クーペ

映画『60セカンズ』の劇中車としてお馴染みの“マスタングエレノア”

1967年 フォード・マスタング エノレア

AMERICAN DAILY VINTAGE CAR
気軽に、楽しく、毎日乗れるアメリカンビンテージカー

クラシカルでオシャレなルックスと往年のアメリカ車ならではの深い味わいを求めて、ビンテージカーに注目する人が増えてきている。憧れだったあのクルマも、現代の技術を駆使すれば、気軽に、毎日乗れるクルマとしての信頼性を持っている。世代によって異なる個性を解説しながら、カジュアルに乗れるビンテージカーを紹介していこう。

1960-1970年代

レース活動が活発になり、ハイパフォーマンスカーが次々に登場。大排気量エンジンなどメカニズムにおいても大きな進化を遂げ、後年の「マッスルカーブーム」を作るきっかけとなった時代でもある。

ムービーカーとして、レストモッドとしても魅力的なマスタング
1967y FORD MUSTANG ELEANOR GT500E
【フォード・マスタング エノレア】

映画『60セカンズ』の劇中車としてお馴染みの“エレノア”。そのクローンとして、忠実に再現しながらも、EFI制御やエアコンを完備して、ストリートフレンドリーなレストモッドとして高い魅力を放つ67年型。

1967年 フォード・マスタング エノレア

First Impression
日常で“エノレア”を楽しむ
贅沢な時間を味わえる

小型大衆車のファルコンをベースに、スポーツカーのルックスをもつ乗用車ともいえるスペシャリティカーとして誕生したマスタング。67年型ではスタイリング、ポテンシャル共に進化し、スポーツ性が向上。シェルビー仕様の存在や、レースでの活躍によって、アメリカを代表するスポーツモデルとしてのイメージも定着。映画『60セカンズ』の“エレノア”の劇中車としてお馴染みなだけでなく、ビンテージカーとなったマスタングにおけるレストモッドの秀作としての魅力が高く、世界中でクローンが仕立てられている。この個体もそんな1台で、日常で楽しめる“エレノア”として貴重な存在だ。

シルエットの美しさは“エレノア”ならではの美点。

マーキュリー・クーガーから流用されたシーケンシャル式テールランプがGT500と同様ながら、シルエットの美しさは“エレノア”ならではの美点。

Topic!

FORDにおける最もポピュラーなV8ユニット、302ci(4940cc)をベースに、シングル4バレル式スロットルボディによるエーデルブロック製EFIで制御する、モダンで扱いやすい仕様。

ホイールはシェルビー・コブラに採用されたハリブランド製マグの現代版、ET社製ノックオフ・スタイルの17インチ。

ホイールはシェルビー・コブラに採用されたハリブランド製マグの現代版、ET社製ノックオフ・スタイルの17インチ。

 

GT500の仕様を基調

GT500の仕様を基調に、バケットシート、ゲージ、シフターなどをアップグレード。リアシートは純正オプションのフォールドダウン式。

Profile of the car
見た目は劇中車を再現しながら
フレンドリーに扱える仕様に

劇中車の“エレノア” は、シェルビーGT500をオマージュしつつ、あくまでも現代版としてルックスをはじめ総合的にアップデートした独自のスタイル。コンセプトのドロージングは、Hot Rod界の著名デザイナー、S・スタンフォードが担当。この個体は、ビジュアル要素は劇中車の“エレノア” を忠実に再現しながらも、仕様としては、フレンドリーに扱える1台のレストモッドとして総合的にアップデート。搭載するエンジンは、お馴染みの302ciをベースに社外のEFIユニットで制御し、4速ATとの組み合せ。ステアリングはラック&ピニオン式にアレンジされ、エアコンも社外品でアップデート済み。憧れの“エレノア” をカジュアルに楽しめる理想的な仕様となっている。

■取材協力:マリンコーポレーション
所在地:東京都江東区木場3-15-5
TEL:03-5809-8115
http://www.marinmarin.com/

マリンコーポレーション 東京都江東区

■Text & Photos|アメリカンビンテージカーマガジン

アメリカンビンテージカーマガジン VOL.4


関連記事

  1. 2002 DODGE VIPER GTS ストリートにおける最強・最凶の毒蛇 ダッジバイパーGTS
  2. 2006 フォード F-350 XLT スーパーデューティ ベッドにバイクを積載、さらにジェットまで牽引する圧巻のF‐350…
  3. 2019 FORD MUSTANG BULLITT 現行マスタングをベースに往年のスタイルを再現
  4. 2007 FORD E-150 XLT、2007 フォードE-150 XLT 色々な意味で、アメ車らしさを感じられるクルマ:フォードE-150…
  5. The 2017 Camaro ZL1 is poised to challenge the most advanced performance cars in the world in any measure  Ewith unprecedented levels of technology, refinement, track capability and straight-line acceleration. A cohesive suite of performance technologies tailors ZL1’s performance, featuring an updated Magnetic Ride suspension, Performance Traction Management, electronic limited-slip differential, Custom Launch Control and Driver Mode Selector. The ZL1 Convertible’s modular underbody bracing provides the same sharp, nimble handling as the coupe, while its fully automatic top can be raised or lowered with a single button while driving up to 30 mph, or lowered remotely with the keyfob. 最強のカマロがさらに最強になった!ヘルキャットも凌駕する!? 2…
  6. 名称未設定 1 のコピー 70年型7AARクーダ、73年型ファイヤーバード、68年型と71…
  7. 1970y PLYMOUTH AAR 'CUDA、1970y プリマス AARクーダ TRANS-AMレースのホモロゲーションモデルとして定められたプ…
  8. CA4R0015 チャレンジャーカスタムに旋風を起こす噂のモデルが次なる一歩を踏み…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×