Hummer H2 62style 大胆デカールカスタムでH2 の存在を爆発強調!【ROYAL PHANTOM】

SUV


[vc_row][vc_column][vc_single_image image="2068" img_size="full"][vc_column_text]カスタムで一世を風靡したH2だが、近頃はその勢いも頭打ち気味。だが、そうはいっても個性をバリバリ主張するH2。やり方一つで、全盛期のド派手なH2に仕上がっていく。H2カスタムで最前線を走り続けるロイヤルファントムの新たなポイントはデカールだ![/vc_column_text][vc_custom_heading text="分かりやすさがH2カスタムの胆となる"][vc_column_text]子供から大人まで、誰が見てもH2はH2だと認識され、何代目の何年型という難しい話もいらない。H2はこのカタチが唯一だ。その単純明快な歴史とデザインは、猛烈な個性を放ちカスタム業界を席巻。そのH2カスタム最前線を走り続けたのが静岡県のロイヤルファントムだ。同ショップのエッセンスが注入されたモデルは全国各地に広がり、ド派手なH2には高い確率で同ショップのロゴがよく貼られていた。
しかし今、H2カスタムの勢いは弱まりつつある。「カスタムをやり尽くしたと思い、手放すオーナーが多い」とは、ロイヤルファントム代表の鈴木氏。「所有するオーナーに富裕層が多かったため、一気に高価なカスタムが進行し過ぎた感もある」とも語るように、現在の落ち着きはある意味普通に収まったともいえる。ただ、急激に下がったH2の中古価格も一転上昇傾向にあるようで、今後ジワリとH2カスタムにも動きがありそうな気配もある。
そうした中で、ロイヤルファントムが面白い手法と提案するのが大胆なデカール。ペイントやグラフィックではなく、あえてデカールで勝負。一般的なクルマではやり過ぎな感もある大胆なデカールだが、それもしっかり受け止めて絵にしてしまうのがH2のポテンシャル。同系デカールを大胆に貼られた黒&白モデルを見よ![/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_custom_heading text="2003y Hummer H2
同じデカールでもボディカラーで印象は変わる"][vc_single_image image="2069" img_size="full"][vc_column_text]ロイヤルファントムオリジナルデカールに、NASCARをイメージしたデカールを組み合わせた白&黒ボディの2台。白ボディの03年型H2は、グランドフォースのダウンサスにジオバンナの25インチホイールをセット。グリルガード、バルカンフォグ、オリジナルサイドバンパーでフェイスを強調する。夜には印象が激変するという、ストロボやアンダーイルミも装備されている。
インテリアは、大理石調パネルにスワロフスキーが装飾されたシフトノブがインパクト大。モニターはバイザーモニターなど7基を搭載している。[/vc_column_text][vc_single_image image="2070" img_size="full"][vc_column_text]ストロボやアンダーイルミなどを装着し、夜の姿はさらに激しさを増す。マフラーはワンオフタイプ。ドアバイザーはホワイトカーボンを使ってラッピングを施す。[/vc_column_text][vc_masonry_media_grid element_width="6" grid_id="vc_gid:1471693871438-afcba982-44c9-2" include="2071,2072"][vc_column_text]H2には標準装備ともいえるグリルガードに、バンパーサイドに装着されるオリジナルサイドバンパーも定番アイテム。サイドステップは高い質感と強度を誇るリアルホイールズ。[/vc_column_text][vc_masonry_media_grid element_width="6" grid_id="vc_gid:1471693918695-742cbad3-2211-1" include="2073,2074"][vc_column_text]インテリアのパネル類は大理石調に変更され、オーナーの山田さんの一番のこだわりというスワロフスキーが敷き詰められたシフトノブ。バイザーモニターなど7基のモニターも搭載されている。
[/vc_column_text][vc_single_image image="2075" img_size="full"][vc_column_text]ホイールはジオバンナの25インチを装着し、グランドフォースのダウンサスを組む。25インチのタイヤが製造中止になったということで、装着中のタイヤが無くなり次第ホイール交換をしなくてはならないのが、悩みの種。[/vc_column_text][vc_column_text]OWNER:山田竹久さん
以前までは08年型チャージャー・カスタムを所有するなど愛車はスポーツモデルのみ。しかし、オイル交換でロイヤルファントムに来店した際にデモカーとして展示していたH2を勧められ、試乗中のギャラリーを釘付けにする視線に快感を覚えて購入。現在2ヵ月目。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_custom_heading text="2003y Hummer H2
NASCAR テイストもデカールで再現させる"][vc_single_image image="2077" img_size="full"][vc_column_text]黒ボディのH2は、ロイヤルファントムのデモカーの03年型。デカールは白H2と同様だが、m&msがワンポイント。グランドフォースのダウンサスにレクサーニ・ジョンソンⅡの26インチホイールを組む。グリルガードにオリジナルサイドバンパーに加え、カスタムフックやアンダーガードロゴなどをゴールドにペイント。キャリパーもゴールドだ。マフラーはクロスを装着するが、取り付けは左2本をやや下げた位置にするなど細かいこだわりも見せる。
インテリアはブラックウッドでまとめ、5・1chオーディオ搭載でセンターパネルに7型ワイドをインストールする。[/vc_column_text][vc_single_image image="2078" img_size="full"][vc_column_text]レクサーニ・ジョンソンⅡの26インチにグランドフォースのダウンサスを組む。リムに入れられたロゴは、右側がグリーンで左側がオレンジと左右で色分けがされているのもポイントだ。[/vc_column_text][vc_single_image image="2079" img_size="full"][vc_column_text]オリジナルのショップデカールは単なる白ではなく、パールが入ったこだわりのカラー。NASCARが大好きなロイヤルファントム代表の鈴木氏が、NASCARテイストも各種デカールで再現。マフラーはクロスを装着し、左側2本のパイプを下げた位置に取り付けているのもこだわりだ。[/vc_column_text][vc_masonry_media_grid element_width="6" grid_id="vc_gid:1471693645368-cd9fab1f-9024-4" include="2080,2081"][vc_column_text]白のH2と同様にグリルガード、オリジナルサイドバンパーを装着し、バンパーメッシュ、カスタムフックなどをゴールドでペイント。サイドステップは社外タイプ。[/vc_column_text][vc_masonry_media_grid element_width="12" grid_id="vc_gid:1471694245279-a0efb63e-1982-5" include="2082"][vc_column_text]ボディに合わせてインテリアパネルはブラックウッド調。オーディオにもこだわり、5.1chシステムを組む。センターパネルには7インチワイドモニターが埋め込まれている。[/vc_column_text][vc_column_text]取材協力:ROYAL PHANTOM◆http://www.royal-phantom.com
■Text & Photos|アメ車MAGAZINE[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

関連記事

RELATED


【JLラングラー】新世代ターボユニットの魅力とは?軽量で強固なボディに注目

新世代のターボユニットを採用しつつ、熟成のパワーユニットも残して、8速AT化したトランスミッションを組み合わせる新型の JL ラングラー。
もちろん本格派としてのハードウェアたる部分は進化させつつ、今回、パートタイムモードを持つフルタイム4WDシステムを新採用している。走りに影響を与えるのか解説していこう。

Text & Photos|アメ車MAGAZINE編集部

【ジープレネゲード】通常のラインナップ外グレードのデザートホークを取材!

ジープレネゲードの計100台スペシャルモデル「モハベサンドカラー」を手にする彼女。並々ならぬこだわりを感じさせるチョイスだが、購入理由は意外!そんな彼女のジープ購入から愛車になるまでの経緯を取材してきたので、ご紹介しよう。

Text & Photos|アメ車MAGAZINE編集部

トヨタの人気SUVとトラック「タンドラ&セコイア」の魅力を解説

トヨタの”アメ車”といえば、二大巨頭である「タンドラ」と「セコイア」。このSUVかピックアップは甲乙つけがたく、どちらを購入するか迷ったことがある人も多いのではないだろうか。そこで、今回はタンドラ&セコイア専門店であるコロンブスに協力を得て、二つの魅力をしっかり検証していこう!

Text & Photos|アメ車MAGAZINE編集部

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

 

最新記事


2023/02/09

フォード・エクスプローラーと兄弟車であり、上級なインテリアが特徴のマウンテニア

SUV

OTHER

フォードには上級ブランドのリンカーンがあることは知られているが、中級ブランドのマーキュリーがあることも忘れてはいけない。日本ではマイナー存在だが、本国では普通に見かける一般的なブランドだ。フォード・エクスプローラーと兄弟車であり、上級なインテリアが特徴のマウンテニアを紹介しよう。

2023/02/08

HMMWV&H1ライフには必要不可欠なスカイオート

SUV

ハマー

ジープやランクルのルーツが軍用車である様に、ハマーシリーズの原点といえば、AM ゼネラルが製造するHMMWV。まさに見た目はそのままと言うか、双子の様なスタイルだが、中身はまったくの別物と言えるだろう。

2023/02/07

-フリースタイルで行こう- ♯23 イシヴァシのMOPARのある人生

コラム

2023/02/06

中学3年でアメ車購入を決意、マスタングを購入してから免許取得を目指す

クーペ

フォード

初々しい初心者マークが貼られるマスタング。オーナーは今春高校卒業を迎える現役高校生のnomustangさん。中学3年のときにアメ車に乗ることを決意し、高校卒業を前にマスタングを購入。しかも免許取得をする前に…。

ランキング


2023/02/08

HMMWV&H1ライフには必要不可欠なスカイオート

SUV

ハマー

ジープやランクルのルーツが軍用車である様に、ハマーシリーズの原点といえば、AM ゼネラルが製造するHMMWV。まさに見た目はそのままと言うか、双子の様なスタイルだが、中身はまったくの別物と言えるだろう。

2023/02/07

-フリースタイルで行こう- ♯23 イシヴァシのMOPARのある人生

コラム

2023/02/06

中学3年でアメ車購入を決意、マスタングを購入してから免許取得を目指す

クーペ

フォード

初々しい初心者マークが貼られるマスタング。オーナーは今春高校卒業を迎える現役高校生のnomustangさん。中学3年のときにアメ車に乗ることを決意し、高校卒業を前にマスタングを購入。しかも免許取得をする前に…。

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG

×