遊園地とアメ車のコラボレーション アメマガミーティングプチ in としまえん ユーザーエントリーカー①

アメマガミーティング

アメマガミーティング

としまえん

フォトギャラリー

アメマガ2018年9月号

会場に並んだ52台のアメ車たちを一気見せ!①


2018年6月3日(日) AMEMAG MEETING Petit 2018 in TOSHIMAEN

会場に並んだ52台のクルマたち その①

IMG_0785
エクスプレスT hunderbird-sさん

2017年家族と参加し、子どもたちから「また行きたい!」とお願いされて、今回も参加。クルマはボンネットにブラックのフィルムを貼って衣替え。普段はクルマに興味のない奥様が作業を手伝ってくれたのが、嬉しかったようだ。2019年は4人目の子供と参加!?

IMG_0844
300C りちゅーさん

「今日が20代最後の日なので楽しみます!」と、明日が誕生日のりちゅーさん! でも、30代も楽しいことが沢山あるから大丈夫! シンプルカスタムを目指す300Cは、ホイールをジオバンナ22インチ、エアサスではなくスキッパーのハイドロを搭載。

IMG_0830
300S TAIKIさん

「カスタムのほとんどをDIYでやってます!」と言うけど、てっきり色塗りぐらいかと思ったら、フロントリップやマフラーを自作しているというから凄い! ホイールはフォージアート22インチ。彼女募集中! あれ? お隣の方はどなたでしょ?

IMG_0802
エクリプススパイダー KENさん

オーディオフルカスタム、アンダーネオン、エアサスと、見どころ満載の通勤車でもあるエクリプススパイダー。でもKENさんの自慢は若くて可愛い彼女。はい、ご馳走様。他に300も所有していて現在カスタム中。2019年はその300で参加する予定?

IMG_0865
タンドラ LCS.yocchinさん

「今日が最後です…」というから、まさか手放すの? と思ったけど、今日のイベントを最後にこれからカスタムをリメイクしていくとか。とりあえずブルーのラッピングを剥がして…。その後は2019年にでも披露してくれると思うので期待しましょう!

IMG_0897
300 なおじろうさん

「爽やかにまとめたスタイル」というけれど、LBパフォーマンスのフルキット、フォージアート22インチ、同グリル、CSD8ポット特注カラーを組む。「シンプル」とか「爽やかに」とか言う人に限って、ガッツリカスタムしてるんだよね(笑)

IMG_0911
サバーバン 山崎太一郎さん

渋いガンメタのボディカラーは「実はマスタング純正色です…」と、シボレーユーザーらしからぬ言葉(笑) 「でも魂までは売ってません!」とフォロー。奥さんにばれないように、少しづつリフトアップしていく構想を持つ。どこまで上がるか楽しみだね~。

IMG_0958
ナビゲーター はなさん

会場に色んなクルマが並んでいたけど、来場者の多くが写真を撮っていたのが、このナビゲーター…の上に乗るゴリラです(笑)。DUBの26インチ、6本出しマフラーもゴリラには勝てず…。お子さんが遊園地をかなり満喫していたようで、良かったです!

IMG_0986
300C mie300Cさん

2017年に続いて参加してくれたmie300Cさんだけど、今回は何やら写真NG。理由を聞けば…なるほど。2017年一緒に来た方が…。やめましょうこんな話はね。新しい出会いがありますように! クルマはストロボが追加されたり、メッキミラーになるなどプチ進化。

IMG_1006
エスカレード 清水悠貴さん

ネクストネーションのエアロにローダウン。ホイールもネクストネーションの26インチを装着するなど、エスカレードらしい重厚感あるスタイル。それよりも気になったのが清水さんのマッチョな体。彼女もその体には「?」らしい。筋トレしようかな。

IMG_1054
ラムバン はなさん

とにかくアメ車が大好きなお子さんたち。写真撮影をぐずっているお兄ちゃんは、早く雑貨ブースに行ってミニカーを見たいから(笑) プリウスは知らなくてもプリムスは知ってるほどアメ車が好きなんだって。ミニカーはもう300台のコレクション!

IMG_1117
タホ kazu9393さん

小さい頃から遊びに来ていたとしまえん。そして開催当日が誕生日。運命を感じてエントリーしたというkazu9393さん。ギブソンのデュアルマフラーがお気に入りで、家族でのんびりドライブするのが一番楽しい時間とか。夢は北海道一周旅行だって。

IMG_1139
アストロ 高橋直樹さん

特殊なボディカラーとしては、本日一番であろう高橋さんのアストロ。しかもこのボディはDIYでやったといい、キャンディレッド、ラメ入りのラップ塗装。車内も大理石調に変更しているなど、かなりアグレッシブなスタイル。来場者もびっくりだ。

IMG_1157
マグナム 蒲生の大ちゃんさん

2017年開催時に購入したダッジのキャップがお気に入りで、もはや大ちゃんのトレードマーク。でも松葉杖の姿は痛々しすぎるね…。それでも遊びまわる元気は一杯。食欲も相変わらず人一倍(笑)。クルマは現状をキープ。そろそろカスタムする?

IMG_1167
アストロ じいちゃんさん

期待はしていなかったけど、やっぱりアンケートは空欄。ようやく書いても「オーナーが可愛い」とだけ。ピットインアクツさんが頑張って製作したオーバーフェンダーのことには一言も触れず…。もうちょっとクルマをアピールしてもいいんじゃない?

IMG_1184
エクスプレス エイトマンさん

カーイベントに慣れていない来場者の家族が勝手にクルマに乗り込むなど、チョットした事件もあったエクスプレス。ただ、女子学生達が同じようにクルマに乗り込むと、一転して笑顔で「いいよ~沢山写真撮って~」と。心が広い? いや、エロいだけ。

IMG_1199
アストロ ゆう様さん

2018年も参加を楽しみにしていたというゆう様ファミリー。アストロ乗りって、家族で楽しむ人がホント多いイメージだよね。今回の参加に合わせリアスポイラーを追加。「アストロのこんなパーツを今も売ってるのはアクツさんだけだよね」と笑顔で語る。

IMG_1231
アストロ ピットインアクツさん

来場者が必ず足を止めて隅々まで観察するのが、ピットインアクツさんの和風アストロ。これを見て無反応な人はいませんよね。バージョン2製作も募集中!? ところで阿久津社長は、この天気もあって朝から乾杯。お昼過ぎにはゴロンしてました(笑)

IMG_1260
カマロ 我妻祐樹さん

カマロの50thアニバーサリーエディションとは、またいいクルマを手に入れましたな。ちなみに彼女に意見を聞くと「イケメンです。クルマが。クルマに惚れました」とケロリ。彼抜きで写真を希望したので撮りましたけど…。これには彼もボー然。ガンバ!

_N6I0454
コルベット タッキーさん

1972年型コルベットを所有するタッキーさんは愛車とは11年の付き合い。過去に様々なトラブルに遭遇したが不死鳥のごとく復活してきた。実は今のエンジンで3機目だそう。5年くらいでドアミラーが緩くなってしまうそうで、紐で固定していたりする。

_N6I0478
コルベット コルビー君さん

コルベット歴18年となる生粋のベット乗りのコルビー君さん。「アメ車=燃費が悪いイメージですが普段乗りの日本車よりも高速走行は燃費良かったりします」というように、こんなステキなクルマでも維持するのはわりとイージーらしい。C3ステキ過ぎ!

_N6I0661
シェルビーGT500 帰ってきたふくろうおじさん

「2017年のアメマガミーティングプチで宣言したようにボンネットを交換しました!」とのこと。カーボンブラックにレッドのピンストのレーシングストライプも引き直し、よりアグレッシブになって戻ってきてくれました。大人が乗るスポーツカーってカンジ!

_N6I0566
チャレンジャー challenger5700さん

往年のプリマス・クーダを意識したサイドのHEMIビルボードがビンテージマッスルの雰囲気を出している2012年型チャレンジャー。サクソンレーシング製のワンオフマフラーやSTOP TECHブレーキシステムなど、スタイルも機能もナイスな1台なのであります!

_N6I0583
チャージャー Charger SRT8 kiyoさん

レッドボディにホワイトストライプがキマっているkiyoさんの2008年型チャージャーSRT8。kiyoさんは、右のchallenger5700さんの奥様。夫婦でMoparってカッコ良過ぎ! サクソンマフラーとサンコンサインズが描いたラットフィンクがステキ。

_N6I0522
チャレンジャー ゆいなさん

チャレンジャーオーナーになって早1年半のゆいなさん(27歳)。純正ホイールのスポーク部をボディカラーと同じプラムクレイジーにペイントし、いいアクセントに。そしてサクソン製の可変バルブ付きのワンオフマフラーが良い音を奏でてました!

_N6I0631
スーパーセブン suxon.akiraさん

このスーパーセブンはサクソンレーシングの社長の愛車。ということで自分で作ったマフラーがポイント。素材にはタコ足はチタン、タイコはF1マシンなどに使用されるインコネルを使っているというから驚き。エンジンはフォード製1.7L 直4フルチューン!


アメマガミーティングプチの様子はこちらから

アメマガミーティングプチユーザーエントリーカーその②


写真/浅井岳男
Text & Photos|アメ車MAGAZINE
アメ車マガジン2018年9月号掲載


関連記事

RELATED


アメマガ×としまえんコラボイベント アメマガミーティングプチ in としまえん ユーザーエントリーカー②

会場に並んだ52台のアメ車たちを一気見せ!②

アメマガミーティングプチ in としまえん 2018年もとしまえんがアメリカに染まる! 真夏のような天気で大盛況!

アメマガ×としまえんコラボイベント「アメマガミーティングプチ」が2018年も開催!

2017.9.24(Sun) アメマガミーティング・プチ in としまえん カルーセルエルドラド生誕110周年記念

遊園地の中にアメ車やショップブースが並ぶという、今までにない画期的なイベントとして、2008~10年に掛けて開催された「アメマガミーティングinとしまえん」が、7年ぶりに「アメマガミーティング・プチ」として復活! その模様をレポートしよう!

アメマガミーティング in としまえんが、7年ぶりに「アメマガミーティング・プチ」として復活!

アメ車普及活動の意味合いもあった今回のイベントには、限定で52台のエントリー車と、13のショップが出展してくれた。

2016.03.27(Sun) アメマガミーティング in 神奈川 大磯ロングビーチ駐車場

2016年に大磯ロングビーチパーキングエリアで開催された「アメマガミーティング」。その年の第1回目ということで、300台を超えるアメ車が集まり、神奈川のアメ車熱の高さを見せつけた!アメ車以外にも欧州車や日本車が会場を彩り、フードトラックや物販などのブースも多く、来場者を視覚的にも大いに楽しませてくれたイベントの内容を余すことなくご紹介しよう。

 

最新記事


2024/06/20

パーツが少ないキャデラックもウイングオートでカスタム可能

キャデラック

人気が高い車種であるほど、アフターパーツも豊富にある。だがキャデラックの場合そのブランドイメージもあって、カスタムする人は少なく、パーツの選択肢も限られる。だがウイングオートなら、そんな悩みも解決してくれる!

2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

ランキング


2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!