日本最大のジープの祭典「JFM2023」アメ車マガジ初となるワンメイクイベント!

ジープ

アメマガミーティング

イベントレポート

アメマガ2023年10月号

ジープファンミーティング2023

ジープファンミーティング

JFM2023

JFM

ふじてんスノーリゾート


日本最大級のジープイベント
ジープファンミーティング2023 in ふじてんスノーリゾート 2023.7.2[SUN]

アメマガミーティングZやアメマガキャラバンなど、アメ車マガジンが主催するイベントはこれまでに数多く開催してきたものの、これまでにワンメイクのイベントは開催したことがなかった。しかし、今回ジープだけのワンメイクイベント「JFM(ジープファンミーティング)2023」を7月2日(日)に山梨県のふじてんスノーリゾート特設会場にて開催することとなった。

 

本部ブースの両側にはパーツメーカー&プロショップ、それにアメリカン雑貨など、計25社のブースがズラリと軒を連ね、まさにお祭り状態。参加者たちは各ブースの前に並べられたデモカーを熱心にのぞき込んだり、オリジナルパーツを手に取ってみたりしながら練り歩いていた。


ジープファンは熱かった! 476台のジープが参加したJFM2023


会場に集まった出展ブースをご紹介!

QUADRUPED

クワドロペッドらしさが存分に注入された3台のジープ

https://www.quadruped.jp/

日本を代表する4×4カスタムプロショップのクワドロペット。約3年の歳月を費やして製作したAMCのCJ-7を筆頭に、グラディエーター、グランドチェロキーの3台を展示。

CJ-7はフレームのストレッチ、フルFRP ボディ、コイルオーバーサスペンションなど、クワドロペッド独自のカスタムを実施したレストモッドモデル。グラディエーターは40インチのNITTOトレイルグラップラーにKMC、コイルオーバーサスなどを装着。

OFF-ROAD IMPACT

あの「オフロード インパクト」が9月10日に和南りんくう公園で開催

http://offroad-impact.jp/

京都のジープカスタムのプロショップであるトップランカーとルビコンステージがメインとなり、3年振りに開催するイベントが「OFF-ROAD IMPACT」。

トップランカーとルビコンステージがJKラングラーとグラディエーターのカスタムモデルを展示したブースでは、9月10日(日)に和南りんくう公園で開催されるOFF-ROAD IMPACTのPRを実施。関西で開催されるこのイベントは、本誌もブースを設けて参戦する予定だ!

NITTO

37インチ以上の大径マッドも豊富にラインアップ!

http://www.nittotire.co.jp/

TOYO TIRESの海外ブランドであるNITTO。その特長は、TOYO TIRESではリリースされていない大径サイズをラインナップしており、それはまさしくカスタムジープユーザーに最適なサイズを見つけやすいということ。

この日はマッドグラップラーやトレイルグラップラーといったゴツゴツ系大径タイヤを中心に展示。またクワドロペットのグランドチェロキーにも35 インチのマッドグラップラーを装着して披露した。

TECH FOUR

走破性と快適性を両立するカスタムの魔術師!

http://real-g.com/

小田原に位置する4×4カスタマープロショップであるテックフォー。VKS のショートバンパー、EVOのトレイルルーフラックにJCRフェンダーフレアといったスタイリッシュなエクステリアにまとめたJLラングラーを展示。

このデモカー、テラフレックスの3.5インチアップキットをベースに、KINGのショックアブソーバーをインストールして入念なセッティングを実施。オフでの高い走破性とオンでの快適な乗り味を両立している。

JOINT

本格的なオフローディング、カスタムを実施した2台のJK

http://www.joint-offroad.com/

静岡県の三島市に位置する、四輪駆動車専門のカスタムプロショップであるジョイント。ライトカスタムから本格的なロックモディファイに至るまで、要望に合わせて何でも手掛けてくれる老舗のプロショップでもある。

そのジョイントは多くの顧客をこのふじてんに連れてきてくれたのと同時に、本格的なオフロードカスタムを実施した2台のJKラングラーを展示。恐ろしく良く動くサスペンションの様子は、レッツゴー4WDの公式YouTubeでも見ることができる!

TOKITEC

ジープを長く賢く乗り続ける、そのための補修パーツを提供!

http://fixjmaxj.com/

ラングラーシリーズやチェロキーシリーズを主軸に、ちょっと古めのジープ用補修パーツの輸入・販売を行っているのがトキテック。ジープ用の補修パーツは、純正、OEM、サードパーティなど、実に多くの部品がUS 本国では流通しているのだが、トキテックでは良質な社外品を中心に扱っており、価格もリーズナブルなパーツを提供している。

この日も、センサー類やウォーターポンプなど、よく出る消耗品を特価で販売していた。なので、困ったことが起きた時はトキテックとお覚えておいてほしい。

STAGE FOUR

160hpアップが望める、スーパーチャージャーを追加

https://www.stage-four.com/

ジープ・ラングラーやランクルのカスタマイズだけでなく車両販売も行っている、SUV・4WD車専門店がステージフォー。

名古屋市の名東区に位置するここが得意としているメニューのひとつが、スーパーチャージャーの追加によるパワーアップだ今回展示したグラディエーターは、ノーマルで280hp を発生するエンジンが、スーパーチャージャーの追加で440hp(メーカー公表値)という160hpアップを可能にするカスタムを実施!ルビコン392 に近づけるパフォーマンスは必見!

RINEI

グラディエーター専用のスマートキャップを初披露

https://www.rinei.co.jp/

東京都大田区に店を構える老舗の4×4プロショップであるリンエイ。ジープカスタムが滅法強い同社が持ち込んだ車両は、合金製のキャノピーとなる“スマートキャップ” を装着したグラディエーターだ。

利便性&デザイン性に優れるスマートキャップは耐荷重も優れているため重量物の積載が可能。ちなみに約100kgという重量であるため、これにマッチするAEVのスプリング&ビルシュタインダンパーをインストール。さらにチューブフェンダーや電動サイドステップ、KCランプなども装着!

SEIKOSANGYO

かゆいところに手が届く便利な専用アイテムをリリース

https://www.seikosangyo.co.jp/

世界で初めてエアコンの吹き出し口に装着する汎用ドリンクホルダーをリリースした星光産業。

輸入車用のアクセサリーパーツとして“AZUTO” ブランドを展開しており、その中にJLラングラー専用のドリンクホルダー、ルームランプ、リアデフォッガーカバー、リアウインド-クリップ、キーホールカバーなどをデモカーに装着して展示。またこの日は、発売されるであろうウインカーエクステンションも参考出品されていた。

MLJ

人気のブラックライノをオフロード感を意識して展示!

https://www.mljinc.co.jp/

ラングラーやレネゲードなど、ジープがラインナップしているモデルにマッチするアルミホイールを豊富にリリースしているのがMLJ。

この日はデモカーのJLラングラーを持ち込み、サイのマークで人気のBLACK RHINO CALICO を装着し、オフロードを走った後のようにドロを付けての展示とした。このほか、自社ブランドのXTREME-J、人気アメリカンホイールのKMC などを陳列しし、人気のブースとなっていた!

TIGERAUTO

最新ラングラーと同時にお得なジープグッズを販売!

https://www.tigerauto.com/

埼玉県の鶴ヶ島市に位置する、日本屈指のジープ専門プロショップであるタイガーオート。ジープ所沢も展開する同社は、最新のPHEVモデルであるJLラングラーアンリミテッド ルビコン 4xe 4WD を展示。

またジープ専門店である同社は、ミニカーやバッグ、フェイスタオルなど、レアなジープグッズを数多く持ち込み、この日だけの特別価格で販売を実施。ジープ好きであれば絶対に足を運ぶべきブースのひとつがここなのです!

BF Goodrich

ジープに必須のBF Goodrichはレッドブルカーと一緒に参戦!

https://www.bfgoodrichtires.co.jp/

コンフォート指向のオフ系タイヤとして、人気急上昇中のトレールテレーンT/A、王道でありテッパンと呼ぶに相応しい最強オールテレーンタイヤのKO2、そして本格オフ対応のみならず、ドレスアップタイヤとしても大人気のマッドテレーンタイヤのKM3をリリースしているBF Goodrich。

ノーマル派もカスタム派も、ジープユーザーには必須といえるのがBF Goodrich タイヤ !今回はレッドブルカーも引き連れての参戦となった!

WHA CORPORATION

ワイドボディキットというJLラングラーの発明的パーツ

https://www.wha.co.jp/

正規輸入モデルの販売・カスタムに加えて、独自輸入のレアなJLラングラーも手掛けているのが、名古屋市の西区に位置するWHA CORPORATION。ノーマルフェンダーとボディの間に装着するワイドボディキットを開発したところでもある!

この日は、そのワイドボディキットを装着し、ワイルドなカスタムを施した3台のJLラングラーと、グリーンのボディカラーに大径タイヤを装着したグラディエーターを展示した!

SAVINI WHEELS

US ホイール“SAVINI ” のオフロードブランドの“GRID”

https://saviniwheels.com/

数多くのホイールメーカーとホイールブランドが存在するアメリカで、常に高い人気を得ているのがSAVINI WHEELS。高品質かつエレガントで独創的なデザインのホイールを数多くリリースしているSAVINI WHEELS だが、そのオフロードラインとして展開しているのがGRID OFF-ROAD。

スタイリッシュかつ力強いデザインのGRID OFFROADのホイールを装着した、JLラングラーアンリミテッドとコマンダーの2台を展示。

JOYBASE

ジープはもちろん幅広い車種に対応するカスタム&メンテ!

https://www.joy-base.co.jp/

アメリカで製造されたキャンピングトレーラーの輸入・販売や、フォードマスタング用のドリフト用パーツの開発・販売、さらにはアメ車のカスタムやメンテナンスなど、幅広いサービスを実施しているのが、さいたま市に位置するJOYBASE。

この日は、自社でカスタムした2台のJLラングラーアンリミテッドを展示した。また、ラングラー用のリフトアップキットで、KW グループのBelltech-ベルテックブランドのアイテムも披露した。

CALWING

これぞCALWINGという3台のラングラーを展示!

https://www.calwing.com/

関越自動車の所沢インターからクルマで約7分の場所に位置するキャルウイング。

アメ車の販売、カスタム、メテナンスを主軸にした人気店であるここは、CALIFORNIA MUDSTAR ★のパーツをメインにインストールした2台のJLラングラーアンリミテッド(LA スタイルとオーバーランドスタイル)と、グラディエーターを持ち込んでくれた。また、お洒落なUS 雑貨などの販売も行い、多くの人が集まるブースとなっていた。

GOODYEAR

ラングラー以外のジープにもマッチする“WRANGLER”

https://www.goodyear.co.jp/

世界最大のタイヤメーカーのひとつであり、数々のモータースポーツにおいて輝かしい戦績を残しているGOODYEAR。アメリカで誕生したGOODYEARゆえ、ジープにマッチするのは当然であり必然、しかもオフ系タイヤのブランド名はラングラーだ!

この日は、ラギッドな見た目と高いセルフクリーニング機構を持ちつつ、優れた静粛性なども与えられているWRANGLER DURATRACを履かせたグラディエーターを展示した!

GARAGE 1ST

ほかにはない武骨なデザインが魅力的な「Fury」が来た!!

https://garage1st.com/

ジープ・ラングラーが大好き過ぎて、ネットパーツショップを起業したヤンさんが代表を務めているのがGARAGE 1ST。

メイン商材は、10年の保証が付くスタイリッシュなオーダメイドレザーシートカバーと、とにかく商品アイテム数が豊富で、独特のメカニカル感がウルトラカッコイイ「Fury」(ラングラー&グラディエーター専用パーツブランド)のパーツ。この輸入販売(国内唯一の正規輸入販売店)をしている人気急上昇ショップだ!!

SMILELAND

大切なジープのボディを保護し、より深い艶と光沢を与える!

https://www.smileland.co.jp/

人気モデルの販売、整備、カスタム、買い取りなど、多岐に渡るサービスを行っているのが、埼玉県の上尾市、桶川市、北本市で展開しているSMILELAND。

ハイモ-スコートやリアルガラスコートなど、大事なジープのボディを保護し艶を与えるそれらのコーティングを実施したJL&JKラングラーを展示すると同時に、自社で開発したARROO(アロー)シャンプーやコンディショナーを販売していた。

ACALIE

キャンプ場やイベント会場で映えるマイクロE モビリティ!

https://ali-jp.com/

通勤、通学の足としてだけでなく、キャンプ場やイベント会場などでの移動などにも大活躍するのが電動自転車&電動キックスクーター。とくに規制緩和によって公道走行がしやすくなった電動キックボードは、今や大注目のアイテム。

そんな電動自転車&電動キックスクーターの中でも、スタイリッシュなデザインと確かな性能を持たせたCOSWHEEL の電動バイクと電動キックスクーターを主軸に、展示・試乗・販売を行っていたのがACALIE!

JEPPESEN

戦車のホイールをモチーフにした新作17インチアルミを初披露!

https://jeppesen.jp/

デザインのプロ集団が作る、スタイリッシュなプロダクツをリリースしているJEPPESEN。その高い品質とデザイン性から、多くのディーラーで購入できるアイテムを揃えているメーカーだ。

そのJEPPESEN は、タクティカル感を重視したラングラー用の17インチアルミの新作、BARREL ZONE MO17と、さらにはこれまた新作となるナーフタイプの電動サイドステップを披露。またJEPPESENアイテムを装着したルビコン4xe 4WDやJKラングラーを展示し、カッコ良さをアピールした。

MALIBU HOBBY'S

ジープがらみの雑貨も豊富に用意

https://www.malibuhobbys.com/

アメ車マガジン主催のイベントに毎回出展してくれているマリブホビーズ。HOTWHEELS のミニカーを主軸に、ステッカーやTシャツなどのアメリカン雑貨も豊富に取り揃えて販売を実施。今回はジープのイベントだけにジープにちなんだ雑貨も数多く取り揃えてくれた!

KZM OUTDOOR

アウトドアギアのセレクトショップ

https://www.mansyou.co.jp/

オーバランドスタイルなど、アウトドアライフにも適したジープにマッチする、キャンプギアなどの販売を主軸に行っているKZM OUTDOOR。展示販売されていた商品は、量販店などは見掛けることが少ない、厳選されたアイテムを特別価格で提供してくれた!

OEM FACTORY

子供もママも楽しめる人気ブース!

https://www.oem-factory.net/

アウトドアグッズからアメリカン雑貨まで、幅広いアイテムの展示・販売を行ってくれたのがOEM FACTORY。こういったイベントでしか目にすることができないようなグッズが多数用意されていたため、パパだけでなく、子供もママも楽しめる人気ショップとなっていた!


主催:アメ車マガジン編集部
運営事務局:(株)アカネソリューションズ
会場:ふじてんスノーリゾート


特別協賛:Stellantis ジャパン株式会社
出展:MLJ / OEM ファクトリー / Garage-1st / キャルウィング / クワドロペット / KPS PLATE / COSWHEEL E-BIKE / SAVINI WHEELS / JOY-BASE / JOINT / JEPPESEN / ステージフォー / スマイルランド / 星光産業 / タイガーオート / TECH FOUR / トキテック / TOPRANKAZ / NITTO / 日本グッドイヤー株式会社 / 萬祥株式会社 / BFGoodrich / マリブホビーズ / RINEI / WHA コーポレーション


PHOTO:佐藤直貴・浅井岳男・Tomo's PHOTO・清野央・相馬一丈・小出薫平・編集部
TEXT:佐藤直貴・空野稜・石上智章・マーク清原・相馬一丈・小出薫平・編集部

アメ車マガジン 2023年10月号掲載


最新記事


2024/06/20

パーツが少ないキャデラックもウイングオートでカスタム可能

キャデラック

人気が高い車種であるほど、アフターパーツも豊富にある。だがキャデラックの場合そのブランドイメージもあって、カスタムする人は少なく、パーツの選択肢も限られる。だがウイングオートなら、そんな悩みも解決してくれる!

2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

ランキング


2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!