのは、このC2…
  8. _N6I65760 ワッツのC10は、見た目以上に現代的に仕上げられているのが特徴。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP