クーペ

COBB チューン続々増加中 エコマスタングが面白い!フォードマスタング【オールインポート】

221

EXTREME AMERICAN
2015y FORD MUSTANG Eco Boost

軽量ボディにターボを搭載するポテンシャルは、チューニングベースに最適とされるマスタング・エコブースト。それをさらにレベルアップさせる専用のチューニングパーツがCOBBチューニングだ。過激に変化する姿に魅了され、続々と導入するオーナーが続出。今回もそんな一台を紹介しよう!

221

3段階のレベル設定があるCOBBチューニング

残念ながら日本からは撤退したフォードだが、本国では主力車種のマスタングがマイナーチェンジされ、着々と進化を遂げている。そんな6世代目の現行マスタングの大きなトピックといえば、2.3ℓ直4ターボのエコブーストエンジンが搭載されたことだ。登場時には「非力」なイメージがあったエコブーストだが、V8=アメ車は過去の話で、とにかくよく走り、何と言っても低燃費で維持費も安いとして、ここに来て徐々に勢力を拡大している。そのエコブーストマスタングの勢いをさらに熱くさせているのが、埼玉県のオールインポートが日本総代理店として展開するエコブーストマスタング専用のチューニング「COBBチューニング」だ。ステージ1~3までの3段階のチューニングメニューがあり、フルチューンのステージ3では、65hpアップとなる。紹介するモデルは、ステージ1のECUチューンデバイス「アクセスポートV3」をセットし、COBBチューニング専用アルミ大径インテーク&キャタバックエギゾーストに変更という内容で、通常のセットメニューとは違う、単品取り付け型。かなり迫力あるマフラーサウンドになり、走る意欲を掻き立ててくれる。他にグランドデザイン車高調、ロハナの20インチホイールを装着。セットメニューも用意されているが、こうした自分オリジナルの組み合わせができるのも、COBBチューニングの面白さ。エコブーストは過激に変身する。

ステージ1、ステージ2、ステージ3の三段階のチューニングのセッティングがあるCOBBチューニング。しかしこの3パターンは、あくまでもオススメキット。単品パーツを自分好みに組み合わせることも可能。今回のモデルは、ステージ1のECUチューンデバイス・アクセスポートV3に、専用アルミ大径エアインテーク、専用キャタバックエギゾーストを組み込む。

 

170

ベースは15年型の50周年エディションでディーラー車。ミラー形状が違うなど仕様が異なるが、いずれはレアモデルになる…かも?

 

185

ホイールはロハナの20インチ。車高調はグランドデザインを装着する。走りを意識しつつ、見た目にもこだわるならば20インチの定がベストかもしれない。

取材協力◆オールインポート
tel.048-959-9419 http://www.allimport.jp

 

撮影◆古閑章朗 原稿◆相馬一丈

アメ車マガジン 2018年 3月号掲載


関連記事

  1. 1972y シボレーコルベット、1972y CHEVROLET CORVETTE アイアンバンパーを装備した最後の年となったのも72年型コルベット…
  2. N6I4992 現行型マスタング専用、P51がステキすぎる!!【THX&CO】
  3. 12 眠っている能力を開放させて、チャレンジャー本来の走りを体感せよ!…
  4. 2017 FORD F150 RAPTOR、2017 フォードF150 RAPTOR 大幅に改良された第二世代ラプター 圧巻の能力は見事なり 2017…
  5. B0V0366 ワイドスモールカーという前衛的アプローチの70年代を象徴する存在…
  6. 1967年 フォード・マスタング エノレア 映画『60セカンズ』の劇中車としてお馴染みの“マスタングエレノア…
  7. 2013y Ford Mustang 5.0GT ELEANOR Ver、2010y Ford Mustang 4.6GT ELEANOR Ver、2014y Ford Mustang 5.0GT ELEANOR Ver 恐らく日本で一番多くのエレノアマスタングが並ぶのは広島のカーボッ…
  8. 名車68マスタングと69カマロ 名車68マスタングと69カマロのレストア&カスタムプロジェクト開…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP