ジープファンは熱かった! 476台のジープが参加したJFM2023

ジープ

アメマガミーティング

イベントレポート

ジープファンミーティング2023

ジープファンミーティング

JFM2023

JFM

ふじてんスノーリゾート

アメ車マガジン誌が主催する初めてのジープイベント「JFM(ジープファンミーティング)2023」が7月2日(日)、山梨県のふじてんスノーリゾート特設会場にて開催された。


アメ車マガジン誌が主催する初めてのジープイベント「JFM(ジープファンミーティング)2023」が7月2日(日)、山梨県のふじてんスノーリゾート特設会場にて開催された。数日前までは「雨」だった天気予報を覆して見事なド快晴での開催となり、合計476台のジープに乗ったファンが押し寄せた。

 

当日は前夜の土砂降りがウソのように、日の出前から快晴の青空が広がり、朝7時にはすでに暑さを感じながら開場準備が進められた。一般入場は10時に予定されていたが、パーツメーカーやプロショップの展示準備が順調に進められたため、それらがほぼ落ち着いた9時過ぎにはゲートオープン。入場口から数十台の列になっていたジープが入場を開始した。



開場前に入場ゲートに並び始めたジープたち。

参加車種としてはやはりCJやグラディエーターを含めたラングラーシリーズが圧倒的に多いが、チェロキー、グランドチェロキー、レネゲードも思いのほか多数の参加が見られ、中には希少なJ10やウィリスの姿もあった。

列をなして続々と入場するジープ。

会場内に愛車を停めた参加者たちは早速仲間と語らい始め、またパーツメーカー、プロショップ、他合計25社の展示が軒を連ねるメイン会場内の散策を始める。メイン会場に並べられたデモカーもラングラーが多いが、プロショップごとにそれぞれの持ち味を込めて作り上げた車両に興味深そうに見入る参加者が多数見られた。

 

もともとの開場予定だった10時を回った頃には参加車両は200台を超え、さらに11時には300台、主催者側が当初に見込んでいた上限に達した。ところが参加車両はその後も止まらず、12時を過ぎたところで400台を超えるに至った。

 

想定外の参加台数となったため、主催者が用意した配布物も底をつき始める。抽選で無料配布していたジープオフィシャルグッズ(ステランティス協賛品)やアメ車マガジンロゴ入りLEDライトは午前中に品切れとなり、昼を回ると、ジープオフィシャル小冊子や今回のために作成したパーキング・パーミットも無くなった。さらに入場口で配布していた主催者制作の小冊子も全部配布済みに。本部に来た参加者に「もう品切れなんです」と伝えると、「あぁ、やっぱり。こんなに来てるからね~」

本誌主催としては初めてのジープイベントだったがイベントの雰囲気はこれまでの本誌のイベントと同様で、参加者には家族連れが多く、小さなお子さんの姿も多数見られた。一方で、複数の犬を連れた参加者は他のイベントより多かった印象だ。

また一緒に来て並んで入場するグループが多かったのも印象的で、黄、赤、緑、青のボディカラーごとに分かれて並んで入場したラングラーのグループは快晴下で見事なカラーバリエーションの演出になっていた。CJのグループやグランドチェロキーのグループなど、10台に満たないグループであっても会場内で並ぶとジープならではの存在感がある。

 

スッキリと晴れ渡った青空に冠雪のない夏の富士山がクッキリと浮かび上がる会場での開催となり、今回のJFM2023は最終的に476台の参加車両を数えることになった。少なくとも近年において、ジープのイベントとして最大の参加台数が集まったのは間違いない。次回の開催が楽しみな新たなイベントがスタートした。

【出展ブース一覧】

MLJ
https://www.mljinc.co.jp/

OEMファクトリー
https://www.oem-factory.net/

Garage-1st
https://garage1st.com/

キャルウィング
https://www.calwing.com/

クワドロペット
https://www.quadruped.jp/

COSWHEEL E-BIKE
https://coswheel.jp/

SAVINI WHEELS
https://saviniwheels.com/

JOY-BASE
https://www.joy-base.co.jp/

JOINT
http://www.joint-offroad.com/

JEPPESEN
https://jeppesen.jp/

ステージフォー
https://www.stage-four.com/

スマイルランド
https://www.smileland.co.jp/

星光産業 AZUTO
https://store.azuto.co.jp/

タイガーオート
https://www.tigerauto.com/

TECH FOUR
http://real-g.com/

トキテック
http://fixjmaxj.com/

TOPRANKAZ
http://www.toprankaz.com/

NITTO
http://www.nittotire.co.jp/

日本グッドイヤー株式会社
https://www.goodyear.co.jp/

BFGoodrich
https://www.bfgoodrichtires.co.jp/

マリブホビーズ
https://www.malibuhobbys.com/

萬祥株式会社
https://www.mansyou.co.jp/

RINEI
https://www.rinei.co.jp/

WHAコーポレーション
https://www.wha.co.jp/

(五十音順)


会場 ふじてんスノーリゾート
住所 山梨県南都留郡鳴沢村字富士山8545-1

HP: http://www.fujiten.net/


文・写真:但野 透


最新記事


2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

2024/02/22

長年に渡って見続けてきた老舗アメ車ショップにOBS の“イマ”を聞いた【ブルーリバー】

ショップ

1990年代から2000年代初頭のアストロブームと共に、アメ車シーンをけん引してきた関西の老舗アメ車専門店ブルーリバー。OBSの過去と現在を知る有識者として、当時から25年に渡ってブルーリバーを守り続ける代表の山倉氏に話を伺ってきた。

2024/02/21

アメ車マガジンの表紙を飾ったオーナーが営む神戸のダーツバー【DEAR'S】

ショップ

アメ車で乗り付けてジャンクフードを喰らうのが、アメリカンダイナーの醍醐味。しかしアメ車で乗り付けなくとも、お酒を嗜みながらアメ車話に花を咲かせられることもまた貴重。DEAR`sならそれが叶う!

ランキング


2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2020/10/22

東海カーズのマッスルカーを、華やかに彩る「和テイスト」のデザインワーク

ラッピング&ペイント

AMEMAG RECOMMEND ARTIST
遊鷹-Yutaka-

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】