ジープファンは熱かった! 476台のジープが参加したJFM2023

ジープ

アメマガミーティング

イベントレポート

ジープファンミーティング2023

ジープファンミーティング

JFM2023

JFM

ふじてんスノーリゾート

アメ車マガジン誌が主催する初めてのジープイベント「JFM(ジープファンミーティング)2023」が7月2日(日)、山梨県のふじてんスノーリゾート特設会場にて開催された。


アメ車マガジン誌が主催する初めてのジープイベント「JFM(ジープファンミーティング)2023」が7月2日(日)、山梨県のふじてんスノーリゾート特設会場にて開催された。数日前までは「雨」だった天気予報を覆して見事なド快晴での開催となり、合計476台のジープに乗ったファンが押し寄せた。

 

当日は前夜の土砂降りがウソのように、日の出前から快晴の青空が広がり、朝7時にはすでに暑さを感じながら開場準備が進められた。一般入場は10時に予定されていたが、パーツメーカーやプロショップの展示準備が順調に進められたため、それらがほぼ落ち着いた9時過ぎにはゲートオープン。入場口から数十台の列になっていたジープが入場を開始した。



開場前に入場ゲートに並び始めたジープたち。

参加車種としてはやはりCJやグラディエーターを含めたラングラーシリーズが圧倒的に多いが、チェロキー、グランドチェロキー、レネゲードも思いのほか多数の参加が見られ、中には希少なJ10やウィリスの姿もあった。

列をなして続々と入場するジープ。

会場内に愛車を停めた参加者たちは早速仲間と語らい始め、またパーツメーカー、プロショップ、他合計25社の展示が軒を連ねるメイン会場内の散策を始める。メイン会場に並べられたデモカーもラングラーが多いが、プロショップごとにそれぞれの持ち味を込めて作り上げた車両に興味深そうに見入る参加者が多数見られた。

 

もともとの開場予定だった10時を回った頃には参加車両は200台を超え、さらに11時には300台、主催者側が当初に見込んでいた上限に達した。ところが参加車両はその後も止まらず、12時を過ぎたところで400台を超えるに至った。

 

想定外の参加台数となったため、主催者が用意した配布物も底をつき始める。抽選で無料配布していたジープオフィシャルグッズ(ステランティス協賛品)やアメ車マガジンロゴ入りLEDライトは午前中に品切れとなり、昼を回ると、ジープオフィシャル小冊子や今回のために作成したパーキング・パーミットも無くなった。さらに入場口で配布していた主催者制作の小冊子も全部配布済みに。本部に来た参加者に「もう品切れなんです」と伝えると、「あぁ、やっぱり。こんなに来てるからね~」

本誌主催としては初めてのジープイベントだったがイベントの雰囲気はこれまでの本誌のイベントと同様で、参加者には家族連れが多く、小さなお子さんの姿も多数見られた。一方で、複数の犬を連れた参加者は他のイベントより多かった印象だ。

また一緒に来て並んで入場するグループが多かったのも印象的で、黄、赤、緑、青のボディカラーごとに分かれて並んで入場したラングラーのグループは快晴下で見事なカラーバリエーションの演出になっていた。CJのグループやグランドチェロキーのグループなど、10台に満たないグループであっても会場内で並ぶとジープならではの存在感がある。

 

スッキリと晴れ渡った青空に冠雪のない夏の富士山がクッキリと浮かび上がる会場での開催となり、今回のJFM2023は最終的に476台の参加車両を数えることになった。少なくとも近年において、ジープのイベントとして最大の参加台数が集まったのは間違いない。次回の開催が楽しみな新たなイベントがスタートした。




日本最大のジープの祭典「JFM2023」アメ車マガジ初となるワンメイクイベント!

アメ車マガジン初のジープイベントに476台が大集合!会場に集まったユーザーを一気見せ!①

アメ車マガジン初のジープイベントに476台が大集合!会場に集まったユーザーを一気見せ!②

アメ車マガジン初のジープイベントに476台が大集合!会場に集まったユーザーを一気見せ!③

アメ車マガジン初のジープイベントに476台が大集合!会場に集まったユーザーを一気見せ!④


【出展ブース一覧】

MLJ
https://www.mljinc.co.jp/

OEMファクトリー
https://www.oem-factory.net/

Garage-1st
https://garage1st.com/

キャルウィング
https://www.calwing.com/

クワドロペット
https://www.quadruped.jp/

COSWHEEL E-BIKE
https://coswheel.jp/

SAVINI WHEELS
https://saviniwheels.com/

JOY-BASE
https://www.joy-base.co.jp/

JOINT
http://www.joint-offroad.com/

JEPPESEN
https://jeppesen.jp/

ステージフォー
https://www.stage-four.com/

スマイルランド
https://www.smileland.co.jp/

星光産業 AZUTO
https://store.azuto.co.jp/

タイガーオート
https://www.tigerauto.com/

TECH FOUR
http://real-g.com/

トキテック
http://fixjmaxj.com/

TOPRANKAZ
http://www.toprankaz.com/

NITTO
http://www.nittotire.co.jp/

日本グッドイヤー株式会社
https://www.goodyear.co.jp/

BFGoodrich
https://www.bfgoodrichtires.co.jp/

マリブホビーズ
https://www.malibuhobbys.com/

萬祥株式会社
https://www.mansyou.co.jp/

RINEI
https://www.rinei.co.jp/

WHAコーポレーション
https://www.wha.co.jp/

(五十音順)


会場 ふじてんスノーリゾート
住所 山梨県南都留郡鳴沢村字富士山8545-1

HP: http://www.fujiten.net/


文・写真:但野 透


最新記事


2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

ランキング


2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2020/04/14

鹿児島の覇王ホイールズから、令和元年におけるアメリカ最旬トレンドを伝授!

SUV

ハマー

ホイール

AMERICAN 4X4 & TRUCK
HUMMER H2