アメマガ×としまえんコラボイベント アメマガミーティングプチ in としまえん ユーザーエントリーカー②

アメマガミーティング

フォトギャラリー

アメマガ2018年9月号

アメマガミーティング

としまえん

会場に並んだ52台のアメ車たちを一気見せ!②


2018年6月3日(日) AMEMAG MEETING Petit 2018 in TOSHIMAEN

会場に並んだ52台のクルマたち その②

_N6I0733
マスタング けあべあさん

サイドのコブラジェットデカールが強烈な存在感を放つ、けあべあさんの2012年型マスタングGT。GTグレードなので搭載エンジンはV8で、このV8サウンドを愛犬メロディも気に入っているそう。次はスーパーチャージャーを搭載する予定でいるんだって。

_N6I0801
H2 じょーじさん

紫ラメにシザードア、そして超絶リフトアップにより会場に訪れたキッズの度肝を抜いていたじょーじさんの2003年型H2。すでにスゴいホイールを履いているが、イベント後にホイールを交換するそうだが、今度はどんなホイールをチョイスしたのかな?

_N6I0819
カマロ なるさん

メッキ部まですべてブラックで統一したスパルタンが際立つなるさんの2010年型カマロ。インテリアにちょっとしたイルミネーションを配したり、24インチのホイールを履いたり、派手だけど落ち着いている絶妙なカスタムを施しているのがステキです。

_N6I1340
フリートライン 小早川優起さん

「まだボロボロなので今後ピカピカにします」という小早川さん。十分ピッカピカだと思うのだが。愛車は、1948年型シボレー・フリートラインエアロセダン。ドライブトレーンは直6 213ciに、フロアシフト3MT+リバースというシブいモノなのだ。

_N6I1415
ベルエアノマド 古田隆行さん

美しいボディがステキ過ぎる古田さんの1958年型ベルエアノマド。エンジンはZZ3 350にスワップ、ハイスピードエアサス、そしてNOSも搭載した本気仕様。ちなみにエアサスのコンプレッサーはリアゲートの補助シートを取り外し、そこに配置しているのだ。

_N6I0926
ベルエア 澤野博信さん

ベースを大切に、できるだけオリジナル状態をキープして乗り続けているという澤野さん。いつ見ても美しい1957年型のベルエアだが、補器類はすべて交換済、ブレーキをディスク化、エアコン、パワーブレーキ、パワステを追加したステキな快適仕様なのだ。

_N6I1008
クーペデビル OGさん

OGさんの愛車は、希少な1956年型キャデラック・クーペ デビル。クルマだけでなく、50'sのカルチャーやインテリアなども大好きってことで髪型も服装もキマってます。エンジンは365ci、スタイルはフロントを1インチ、リアを2インチロワード。

_N6I0961
エルカミーノ マキちゃんさん

396ビッグブロックエンジンを搭載したマキちゃんさんの1970年型エルカミーノ。ハイカムを組んでいるので走りも最高で、愛犬と家族とで週末のドライブが最高の楽しみなのだそう。ワイルドなマッスルカーに乗っても平気なトイプードルって、スゴイのね。

_N6I1086
インパラ ヤカラモーンさん

20歳からインパラは3台目というヤカラモーンさん。パープルのボディにフレイムス、そしてチョップドルーフ(13cm)がいかにもでナイスです。ヘアスタイルも20歳から毎日リーゼント、ロカビリーなライフスタイルを貫いているナイスガイなのであった。

_N6I1047
チーフテン 米澤和博さん

米澤さんの愛車は、1958年型ポンティアック・チーフテン。エンジンはポンティアックGTOの400ciに換装、ソリッドハイカムを組み、3インチチョップトップ、トランク延長、フロントやリア回りをモディファイするなど、スゲェ1台なのであります!!

_N6I1709
インパラ Two Faceさん

1959年型インパラをベースに、フィンを切って上げ、リアの1本バンパーを分割、ベアメタル塗装を施した超絶カスタムカー。この塗装は、グラインダーで塗装面を削り、その上からクリアを吹くという、とても凝ったもの。文句なしにカッコイイっす!

_N6I1137
マグナム マグオさん

ダッジ・マグナムを愛して止まないマグオさんの愛車は2005年型。カーボン製GTウイングとスプリッターを装着してレーシーに仕上がっているのがポイントだ。今後はエアサスを装備して、ラッピングもするそう。何色になるのか楽しみですわ。

_N6I1302
チャージャー ハリさん

「広々としたインテリアで実用性がありながら、走りも気に入っています」というハリさんの愛車は、2008年型チャージャーSRT8だ。6.1?HEMIを搭載、スタイルもブラックとレッドで統一したワイルドな仕様。ミキティの大ファンで、ツーショットを実現。

_N6I1453
ラム ぽちさん

このワイルドなラムのオーナーさんは、なんと奥様! 5.7L HEMIを搭載した2005年型ランブルビーがスーパーやコンビニへの足だというからビックリ!まだ購入して2カ月とのことで、今後モディファイしていくそう。何ともコワモテな買い物クルマ…。

DSC_0835
シボレー・ロードスター 増井さん

1913年型シボレー・ロードスターを愛車としているのは、スーパーアメリカンフェスティバルを主催している増井さん。この日も8/26にお台場で開催する同イベントの宣伝のため会場入り。しかし、この日はとにかく暑かったこともあって、ぐったり気味…。

DSC_0802
C-4500 よっちゃんさん

今回エントリーしてくれた中で一番大きかったのがよっちゃんさんのC-4500だ!! 広場のど真ん中に、しかも真っ赤なボディで目立ちまくり♪ 最近はLEDライトを増設してメイクしているが、いずれはタイヤを大きくしたり、コンピュータをカスタムしたいと。

DSC_0853
タンドラ セッキーさん

「昔からデカいクルマが好きで、免許を取ってからアメ車しか買ったことがない!!」というセッキーさん。愛車はリフトアップしてマッドタイヤを装着し、さらにワイドフェンダーまで装着してファットな装い。なので狭い道は絶対に通れない(笑)。

DSC_0874
タホ タカヤマGさん

今年も遥々石川県から駆け付けてくれたタカヤマGさん。毎度ありがとうございます♪今回はこの日に合わせて傷が目立っていたボディをピッカピカにしてきただけでなく、タイヤも新調!! ちなみにリアのサイズは295/50R15に。最高な1台と自画自賛。

DSC_0925
シェルビー・コブラ だにえるさん

だにえるさんがまだ5歳の頃に、近所のクルマ屋さんでたまたま目にしたのがシェルビー・コブラだったのだが、それを見た瞬間「カッコイイ」と一目ぼれ。その思いを三十年以上変わることなく抱き続けて、昨年遂にかなえたそうだ。まさに一筋!!

DSC_0915
シルバラード 黒川貴雄さん

2017年に引き続いて2018年もエントリーしてくれた黒川さん。愛車はVORTEC MAX 6.0Lエンジンを搭載した2WDモデルの2006年型シルバラード。ステアリングは自身でアメリカから取り寄せ、ナビ&ETCとともに自身で取り付けを行なっている。

DSC_1005
フォード・モデルA 三橋了太さん

RATRODならぬRASTY ROD(自然のサビ具合)が一番のポイントだという三橋さんの1923年型フォード・モデルA。遠方のイベントにも自走で家族揃って参加し、日頃のショッピングまでこなすオールマイティに活躍しているRODマシン。とにかく絶好調!!

DSC_1013
サバーバン BAYCAR'S STREETさん

マットなブルーグリーンのボディにピンストが散りばめられてシャレオツ感満載の1966年型サバーバン。そんな愛車で晴れの日には通勤しているそう。それだと朝っぱらから周囲の視線を独り占めしてるんじゃないっすか? 注目度はハンパなさそう。

DSC_1015
タウンカー・リムジン Jinさん

初代モデルの1989年型タウンカーを愛車としているJinさんだけど、ショートリムジン仕様ということで後部座席の足もとは広々としていてとにかく快適だとか。でも、運転していると味わえないのが玉にきず…。基本ノーマルで、サイドミラーは本国仕様だ。

DSC_1008
1953エルドラド 鈴木崇さん

今回初めて参加してくれた鈴木さんは終始ご機嫌な様子♪天気も良かったしね(笑)。それに子供たちは園内でアトラクションに乗りまくって遊んでいたみたいだし。それにしても愛車の1953年型エルドラドは超絶キレイ。これを15年以上維持し続けている。

IMG_1627
300C ☆RYUSE☆さん

「東京でもっとイベントをやってほしい」という23歳の若きアメ車乗り☆RYUSE☆さんは、3年前からこの300Cを愛車としている。「アメ車以外には乗れない」というアメ車愛にあふれた青年だ。今年の秋にはお台場でamZを開催するのでぜひ参加してほしい!

IMG_1657_
カマロZ28 向井勝次郎さん

この4thカマロに12年半も乗り続けている向井さんだが、実はこれの前の愛車も4thカマロだった! 吸排気、足回りに加えリアウイングとサイドストライプがポイント。一緒に写っているのは「いつかはマスタングに乗る!」という仕事場の同僚の方だとか。


アメマガミーティングプチの様子はこちらから

アメマガミーティングプチユーザーエントリーカーその①


写真/浅井岳男
Text & Photos|アメ車MAGAZINE

アメ車マガジン2018年9月号掲載


関連記事

RELATED


遊園地とアメ車のコラボレーション アメマガミーティングプチ in としまえん ユーザーエントリーカー①

会場に並んだ52台のアメ車たちを一気見せ!①

アメマガミーティングプチ in としまえん 2018年もとしまえんがアメリカに染まる! 真夏のような天気で大盛況!

アメマガ×としまえんコラボイベント「アメマガミーティングプチ」が2018年も開催!

2017.9.24(Sun) アメマガミーティング・プチ in としまえん カルーセルエルドラド生誕110周年記念

遊園地の中にアメ車やショップブースが並ぶという、今までにない画期的なイベントとして、2008~10年に掛けて開催された「アメマガミーティングinとしまえん」が、7年ぶりに「アメマガミーティング・プチ」として復活! その模様をレポートしよう!

アメマガミーティング in としまえんが、7年ぶりに「アメマガミーティング・プチ」として復活!

アメ車普及活動の意味合いもあった今回のイベントには、限定で52台のエントリー車と、13のショップが出展してくれた。

2016.03.27(Sun) アメマガミーティング in 神奈川 大磯ロングビーチ駐車場

2016年に大磯ロングビーチパーキングエリアで開催された「アメマガミーティング」。その年の第1回目ということで、300台を超えるアメ車が集まり、神奈川のアメ車熱の高さを見せつけた!アメ車以外にも欧州車や日本車が会場を彩り、フードトラックや物販などのブースも多く、来場者を視覚的にも大いに楽しませてくれたイベントの内容を余すことなくご紹介しよう。

 

最新記事


2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

ランキング


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger