シボレー

X5ファイナルでトップに輝いたシボレーK-10のこだわり【グレイスキャブ】

_HMP2477

もっとアメ車で遊べ!
情熱のTRUCK
今注目のHOT MODELが大集結
2018年はトラックに乗る!
1979 CHEVROLET K-10

2017年12月に名古屋で開催されたカスタムショー「X5ファイナル」。そのトラックマイルドクラスでファーストに輝いたのが、このK10である。オーナーがそそぐ情熱をみる。

_HMP2477

素性の良かったベースそこにプラスの感性

K10オーナーの鈴木さんは、国産車を2台乗り継いだあと、流行に乗ってタンドラへ乗り換えたことからアメリカントラックの世界に入った。それから一度は63年型インパラに乗り換えたが、半年ほど乗ってK10への乗り換えを検討する。タンドラとインパラを経て行き着いた結論は「古いトラックが好き」だった。タンドラの頃から頼っていた、愛知県のグレイスキャブ代表・戸田氏に相談すると、思いのほか早くこの1台が見つかった。その時点でリフトアップなどの基本的カスタムは施されていたため、タイヤとホイール、ヘッドライトのLED化、タイヤ上部の照明といった、足回り以外の細かなブラッシュアップを施しショーに出展。そして見事に受賞というサクセスストーリーである。ベースを見つけ仕入れた戸田氏のファインプレーがあり、そこに鈴木さんのセンスが加わったカタチだろう。鈴木さんはトラックの魅力について「オトコらしい」「ワイルド感」といった言葉を使う。そして「敢えて言うなら」と前置きして「大きすぎるところが悪いとこかな」とも話す。そしてすぐ「でも大きいからこそ良いんですけどね」と笑う。仕事のアシには国産車があり、気兼ねなくアメリカントラックを楽しめる鈴木さん。「グレイスキャブは居心地の良い店ですよ」とニッコリ教えてくれた。

_HMP2495

高い車高は購入時点から。「しかしもっと上げたい」と鈴木さん。ステップを付けていないのは「敢えて。それが良い」とも。乗車する際は「ヨイショ」と足をかけてAピラーを持ってエイッと乗りこむ。

_HMP2487

足回りのほとんどは購入時点ですでに完成していたため「詳細は分からない(笑)」と鈴木さん。タイヤ上部の緑のライトは購入後追加。

_HMP2557

エンジンなどには特別な手を入れておらず、購入時点で良質なものを手に入れたことが伺える。メンテもグレイスキャブが担当。

_HMP2555

ステアリングを雰囲気にマッチしたものに交換。それ以外のインテリアは購入時のまま。「メーターなどまだやりたい」と鈴木さん。

_HMP2538

CORLEONE(コルレオーネ)のフォージドホイールは深リム14Jの24インチ。これに組み合わせたマッドタイヤは37インチというド迫力。まさにこれが鈴木さんの「やりたかったこと」だと語る。

_HMP2536

オーナーの鈴木貴大さん。K-10を購入したのは2017年5月のこと。「前を走るクルマを照らし過ぎちゃうから、夜にはあまり乗らないようにしています」とジェントルな心遣いを見せる28歳。

_HMP2530

SHOP INFO

GRACECAB【グレイスキャブ】

●所在地/愛知県春日井市惣中町3-84-2
●TEL/0568-35-7790
●URL/http://gracecab.jp/

写真&文/加藤山往(ハチメガプロダクション)

アメ車マガジン 2018年 4月号掲載


関連記事

  1. _B0V1330 無骨に味わうベストヒット・ピックアップトラック 1969y Ch…
  2. 361 GMブランドに登場したオフロード特化グレード・オールテレーン G…
  3. _N6I5941 インジェクション式の唯一のC3【1982 Chevy C3 Co…
  4. DSC_1493_opt フォードのセダンピックアップ「ランチェロ」という選択 フォードラ…
  5. 2018 Ram 1500 Rebel Crew Cab 4x4 ダッジから脱却して「ラム」ブランドへ 新たなアイデンティティを模…
  6. 11 オフロード性能を強化し、フェイスも特別仕様となるシボレーシルバラ…
  7. DSC_0981_opt ポップな69、70でなく72年型シボレーエルカミーノが逆にクール…
  8. _DX_1007-1 後ろ姿で称賛を浴びるスプリットウィンドウ 1963y シボレーコ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP