見て・買って大満足の日本最大級の四駆イベント開催【4WDファンミーティング2019】

イベントレポート

ふじてんスノーリゾート

4WDファンミーティング

アメマガ2020年2月号

Let's Go 4WD

2019.10.27(SUN)
レッツゴー4WD × JAFEA 東日本支部 PRESENTS
4WDファンミーティング2019


レッツゴー4WD × JAFEA 東日本支部 PRESENTS
4WDファンミーティング2019

「4WD FAN(愛好家)のミーティングであると同時に、4WDをFUN(楽しむ)する」ことをテーマに、初開催となった4WDファンミーティング2019。50社を超える四駆メーカー&プロショップ、約600台の来場者が集まり、会場は700台にも及ぶ四駆が並んだ。国産車がメインだが、JEEPや逆輸入車も多くが来場してくれたぞ!

50社を超える四駆パーツメーカーとプロショップが出展!

アメ車マガジンの姉妹誌である、4WD専門誌「レッツゴー4WD」(毎月6日発売)、そしてその誌面作りに対して深い強力関係のあるJAFEA(日本四輪駆動車用品協会)東日本支部の主催で、日本最大級の四駆イベント「4WDファンミーティング2019」が10月27日(日)、山梨県のふじてんスノーリゾートで行なわれた。

4WDファンミーティング2019

4WDファンミーティング2019

「4WD FAN(愛好家)のミーティングであると同時に、4WDをFUN(楽しむ)する」というテーマのもと、入場無料で誰もが気軽に出入りできるフリーダムスタイルで、50社以上もの四駆パーツメーカーとプロショップが出展し、ショップのデモカーと参加者を合わせて、なんと700台以上の四駆が会場を賑わせた。晴天の富士山の麓での開催、という好条件も功を奏してまさに満員御礼!

レッツゴー4WDのメイン車種は国産車であるため、ほとんどが国産車ではあるが、JEEPも人気モデルとして多く掲載しているため、JLラングラーを始めとする各JEEPモデルや豊富なパーツがズラリと並び、50社以上もの四駆パーツメーカーとプロショップのなかには、車種専用パーツが基本となるが、一部には汎用品も扱っており、アメ車にも使えるパーツもそろうので、「全く装着できるパーツがない」ということはないハズだ。タンドラなどの逆輸入車であれば、パーツの選択肢はかなり増えるだろう。2020年も開催を予定しているので、是非参加をお待ちしております!

4WDファンミーティング2019

50社以上の四駆パーツメーカー、プロショップのデモカーやパーツが並ぶ会場の光景は圧巻!国産四駆が大半を占めるが、ラングラーなどJEEP勢もかなりのモデルが並び、一同に見比べられるのは滅多に無い機会だ。ラグジはワークホイールを履いたLAX STYLEチェロキーを持ち込み、阿部商会はシステムキャリアを搭載したコロラド、ジープカスタムのトップリーダーであるタイガーオートは、JLラングラーをコーディネート。

600台の参加者ほ~んの一部を紹介!
アメ車系

600台の参加者で、掲載希望者を募りユーザー撮影会を開催(全ユーザー掲載はレッツゴー4WD 2020年1月号)。とにかく想定以上の来場者で、バタバタはお察しください(笑)。アメ車系での来場者は、やっぱりJEEP勢がほとんどですね~。さすがの人気!


開催日:2019年10月27日(日)
開催場所:山梨県・ふじてんスノーリゾート特設会場


主催:レッツゴー4WD編集部
主催:JAFEA東日本支部
http://www.jafea.com
公式Facebook https://www.facebook.com/jafea.east/
出展:アウトバック、阿部商会、WALD、栄光社、N's ステージ、MLJ、ELFORD、O.G BASE、オートフラッグス、オートプロズ、オフロードセンター、カーメイト、QUADRUPED、ジムニーワールド宇都宮、ジャオス、JAFEA 東日本支部、JOINT、ショウワガレージ、スージースポーツ、ステージ・フォー、ステージング、星光産業、タイガーオート、ダストストーム、TM ワークス、TGS、TUS JAPAN、TECH FOUR、DELTA FORCE with クリムソン、TOYO TIRES ・トキテック、トップロード、トレイル、ニューラインサカ、88 ハウス ブレインストーム、BF Goodrich(日本ミシュランタイヤ)、輝オート、FALKEN(住友ゴム工業)、フェニックスオート、FLEX、フレックス・ドリーム、POLARIS、MAXXIS インターナショナルジャパン、MUDJAYSON、横浜ゴム、ラグジ、リンエイ 、RAYS、ロードハウス、WORK、レッツゴー4WD(アイウエオ順)


レッツゴー4WD ホームページ
レッツゴー4WD 公式Facebook
レッツゴー4WD 公式ユーチューブチャンネル
レッツゴー4WD 公式インスタグラム


PHOTO●浅井岳男、佐藤直貴、清野 央、編集部
TEXT●高坂義信、佐藤直貴、マーク清原、空野 稜、編集部
アメ車マガジン 2020年 2月号掲載


最新記事


2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

ランキング


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】