オープン

C1コルベットをカジュアルに乗るという贅沢

1961y CHEVROLET CORVETTE、C1

1961y CHEVROLET CORVETTE

1961y CHEVROLET CORVETTE、C1

EXCITING60’s

アメリカン・スポーツカーの最高峰「コルベット」は、ヒストリカルなモデルさえ、ここ日本では(イベントなどで)よく見かける存在ではあるが、しかし初期モデルであるC1、C2となると、かなりレア…。そんなただでさえ珍しいC1をグッドコンディションで維持してくれているのが、川崎のアメ車ショップ「キャロル」だ!

飾るだけじゃない、走りを楽しめるC1ここに見参 !

コルベットの初期モデル、とくに初代の「C1」となると、日本ではなかなかお目にかかれない、超レアモデル。もともと台数が少ないし、生産を打ち切ったのが、もう54年も前のこと。生き残っていること自体が奇跡と言えるくらいだ。

そんなC1を2台も、しかもグッドコンディションでバックヤードに抱えているアメ車ショップがあった。川崎の『キャロル』だ。1台はピカピカにレストアされた黒の58年型、そしてもう1台が、61年型。こちらは塗装が少しヤレてきていたが、あえてその上からクリアを吹き、エイジドな雰囲気を残したのだという。

1961y CHEVROLET CORVETTE、C1

エンジンは350(5.7ℓV8)に換装。この時代のC1は283(4.6ℓV8)がスタンダードだったので、約3000ポンドの車重に、そのパワー&トルクは有り余るほどだ。ちなみにトランスミッションはノーマルの4速MTを組み合わせている。

インテリアも、ほぼオリジナルのまま、美しい状態で残されている。独特なデザインが施されたインパネまわり、運転席メーターまわりは巨大なスピードメーターをメインに、その下にタコメーターなどを5連で配置。アーチ型をモチーフにした助手席のグリップなど、今見ても官能的なカタチだ。

もちろん走りの方も、キャロルによって十分に調えられていて、50年以上のクルマとは思えない元気さ。

1961y CHEVROLET CORVETTE、C1

齢50歳を超えた、幻のクルマと言ってもいいだろうC1の走りは、想像していた以上にしっかりした安心感のあるものだった。キャブ仕様の350はとてもにぎやかだが、加速はかなりパンチがある。その強大なトルク感は、2速、いや3速発進でさえ可能にしてしまう。それなりの伸びもあり、3速固定でほぼオートマ状態で走れてしまうほど。サスペンションはとてもソフトで、まさに当時のアメ車の乗り味そのもの。今の常識でいえば、スポーツカーはもうちょっと引き締まっているが、むしろこのテイストこそ、オールド・コルベットの味と言えるものだ。

1961y CHEVROLET CORVETTE、C1

1961y CHEVROLET CORVETTE、C1

1961y CHEVROLET CORVETTE、C1

このC1コルベットは、キャロルがあるお客様に販売し、それを再び買い戻したモノだという。よほど大切にされていたのだろう、内外装、エンジンはとてもコンディションがよく、さらに『キャロル』によって調えられている。

インテリアについては、オリジナルをほぼ残している。ブラック基調ではあるが、独特のレイアウトのインパネ、ステアリングホイール、そして2つのシートなど、とくにリペアした様子もなく、いかに大切に乗られてきたかを物語る。運転席からの視界を遮るような大型スピードメーター、助手席のグリップなどがC1の特徴。2シータースポーツとしては、実は広大なトランクを誇る後期型C1。これなら普段の足として使えるね。

61年型のコルベットは、スモールブロックの283(4.6ℓ)・230hpをスタンダードに搭載していたが、今回のモデルは350(5.7ℓ)に換装。エアクリーナー上部にLT1という記載があるが、これはあくまでステッカーだけ。どの時期の350エンジンなのかは不明とのことだが、その後のコルベットの350エンジンなら、300hp以上は発生していることになる。トランスミッションはマニュアル4速。ちなみにATはこの時代は3速が標準だった。

サスペンションについてもオリジナルから変更はなく、フロントの独立タイプ、リヤにリーフリジッドを採用している。乗り味はいたってソフトライド。タイヤは当時、ホワイトリボンタイプがスタンダードだったが、現在はBFグッドリッチのラジアルタイヤ、P215/65R15を装着。

このコルベットのボディカラーは、純正から塗り替えられたものだが、適度にヤレがある。その雰囲気をあえて残そうと、そのまま、その上からクリアで仕上げているのがポイント。年代を感じさせるルックスも、また味があるものだ。

1961y CHEVROLET CORVETTE、C1

ポンティアック・ファイアーバードをメインに扱いながら、’60~’70年代のマッスルカーにも深い造詣を見せる『キャロル』。常時30台以上の在庫車両は、オリジナル・コンディションを維持してデリバリーしてくれる。車検・修理・メンテナンスもOK。古いクルマだからこそ、万全のバックアップがうれしい!

キャロル、神奈川県

■取材協力:キャロル【http://www.carol-jp.com】

■Text & Photos|アメ車MAGAZINE


関連記事

  1. 1969年 クライスラー・インペリアル デビューしたのは、なんと1926年。MOPAR 最高級のプレミア…
  2. 0S7A9376 実は絶滅危惧種のサードIROC-Z【1990 Chevy Cam…
  3. 2 漆黒のごとく深い艶を放つシェベル。そのコンセプトはマイアミから生…
  4. Chevrolet Malibu、シボレーマリブ 当たり障りのないデザインに、その気になれば速い所がお気に入り
  5. B0V8232 何とも言えない個性的なスタイリングが最大の特徴と言えるシボレーC…
  6. _B0V1947-1 1951y FORD TRUCK フルサイズ・ピックのルーツもG…
  7. 000 トランスポーターとして使い倒す!! シボレーアストロ / クルマ…
  8. 1975y Mercury Marquis、1975年マーキュリー・マーキー フォードとリンカーンの間に位置するマーキュリーブランド。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP