シボレー

アバランチなのにシエラ!? 究極のスラムドで魅せる シボレーアバランチ

DSC_6845

もっとアメ車で遊べ!
情熱のTRUCK
今注目のHOT MODELが大集結
2018年はトラックに乗る!
シエラフェイスの超ド級スラムドスタイル!
SLAMMED × CHEVROLET AVALANCHE

サバーバン、H2に続くバルフォーエス迫真のスラムドカスタム第三弾として、完成前から各専門誌からの取材オファーが殺到していたアバランチ。ファクトリー入庫から二年の歳月を経て遂に全貌を公開。

シンプル&丁寧な作り込みで犠牲を最小限に

DSC_6845

どちらかと言うとSUTは、トラッキンカスタムシーンにおいてはスラムドよりもリフトアップカスタムのベースとされる場合が多いのだが、本国をはじめ日本でもSUTベースのスラムドスタイルが増えつつある。そんな中、この手の定番と言えるカスタムペイントや過剰なカスタムアピールを割愛し、分かる人にしか分からないGMC・シエラ化にこだわって製作されたのが紹介するアバランチ。オーナーは仲間内から名前を文字ってYATELANCHEの相性でも親しまれている。チャネリング60㎜、フレーム側スライス70㎜、トータル130㎜のボディドロップに加え、サイドシルを65㎜カットすることでフレームとボディを完全フラットにする巧みなボディワーク。この着地状態でもドアの開閉を可能にするべく、地面から20㎜のクリアランスを確保。さらにこのレベルの低さでフロント22インチ、リア24インチホイールを飲み込むとなればフェンダーやボンネットの加工が必要となる。しかし、あくまでもシンプルに純正らしさを残したいというオーナーの強いこだわりをかなえるために、エンジン内部のレイアウトを変更し、ナロー加工やステアリングギアボックスの120㎜ドロップ加工、ミッションメンバーをワンオフでフラット化するなど、着地時のエンジン干渉を巧みにかわし、エクステリア側は無加工でやってのけた。 このコンセプトはエンジンルームのみならず、リアゲート開口部やGMCフェイス化によるバンパーにも及ぶ。リアバンパーに至っては、数ミリでゲートをかわせる様に無加工で取り付けられており、アバランチに対して天地の幅が大きいシエラフェイスをスマートにインストールするべく、サイドシルをカットしたボディに合わせて取り付け位置を上げている。しかし、それでも足りずにバンパー下を1インチカットしてはいるものの、極力純正らしさを損なわない丁寧な仕事っぷりは特筆物。ここまでのスラムドスタイルにして純正時から犠牲にした機能は、チャネリングでフロアとベッドの高さにズレが生じたため、キャビンとベッド間の開閉ができなくなったことのみと言う。いかにもショーカーといったイメージではなく、GMCがアバランチをリリースしていたら、そしてそれを着地させたら…といったイメージを頑なに守りつつ、低いままでも普段乗りを犠牲にしない理想も追求。ある意味、ビルダーにとっては非常に難易度の高いオファーであるが、それを完璧に成し遂げる技術とセンスを持つ敏腕ビルダーが国内に存在していることが何より嬉しい。繊細で丁寧な〝侍ワーク〟は、本国ビルダーをも唸らすであろう。

SUTならではのスペース的な問題で、純正の4リンクから2リンク式へ変更。アッパーリンク側は調整式でデフ角の変更が可能に。ナローデフの製作はシャフト加工にスプラインの切り直しで再焼き入れ済。これに加えてシャフト、ホーシングケースで片側100㎜のナロー加工となるが、スペーサーで50㎜セットバックさせて、フロントは22×8.5Jのイントロを履きこなす。

ラジエターサブタンクは新たにアルミで製作。インテークダクトは純正を使用し、フィルター部のみ水対策としてチャンバータイプに変更。

ストックをベースに上部70㎜スライスして外部6㎜、内部3㎜のシートメタルで補強されたフレーム。コレに加えてボディマウント自体を30㎜カットして、合計100㎜のフレームドロップを実現。ステアリングギアボックスなどがマウントされる部分も120㎜下げて、ピットマンアームやアイドラアームが着地時に地面すれすれになる様にセットすることで、ダウンしてもエンジンが干渉しない仕組みを作り上げている。リアフレームCノッチ部は新設し、ナローデフに対応すべくフレームもナロー加工を施す。

14650528_627218000794085_7650669048758969815_n

ガソリンタンクからフロアパネルの間に5ガロン×2のエアサスタンク。コンプレッサー(トーマス)を3基レイアウト。天地の幅こそ薄くなったがベッド内は普通に使用可能。リアゲートCHEVROLETはスムージングの後、GMCロゴはアルミ板にて製作して埋め込み再塗装。

DSC_6856

■Thanks:Bal FOUR S
TEL.072-805-4444 http://www.bal-fours.jp

■OWNER:YATELANCE

■Photo&Text:石井秋良

アメ車マガジン 2018年 4月号掲載


関連記事

  1. DSC_6396 絶妙なクビレを持つシボレーコルベットC5のグラマラスボディ SA…
  2. _N6I9780_opt BOSS302カムを搭載したフォードトリノGT / マリーナブル…
  3. _B0V9877 ついに時代が動き出す!熱い時間がやって来た!俺たちが愛するC/K…
  4. The fastest, most powerful production Corvette ever  Ethe 755-horsepower 2019 ZR1. 最強のコルベット再び!最高出力はコルベット史上最強の755hpを…
  5. 名称未設定 1 のコピー 愛知まで見に行って、その場で決めた極上車 / エンジンブローで乗…
  6. _8MP0108 最新型カマロを入手するすこぶるスマートな方法【ラインハート】
  7. 150507_0131 走りのパフォーマンスを大幅強化 1965y シボレーコルベット …
  8. 2018 Ram 1500 Rebel Crew Cab 4x4 ダッジから脱却して「ラム」ブランドへ 新たなアイデンティティを模…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP