オープン

貴重なコルベットC1とC7がライオンハートに集結!【ライオンハート】

_HMP4681

注目MODEL
LION HEART X CORVETTE

愛知県一宮市のアメ車専門店ライオンハートに、初代と現行のコルベット計3台が並んだ。アメリカンスポーツの象徴とも言える今昔のコルベット。この3台に注目する。

多様なラインナップは希少車も充実している

カスタムスタイルの提案を基軸として、様々なアメ車を扱う愛知県のライオンハート。だが、それだけではないのが同店の魅力。このコルベット3台は、たまたま取材時点で撮影できた組み合わせ。ブラックのC7はまさに撮影中に成約が決まったものの、C1とシルバーのC7は販売車両だ。ライオンハートのカスタムには定評があるものの、それを押し付けるようなことはしない。貴重なC1であれば、できるだけオリジナルを尊重するし、メーカーが充分な装備をそろえたZO6なら、無理に店の色を付けようとせず、良いコンディションでユーザーに提供できるよう務める(もちろん、ユーザーが望めばどんなカスタムにも応じられる)。アメ車好きのニーズに従って全力でサポートするというのが、同店の魅力そのものである。ヴィンテージカーに類するC1、プレオーダー限定カラーのC7のように、こうした貴重なクルマが集まるという点も、店の特徴と言える。実は、ショップの特色は中古車の品揃えでも感じられるものだ。全国に納車実績があり、誠実にカーショップとして運営していれば、やがてアメ車好きの間で輪が広がっていき、希少なクルマも集まるようになる。ライオンハートは老舗と呼ぶほどの歴史はないものの、確かな歩みを続けてきたことが、この3台で分かる。

_HMP4681

1960 CHEVROLET CORVETTE C1

1953年から1962年に生産された初代コルベット。その1960年型モデル。見る限り外装はペイントし直した様子で美しい状態。フレームオフレストアが施されており、下回りも美しいコンディションでサビやヤレは見当たらない。エンジン、ミッションともにオリジナルを残しており、社外品として明確なのは、定番とも言えるホーリー・パフォーマンス・プロダクツのキャブのみ。幌は張り直す予定。

_HMP4650

_HMP4658

2015 CHEVROLET CORVETTE C7 Z06

現行コルベットのスーパーチャージャー搭載モデル「ZO6(ジーオーシックス)」の、プレオーダー時のみとなるカラーリング。外装シルバー、内装レッドの組み合わせは珍しい1台。走行距離は2900kmと極めて少なくワンオーナー。MT。

_HMP4636

2016 CHEVROLET CORVETTE C7 Z06

ZO6で外装ブラック、内装レッドというカラーリングは珍しく、日本に1台しかないとされるもの。ローダウン、カーボンリアディフューザーのカスタムが施され、AT搭載の1台ではあるが、実は撮影中に電話がかかってきて次のオーナーが決まったところ。ファンにとって入手できる機会は遠のいたが、ライオンハートの更なる仕入れに注目しよう。

_HMP4597

_HMP4608

LION HEART【ライオンハート】

●所在地/愛知県一宮市萩原富田方上畑19-1
●TEL/0586-67-1711 ●URL/http://www.lionheart2005.com

写真&文/加藤山往(ハチメガプロダクション)

アメ車マガジン 2018年 5月号掲載


関連記事

  1. 2007 CHEVROLET CORVETTE、2007 シボレーコルベット ライバルである兄にはコルベットの購入をずっと秘密にしていた
  2. N6I4992 現行型マスタング専用、P51がステキすぎる!!【THX&CO】
  3. ダッジチャレンジャー、チャレンジャー、CHALLENGER カスタム作業を実行に移すべく、チャレンジャーはラグジの元へ
  4. 239 男子にも負けたくないから,最先端カスタムを取り入れる!【アズール…
  5. 2015y Ford Mustang 50years EDITION、2015年フォードマスタング50周年記念モデル 仕上げられた2台のマスタングは、ライオンハート流カスタム
  6. 198 銘酒・越乃寒梅を作り上げる極意は、伝統と新しい発想を生む“遊び心…
  7. FORD MUSTANG ELEANOR、マスタングエレノア 『60セカンズ』を駆け抜けた マスタングの名作“エレノア”がここ…
  8. B0V0366 GROOVY70’s サイズもスタイルも前衛的な「ワ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP