SUV

キャンプでトコトン遊びつくす最強のファミリーカー!2005y ハマーH2【ライオンハート】

21

ハマー旋風再び The Great IMPACT 2005 HUMMER H2

45

ワンオフのルーフラックに自転車キャリアを装着したH2。ド派手な装飾が目立つH2が多い中で、そのスタイルは異色。キャンプ大好きなオーナーが、家族と楽しめる仕様に作り上げる自慢のモデルだ!

ワンオフルーフラックなどキャンプ仕様

ルーフラックを取り付け、リアヒッチには自転車を積載。見るからにアウトドア大好きな雰囲気をかもし出すH2だが、ここ最近は「見た目」だけのファッションとして、アウトドアスタイルを取り入れるユーザーもいるだけに、オーナーのまことさんがどのタイプなのか、話す前までは少々疑っていた。が、疑ってごめんなさい。まことさんは、東海地方を中心にアウトドア好きなオーナーが集まる「バックスパイダー」に所属するなど、本格的なキャンパーだ。ルーフに取り付けているラックは、既製品では納得のいくカタチがないからと、知り合いの溶接業者でワンオフ製作。休みとなればここにキャンプ道具を大量に載せ、家族で出かけるのが、まことさんの恒例。ヒッチにある自転車ラックは、キャンプ地での移動手段として活躍する実用品だ。リアシートは、家族が楽な姿勢を取れるようにと、リクライニングキットも取り入れるなど、手を施す中心はキャンプ&家族のため。一番目立つガルウイングは、イベントに出展するときに見せる「とりあえずの演出」だとか。「イベント中心に考えて手を加えると、普段乗れなくなる仕様になっちゃいますから。僕のH2は、家族と遊ぶためのクルマです」と、まことさん。H2といえば派手なカスタムが命題と思われる中で、遊べるファミリーカーとして活躍するH2はとても新鮮に感じる。こんなH2の使い方、大いに好感が持てる。

21
141

キャンプ地で移動手段として活躍する自転車を、ネットで購入した自転車ヒッチキャリアにセット。最大4台まで設置可能。4本出しマフラーが目立たないぐらい、迫力があるリアビューだ。

既製品では納得がいかず、ワンオフで製作したボディ同色のルーフラック。その前方にはLED バーライトを設置。アンダーLED なども仕込んでいて、夜になれば別な顔を見せる。ガルウイングは、H2 購入時にやってみたいカスタムとして行なったもの。

スペーサー等で3インチリフト。ホイールはフューエルの22インチ。タイヤはニットー・トレイルグラップラーM / T・37 × 13.5/22。オーバーフェンダーを加えてボディ同色化することで、さらにボディが大きく見える。インテリアはブルガリ時計を埋め込み、ルーフはアルカンターラ。リアシートは、家族のためにリクライニングキットを組み込む。

173

OWNER /まことさん

Thanks ◆ LION HEART
tel:0586-67-1711 http://www.lionheart2005.com

PHOTO ◆古閑章郎 TEXT ◆相馬一丈

アメ車マガジン 2017年12月号掲載


関連記事

  1. _N6I9620 四角いカタチをしたいわゆる四駆が好き ジープラングラーアンリミテ…
  2. 2017 Ford Explorer Sport 充実した装備が割安に感じられる フォードのカジュアルSUV フォ…
  3. 2018 Lincoln Navigator Black Label 新たなデザインテーマで復活した リンカーンのフラッグシップSUV…
  4. DSC_8323 ゴリゴリのカスタムするも良し ノーマルで小粋に乗るのもナイスなH…
  5. DSC_5915 DIYで仕上げたハイリフトに 14.0Jの刺激的なボトムスで攻め…
  6. 2008 HUMMER H2 ブランド自体が消滅して8年だが 今も熱烈なファンに支えられている…
  7. 0S7A0117_opt グローバルスペックの最高級SUV キャデラックエスカレード【バー…
  8. IMG_8113 足グルマが立派なカスタムカーに変貌【1981 Chevy K5 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP