SUV

どんな悪路もこなすラプターはトラッキンオフロードスタイルの極み!2010 F150 SVT RAPTOR

DSC_3576

GET RAPTOR
最強トラック“RAPTOR”を手に入れたオーナーStyle.03
2010 F150 SVT RAPTOR
池田 峻さん

かつてタンドラでプレランナーと6インチリフトの二台を乗り継ぎ、フルサイズトラックのオフロードスタイルを模索してきた池田氏が、その極みと称賛するラプターの魅力とは!?

DSC_3710

汚しても洗えば落ちる!気にしないのがリアル

3歳からモトクロスにハマり、BMXなどエクストリーム系スポーツ全般を趣味としていた池田さん。泥だらけになるオフロード系の英才教育が存分に行き届く理想的な環境で育った彼に取って「クルマは汚してナンボ! でもその日に汚れは落とす」と、4×4の理想的な使い方を熟知した玄人である。現在はキャンピングカーの内装をデザインする仕事に就き、公私共にアウトドアライフに触れる機会が多いのも、愛車がラプターへと流れ着いた大きな理由の一つ。何故他のピックアップトラックではなく、ラプターなのか。「タンドラを二台乗り継ぎ、プレランナースタイルやハイリフトなど、ひと通りやりたかったカスタムは経験しました。途中浮気してスーパーチャージャー付のカマロも乗りましたが、3ヶ月で飽きちゃいました(笑)。ラプターオリジナルのFOXの足は、オフロードでは抜群のパフォーマンスで、6.2ℓ V8のパワフルさはフルサイズがスタックした際もレスキュー出来る程の底力を発揮。もうオフロードトラッキンの極みですね」と語る。4枚ドアでは無く少し短い観音開きの赤を選んだ理由は、37インチの赤レターゼネラルグラバー履きによるカラーコーデからトータルフォルムに至るまで、バランスが良いと絶賛。同車種でも色やボトムスの仕様で印象が変わるが、オフロードと「トマト」をこよなく愛する彼にとって(笑)、この姿がベストマッチなのだ。

DSC_3576DSC_3632

フューエルの17インチに37×12.5R17は絶対条件だった彼にとって、今では入手困難な赤レターのゼネラルグラバーが購入時に装着されていたことは願ったり叶ったり。今の所ライトバーは装着していないが、純正でバー用スイッチを設けていたりと、オフロードに対する本気の装備が備わるラプターのインテリアはまさに理想。

DSC_3585

四駆はもちろんトラックの正しい使い方も熟知している池田さん。リアゲートにはベッドエクステンダーを追加し、オリジナルのステップを駆使してBBQグッズを積み込み、アウトドアライフを満喫している。

ラプターは純正でFOXの足回りが入っており、タンドラで色々カスタムしても実現できなかったオフロードの走破性と、オンロードでのしなやかに伸びる足の両立がオリジナルで実現している点も特筆物。数々の四駆に乗った池田さんも大絶賛だ。

2018年5月号掲載のスターキーズMTGで軽快なコメントを残してくれたお茶目な池田さん。若くてノリが良いだけでなく、後輩想いの先輩として地元のアメ車乗り達にとっては頼れる兄貴分として親しまれている。

DSC_3715

同じラプター、同じ京都ということで、矢代さんとはSNSで知り合い、撮影当日が初対面。

DSC_3670

写真&文/石井秋良

アメ車マガジン 2018年 6月号掲載


関連記事

  1. IMG_2008 本気のオフロード派ならルビコン、都会派にはアルティテュード
  2. 2015y Ford Mustang 50years EDITION、2015年フォードマスタング50周年記念モデル 仕上げられた2台のマスタングは、ライオンハート流カスタム
  3. 3M7A0367-1 空前のヒット作であるマスタング、最終型の1966年型は熟成の極み…
  4. パフォーマンスチームSVTがF150をオフロードチューン FOR…
  5. DSC_2095 異なる楽しみ方を堪能 シボレーカマロ & GMCユーコ…
  6. _B0V49044 ニュースタイルローライダー シボレーカマロ /カスタムは実用性重…
  7. 352 お得なV8コンバーマスタング この開放感がたまらない!【ガレージ…
  8. DSC_8323 ゴリゴリのカスタムするも良し ノーマルで小粋に乗るのもナイスなH…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP