ピックアップトラック

充実装備の新車ラムトラックがライオンハートに3色到着!【ライオンハート】

_HMP3345

もっとアメ車で遊べ!
情熱のTRUCK
今注目のHOT MODELが大集結
2018年はトラックに乗る!
2017 RAM1500 LARAMIE LONGHORN

幅広いアメ車を扱う愛知県一宮市のショップ「ライオンハート」。同店に新車のラムが到着している。しかもララミー・ロングホーンという注目モデル。その魅力をチェックする。

_HMP3345

トラックの代表格ラムの最新上級モデル

トラックが多く使われているアメリカ本国でも根強い人気を誇り、日本のトラックファンからも熱い視線を注がれているラム。シボレーやフォードとはまた違った魅力を持ち、どちらかというと無骨な方向性で極まった存在感は、やはりトラック好きの感性を刺激するのだろう。今回、愛知県一宮市の「ライオンハート」に到着した3台は、いずれも「ララミー・ロングホーン」である。上級のグレードであるのと同時に、独特なインテリアデザインは秀逸であり、独自のテイストを存分に発揮している。エクステリアを見ればド迫力の無骨系トラック。しかしインテリアは上品なアメリカンテイスト。「気は優しくて力持ち」とか「ワイルドそうに見えて紳士」とか。何というか、オトコの憧れを体現したようなパッケージである。

ラム・ララミー・ロングホーン妥協しないオトコのトラック

「欲しい」を選ぶライオンハートの着眼

今回、ブラック、ホワイト、レッドのラム3色がライオンハートに到着したのだが、仕様やオプションはいずれも同じだという。ここで注目したいのは「ララミー・ロングホーン」というナイスなグレード選択のみならず、数々のオプション選択である。新車の直輸入は、オーダーで仕入れた場合を除いて、ショップが先行して「客が喜んでくれそうなオプション」を選ぶ。つまり、ショップのセンスが大いに発揮されるポイントでもある。今回の3台でライオンハートが選んだ追加オプションは、サンルーフ、コンビニエンスグループ(オートのハイビーム、レインセンサー、キーレス)など、多くが「あってほしい」と願うもの。そして4輪エアサスもだ。このエアサスは、路面や走行の状況に応じて自動で車高が5段階にセッティングされる他、センターコンソールのスイッチで任意に上げ下げができる。すなわち、走破性を高く維持するだけでなく、後々のカスタムでも大いに生きてくる装備である。後付でカスタムとして社外品を付けることもできるだろうが、メーカーオプションで用意されているのなら、できるだけ選びたい、興味深いオプションでもある。ララミー・ロングホーンという魅力的なモデルにオプションも充実した3台。早い者勝ちであることは言うまでもない。

ラムに設定されている「ララミー・ビッグホーン」。サイドとリアにバッジが貼られるなど数々の特別装備がパッケージされている。価格順で見るとLIMITEDに次いで上から2番目にあたる。オプションのエアサスを搭載しているのも注目だ。

このモデルに標準設定されるエンジンは5.7LのV8 HEMIエンジン。燃費を向上させるためのMDSおよびVVTが仕込まれている。8速ATが組み合わさる。

_HMP3382

オートのハイビームコントロールが標準装備。ヘッドライトとフォグはバイ・ファンクション・ハロゲン・プロジェクター。新型ラムのグリルはクロームで「RAM」の文字が置かれ、迫力を演出する。

ララミー・ロングホーンは20インチホイールが含まれ、タイヤはP275/60R20。ステップが備わっており、Aピラー内側のハンドルを掴んで乗れる。ベッドにはLEDの照明が備わる。

ロングホーンならではのデザイン性の高いレザーシート。フロントシートの背面にあるバックル付きポケットなど芸が細かい。スマホと接続できるUコネクトを搭載。モニターサイズは8.4インチだ。

_HMP3370

_HMP3360

取材当日ライオンハートの店頭には、新車のラム・ララミー・ロングホーンがブラック、ホワイト、レッドの3色が展示されていた。いずれも新車だ。

_HMP3305

SHOP INFO

LION HEART【ライオンハート】

●所在地/愛知県一宮市萩原富田方上畑19-1
●TEL/0586-67-1711
●URL/http://www.lionheart2005.com

写真&文/加藤山往(ハチメガプロダクション)

アメ車マガジン 2108年 4月号掲載


関連記事

  1. DSC_6845 アバランチなのにシエラ!? 究極のスラムドで魅せる シボレーアバ…
  2. 2019 Ram 1500 Rebel GM・FORD・RAMの最新動向は?今注目のHOT MODELが…
  3. DSC_6167 ストリートで抜群に映えるロー&ワイドフォルムの威力 TOYOTA…
  4. 2018 FORD F-150 LARIAT SUPER CREW 4×4 FX4 Off-Road Package アメリカ国内のパーソナルカーで 販売台数が一番多い人気車なのだ!…
  5. 01_Front73 2018年モデル最新タンドラ実物が見られるスポット発見!【フェア…
  6. 2016 GMC Sierra All Terrain X 人気のフォードF-150ラプターへGMが放つ刺客となるのか? G…
  7. _B0V3911 AMERICAN DIESEL POWER!! ラムトラックの巨…
  8. AM3I0389 ホイールはRPBの22インチで、オフセットがマイナス70という圧…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP