SUV

本格的な走破性に快適性を備えた、アンリミテッドをよりワイルドに【ライオンハート】

_N6I0686

本格派オフローダー「ジープ」でトコトン遊べ!!
JEEPといつまでも
2017 Jeep Wrangler Unlimited

アメ車やUSトヨタの中で、特にSUVを積極的に手がけるライオンハート。近頃のJEEP人気の高まりを受け、ノーマルだけでなく、オフロード色を強調したカスタマイズも実施中だ。

豊富なパーツが揃う、今がJKカスタムの旬

JKラングラーが登場し10年が過ぎたが、ここに来てJKを求める人が増加中。特にカスタムしたい人が多いそうだが、お店がスタイルを押し付けるのではなく、ユーザーの好みに合わせ、ライオンハートでは最適な仕様を提案してくれる。ここで紹介する2台のJKは、カスタムのベクトルは同じでも、求めるものが異なるため、リフトアップ量やタイヤ&ホイールのサイズが異なるのが特徴だ。まずは右の車両を解説しよう。サスペンションはラフカントリーのキットを使用し、4インチのリフトアップを実施。JKがデビューした頃は一般的ではなかったが、最近ではより大きなタイヤを履く傾向が強まり、最近ではカスタムしたJKの標準タイヤは37インチ! と言われるほど。これにカリフォルニアマッドスターのフラットフェンダーを組み合わせ、ノーマルよりも高さ・幅共にふた回りほど大きく見せる。左のデモカーは、同じくラフカントリーのキットで3.25インチのリフトアップを実施。ノーマルよりも1サイズ大きな35インチタイヤを装着し、スタイルだけでなく快適な街乗り性能も追求。2台に共通して言えるのは、スペーサーなどで「ただ車高をあげる」のではなく、乗り心地やクルマとしての機能も追求。長年に渡り様々なSUVのカスタムを扱って来たライオンハートだからこそ、たどり着いたスタイルだ。

_N6I0686

フロントバンパーはスミッティビルトのXRCを装着。樹脂製のスキッドパネルが追加されており、オフロード走行時の引っ掛かりを極力抑制する。Aピラー部分には最近の定番というべきBIGIDのLEDライトバーを装着。ヘッドライトやフォグもLEDに交換し、クラシカルな印象を払拭。カリフォルニアマッドスターのフェンダーでクリアランスを拡大したことで、37インチのMTタイヤを余裕で装着可能。これにFUELの20インチを組み合わせ、圧巻のスタイルを実現する。

_N6I0813

右の車両と比べると少々大人しく見えるが、それでも35インチのBFG KM2を装着。ラギッドリッジの17インチホイールを組み合わせ、モトレージ製オーバーフェンダーも追加。リヤナンバーをボディ左サイドに移設することでオフロードで引っ掛ける事も防ぐし、何よりメーカーが本来デザインした場所にあるほうが、しっくりくる。フューエルリッドカバーの装着や、リヤコンビの金属製のガードなどで、さりげなく、でも個性的で野生的なラングラーを演出する。

_N6I0746

Thanks:LION HEART【ライオンハート】

TEL.0586-67-1711 http://www.lionheart2005.com

■Photo:浅井岳男

■Text:空野稜

アメ車マガジン 2018年7月号掲載


関連記事

  1. 2008 HUMMER H2 ブランド自体が消滅して8年だが 今も熱烈なファンに支えられている…
  2. 21 キャンプでトコトン遊びつくす最強のファミリーカー!2005y ハ…
  3. _B0V49044 ニュースタイルローライダー シボレーカマロ /カスタムは実用性重…
  4. 115 コンパクトなジープを求めるならパトリオットに注目だ!【ブーブーワ…
  5. DSC_6128 エスカレードに引けを取らないラグジュアリーさがウリ GMCユーコ…
  6. DSC_7381 TJラングラーでも希少アンリミテッドルビコン ジープラングラーア…
  7. DSC_2164_opt 二桁万円から狙える本格派アメリカンSUVを1ナンバー登録でお得に…
  8. All-new 2018 Jeep® Wrangler Rubicon ジープブランドの大黒柱「ラングラー」がモデルチェンジ。新型ラング…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP