amZ 2020に集まったユーザーエントリーカーを一気見せ その③

amZ

アメマガ2021年1月号

フェスティバルウォーク蘇我

amZ 2020

アメマガミーティングZ 2020 エントリーユーザーカー その③


_N6I5591

CHEVROLET ASTRO
グリーンさん

以前と同じに見えるけど2カ月かけルーフをペイント
アメマガキャラバンやamZの常連と言える、グリーンさんのアストロ。ローダウンやドアノブスムージングを以前から施すが、amZのために2カ月かけてボディの上半分をリペイントしてきたそうなのだが、う〜ん、これはもうオーナーしか違いはわからないかも…。

_N6I5620
CHEVROLET ASTRO
chot rod 44さん

敢えて大径ホイールでなくムッチリタイヤをチョイス
「クルマも愛車もムッチリ中年太り」と自虐ネタを披露するchot rod 44さん。アイスブルーのカスタムペイントに、特注のピンクブラでフロントマスクを強調。ケツ上げスタイルにサイド出しマフラーもナイス! 15年所有するが、まだまだ美しいコンディションをキープしてますな。

_N6I5636
CHEVROLET ASTRO
AKIRAさん
新車当時のスタイルにこだわったカスタム
AWDのパネルバンをベースに、往年のスタイルでカスタムを実施。ホイールはアストロが新車で販売されていた当時モノのエンケイバハを装着。サイドマフラーも配管済みで、敢えてルーフレールを残しているのがポリシーと語る。極上な旧マスクは貴重なので大事に乗り続けてください♪

_N6I5656
CHEVROLET ASTRO
紅雲さん

エンジンスワップなどを施して見事に復活!
4年放置していたアストロを、ここまで復活させた紅雲さん。ベースは93年モデルだが、95年モデルのエンジンにスワップして、MSDやへダース、ファンネルタイプのエアクリーナーを装着。見えないけどヘッドカバーも赤くペイントするなど、とにかくこだわってます!

_N6I5675
TOYOTA TUNDRA
CONさん

大きなタンドラをより大きくカスタマイズ
アウトドアで活躍できるよう、オーバーランドスタイルにカスタマイズ。サスペンションはKINGに変更して3インチのリフトアップ。まさに“ 頼れる相棒”って感じ満載。購入して5年半が過ぎたそうだが、未だに同じ色のタンドラとすれ違ったことがないそうだ。

_N6I5703
TOYOTA FJ CRUISER
ピンクパンサーさん

見た目だけでなく細かなチューニングも実施
人生のアガリのクルマとしてFJをチョイスしたピンクパンサーさん。足回りは3インチリフトアップするとともに、35インチのトライエースを装着して四駆スタイルに。オーディオの音質向上だけでなく、走りにも効果があると言われるアイスフューズも装着済みだ。


_N6I5738
DODGE RAM
mino,b さん

メッキアイテムを追加してアメ車らしさを強調
バンパーやグリルのメッキ部分に合わせるように、サイドステップやホイールもクローム系をチョイス。2002年型のラムを購入して8年目だそうだが、年数をまったく感じさせないほど良好なコンディションをキープしている。ブラックアウトしたヘッドライトが悪そうな雰囲気を醸し出す。

_N6I5761
LINCOLN NAVIGATOR
ムラさん

FORDジャパンが最後に登録した正規モデル!
エコノラインには23年乗り、ほかにもエスケープ→エクスプローラー→ナビゲーターと乗り継ぐムラさんは大のFORD党。2016年にこのナビゲーターを購入したが、カスタムする必要がまったくなく、大満足しているそうだ。ナビゲーターも愛犬たちと似ている様に見えるのは目の錯覚!?

_N6I5783
CHEVROLET ASTRO
ヅメさん

派手な外観に目を奪われるが足回りにもこだわる
フレイムスパターンのオリジナルペイントが特徴的な、ヅメさんのアストロ。その見た目に圧倒されがちではあるけれど、実は足回りをビルシュタインの減衰力調整式に変更するなど、走りのパフォーマンスにも磨きをかけているのがポイントだったりすることは意外と知られていない。

_N6I5803
CHEVROLET ASTRO
まるさん

スタイリングだけでなくメンテナンスも重視
ダークパープルにリアルなフレアを描いたまるさんのアストロ。サスペンションはエアサスに変更し、ミッションやデフ、ラジエター、点火系など、ひと通り交換してリフレッシュを図っている。外見だけでなく、安心して走れることも重視しなければ、アメ車ライフを楽しめませんからね。

_N6I5826
GMC SAFARI
コロットじいじさん

エアサスでコダワリの低さを追求する!
プロジェクターヘッドライトや自作のLEDパークシグナル、それにローダウンを施しているが、比較的シンプルなスタイル。ラゲッジ部分はエアサスのタンクやコンプレッサーなどで埋め尽くされるが、カバーを装備することで荷物の積載能力を損なわないのもポイントだ。

_N6I5841
GMC SAFARI
コロットJrさん

親子二代で2台のサファリを楽しむ!
上で紹介しているコロットじいじさんと、親子でサファリを楽しむコロットJrさん。サスペンションはエアサスに変更し、22インチホイールを装着。シンプルな外観とは対照的に、インテリアはパープル&バイオレットで統一する。2019年は乗って来れなかったけど、2020年は来られたね。

_N6I5859
DODGE CHALLENGER
なぎっちさん

取り付けから整備まで全てDIYで実施!
ラグジのフェンダーにワンオフパーツを組み合わせ、さらにGTウイングも装着するなぎっちさんのチャレンジャー。整備士なので取り付けはすべてDIYでできるそうで、しかもステアリングボスまで自作してしまうほどだ。めちゃめちゃ本業ならではの力を発揮してますね。

_N6I5874
GMC SAFARI
リサッペさん

自分と同い年の稀少なモデルを先月購入!
稀少なレインボースターコンバージョンがベースで、エアサスやエアロ、メーター類を追加するサファリ。そんな愛車はリサッペさんと同い年。であれば愛着も沸いちゃうよね。メンテナンスやカスタムは、もちろんご主人のなぎっちさんが喜んで実施してくれるそうだ。

_N6I5896
TOYOTA TUNDRA
Junさん

アメ車に乗る夢がお告げとなりタンドラをゲット
20歳の頃からトラックに憧れていたが、中々決断できなかったと語るJunさん。そんな悶々とした日々のなかで、ふとアメ車の夢を見た。その直後に逆輸入車専門店で愛車となるタンドラを見て即決!いずれはオールペンを実施したいとも語ってくれた。

_N6I5931
FORD F-250
ASA-YAN01さん

大きくて目立つ! それが最大の魅力!
「150は見かけるが250はすれ違うことがないレア感が最高」と話すASA-YAN01さん。そんな250は元々大きいのにさらに7インチリフトアップし、37インチのオープンカントリーM/Tを装着。もちろん電動サイドステップを装備しているのはいうまでもない。

_N6I5961
CHEVROLET CAMARO
ジャンブルビーさん

現行型を早くもガルウイングにアレンジ
映画「トランスフォーマー」を観てカマロに憧れを抱き、いつか乗りたいと思っていたそう。愛車の一番のポイントはてっきりガルウイングかと思ったが、直列4気筒なのにマルチシリンダーを搭載するアメ車の味を持っているところがお気に入りポイントだと語ってくれた。

_N6I5977
TOYOTA TUNDRA
ジャックさん

キャンプ道具や3頭の愛犬もストレスなく乗れる
元々2015年型のタンドラに乗っていたが、1794エディション&スモークドメスキートのカラーに惹かれ、乗り換えを実施。6インチリフトアップしていることで下回りが気になり、よく見える部分なので足回りにもラメ入り塗装を施して、ボディカラーとのマッチングを図っている。

_N6I6008
CHEVROLET C-10
tatsukiさん

シンプルな外観だが心臓部はグレードアップ
お父さんがベルエアに乗っていたこともあり、2年半前にこのC-10を購入したというtatsukiさん。シンプルなホワイトのエクステリアとは対照的なターコイズの内装は、海が似合う。エンジンはTPI305にコンバージョンしてあり、ポテンシャルアップも図る。

_N6I6025
CHEVROLET EL CAMINO
牧野聖司さん

一緒に行く代わりにおねだりした娘と叶える父(笑)
いつもは愛犬と一緒に参加している牧野さん。今回はお嬢さんが一緒に来てくれたそうだが、帰りに買って欲しい物があるとか。お嬢さんは一体何が欲しかったのだろう?ちなみに愛車のエルカミーノは1970年型で、396ビッグブロックを搭載しているのがお気に入りのポイントと話す。

_N6I6042
DODGE CHALLENGER
METAL-MAXさん

チャレンジャーをミックミクにしてやんよ!
チャレンジャーをベースに、グッドスマイルレーシングのレプリカマシン仕様の痛車にアレンジ。ベースはGSS Mr Norms50thアニバーサリーモデルなのだが、その面影はどこにも見当たらず。実はC5の痛車も所有しているそうで、そちらはどんな仕様なのか見てみたい。

_N6I6061
CHEVROLET CORVETTE
きょさん

クルマとご主人とトンカツと玉ねぎが大好物!
半年前に、ご主人から結婚のプレゼントとしてこのC5を貰ったというきょさん。比較的シンプルに見えるけれど、インテリアの照明はピンクだったり、スナイパーレーシングマフラーを装着していたり。C5を大事にするだけでなく、ご主人も大切にしてあげてくださいね(笑)。

_N6I6095
LINCOLN TOWNCAR
しーまさん

不動になるまで痛車仕様で乗り続ける予定!
正規輸入モデルを4年前に購入し、ヘッドライトをUS仕様に変更した以外はほぼノーマル。とは言うものの、左右と後ろにラッピングを施して痛車仕様にアレンジしてあったり。そもそもレアなクルマではあるが、痛車のタウンカーは日本に1台だけかもしれない。

_N6I6110
CHEVROLET C-10
Dainao Garage さん

カスタム車が多いので敢えてノーマルに近づける
アメ車に限らずクルマというものは不思議なもので、デビュー直後はみんなカスタムしがち。だがその後個体数が減るにつれ、ノーマルに戻す傾向が強い。DainagoさんのC-10もそんな1台で、ノーマルに近づけるカスタムを進行中とのこと。そういえば誰かがノーマルが一番って言ってたなぁ。

_N6I6132
CHEVROLET ASTRO
松本さん

保護アストロを救済し個性的にカスタマイズ
スクラップになりかかっていたアストロを救済し、DIYでキャリアからバンパーまで、様々なカスタムを実施。イメージしたのは働くクルマで、今後さらに進化させる予定。ちなみにレカロシートは前夜に突貫工事で装着したものだそうだ。このバンパーはなかなか良いじゃないっすか!

_N6I6154
FORD F-100
冨田貴行さん

まるで新車のようにレストアされた珠玉の1台
「まあまあ綺麗」と謙遜して愛車のアピールポイントを書いてくれた冨田さんだけど、「結構キレイ!」の間違いじゃないと思うほどの仕上がり。シートもリフレッシュされており、ヘッドレスト部分に整然と並ぶコーラの缶が、真っ赤なボディと見事にマッチしていてナイス!

_N6I6167
FORD F-250
かずさん

アメ車の中でもさらに規格外のサイズを実現!
確かにデカイけど前に乗っていたダッジバンの方が車高が高かった…と語るかずさん。ラフカントリーのキットでリフトアップしているだけでなく、22インチのFUELホイールに37インチのX COMP M/Tを組み合わせ、圧巻のボディサイズを実現する。バギーも積んでワイルドだね~。

_N6I6197
HUMMER H2
ユウさん

デカイこととワンオフパーツで更に個性を強調
キャンプやサバゲーに乗って出かける機会が多いと語るユウさん。そのためにルーフラックを装着したり、H1を彷彿とさせるボンネットまでカバーするグリルガードをワンオフで製作したりしている。テールゲートには様々なサバゲー関係のステッカーを装着。

_N6I6222
HUMMER H2
まこっさーんさん

オフを意識して各部をブラック系で統一する
ラグジュアリーでなく、オフロードで映えるスタイルでカスタム。2004年モデルがベースだが、後期用パーツを装着。また、背面タイヤを装着するなど、ほかに類を見ないスタイル。ちなみに愛車はハーフレザーシートが純正で装着されていた稀少車だったりする。

_N6I6238
GMC C-1500
原 裕司さん

走行距離はわずか37000マイルという極上車!
アメ車が大好きで、これまで30年以上乗り続けてきたという原さん。これまでの愛車は基本的にローダウンスタイルで、このC-1500もシンプルにカスタムされており、20インチのアメリカンレーシングとフェンダーのかぶり具合が絶妙と言える仕上がりだ。

_N6I6268
CHEVROLET C-10
カズさん

NEWエンジンに載せ替え新車同然の仕上がり
ベース車両は1986年モデルだが、外装はガンメタブルーにペイントされ、フロントサスペンションはRide Techに変更し、エンジンも350の新品にコンバージョン。エクステリアだけでなく走りもリフレッシュしており、各部のビレットパーツさながら、新車の様なピカピカな乗り味を満喫。

_N6I6280
CHEVROLET C-1500
沢田 律さん

トラックが大好きでC-1500とC-10を所有
1993年モデルのC-1500に15年間乗り続けている沢田さん。ショートベッド&レギュラーキャブのトラックがとにかく大好きで、実はC-10も所有する筋金入りのトラックマニア。シャイアンマスクや敢えてスチールホイールを装着するなど、シンプルにまとめている。

_N6I6299
CHEVROLET BLAZER
まじさん

38インチタイヤを履く巨大でワル顔なK5
購入してまだ1年だというが、一目見たら忘れられないほどの存在感を放つK5。4インチのリフトアップを行ない、何と38×15.5R15のMTタイヤを装着。さらにファントムグリルも特徴的で、車高の高さと相まって、もはや威圧感しか感じられないでしょ(笑)。

_N6I6322
PONTIAC FIREBIRD TRANS-AM
KAZUYAさん

トランザムをこよなく愛しこの車両は通算4台目!
92年モデルがベースで、90年モデルのGTA用エンジンに載せ替えを実施。各部にメカチューンを施し、スタイルだけでなく走りも楽しむ。実はトランザムは4台目だそうで、ほかのアメ車を購入しても、トランザムは常に所有しており、それほどまでに愛している。

_N6I6348
FORD F350 SUPER DUTY
324 ぴえん64さん

デカイだけでなくビルシュタインショックも装備
「ほかの人と被らない!」ということでF-350を選んだ324ぴえん64さん。確かに150を選ぶ人はいても350を選ぶ人はそうそういません。それに「キャンプに最適」とのことで、ベッドにはたくさんのキャンプ道具が積められそう。この際トレーラーを引っ張ってみては?

_N6I6367
CHEVROLET SILVERADO
ヒーボーさん

外装はほぼノーマルだが35インチタイヤでアピール
以前は2010年モデルのシルバラードに乗っていたが、2年半前にこの2016年モデルにチェンジ。奥様的には違うクルマにしたかった様にも感じられたが、ヒーボーさんはそんな声をシャットアウトするためにARIESのサイドステップを装着して家族にも優しい仕様を目指す。

_N6I6384
FORD SPORT TRAC ADRENALIN
BATAPYさん

コンセプト通りにスーパーチャージャーを装着したい
かつてコンセプトカーとして登場したアドレナリンは、スーパーチャージャー付きのホットな仕様。だが市販車はかなりデチューンされていたので、とりあえずローダウンを実施。いずれは過給器の装着も目指し、真のアドレナリンにしたいそうだ。2021年にはその姿が拝めるかな…なんて(笑)。

_N6I6406
HUMMER H2
タカ兄さん

さりげなくツートンにペイントし個性を引き出す
ブラックをベースに、フェンダーやバンパーの中央部分などをパープルでペイント。内装はカモフラ柄にアレンジしているのだが、それらはほとんど自作によるものというのがさらに驚き。さらに足回りは2.5インチリフトアップして、レアなg-FORCE T/Aを装着する。

_N6I6419
HUMMER H2
ひぃさん

H2はもう一度乗りたくなるほど楽しいクルマ!
H2を一度降りたものの、それから1年が過ぎた頃にH2が一番楽しいことを再認識。なのでこの2004年モデルを購入したと話すひぃさん。ランチョのキットで8インチリフトし、サブフレームなどをレッドにペイント。見ての通り、ガルウイング化も施す。

_N6I6448
HUMMER H2
チャミさん

クルマも靴も時計もすべてゴールドでゴージャスに!
「誰もマネしないカスタム!」ということで、ゴールドメッキでフルラッピングを施した、チャミさんのH2。ちなみにホイールサイズは26インチだが、しっかりゴールドでコーディネイトされているので、ある意味突き抜けた感を醸し出している。何だか拝みたくなってしまいそうだ(笑)。

_N6I6467
HUMMER H2
渡辺大貴さん

美しさを保ち続けることで年数を感じさせない
綺麗なところがアピールポイントと語る、渡辺さんのH2。ブラックにクロームを組み合わせるのは定番のスタイルではあるが、リムのカラーにホワイトを選ぶことで個性的に見せるだけでなく、サイズ以上に大きく見せることにも成功。色の組み合わせも美しさの1つと言える。

_N6I6483
HUMMER H2
やまとさん

8年乗ってもまったく飽きないところがH2の魅力
ローダウン&ワイド化することで、ラグジュアリー感を強調させたやまとさんのH2。ホイールはFUELでブラック×レッドのカラーがシャレオツ。さらにはグリルなどに合わせてメッキのサイドステップを追加し、マフラーには可変バルブが付いているなど、イマドキのカスタムを施す。

_N6I6499
HUMMER H2
かずはるさん

シンプルだけど一通りやる事はやってます!
元々28インチのビッグリムを装着していたが、敢えて20インチに変更し、MTタイヤを組み合わせたかずはるさんのH2。ノーマルっぽく見せているが、ローダウン&ワイドなスタイルに変更し、H2では定番とも言えるガルウイング化を実施。さり気なくも、しっかりカスタムしてます。

_N6I6526
HUMMER H2
てっちゃんさん

こだわりのショックで高さだけでなく乗り味も追求
購入して14年目を迎えるてっちゃんさんのH2。6インチものリフトアップを行ったことで、40×13.5R22のマッドグラップラーを装着可能としている。そんなド迫力のルックスに目を奪われがちだが、ショックはオーリンズのサブタンク付きで、走りも重視する。

_N6I6568
HUMMER H2
そ〜ちょうさん

6年乗っているけどなぜか楽しいし飽きないクルマ
白のボディカラーに合わせ、ホイールもカラーコーディネイトを実施。ボディの各部に配されたメッキパーツに合わせて、リムもクロームをチョイス。ヘッドライトベゼルや各部のステッカー類も赤で統一されているので、非常にまとまりの良さが感じられる仕上がり。

_N6I6573
CHEVROLET SUBURBAN
今田秀一さん

USポリスをイメージしたスタイルにアレンジ
リフトアップにグリルガードを追加して、ひと回り大きな雰囲気を見せる今田さんのサバーバン。非常にワイドなオーバーフェンダーを装着していることで、14Jのリムの装着を可能とする。ちなみにクロームは日本に在庫がなく、わざわざアメリカから取り寄せたそうだ。

_N6I6602
CADILLAC SERIES 60 SPECIAL
中山雄司さん

美しくレストアされて60年の歳月を感じさせない
1年ほど前にフロリダで見つけて輸入した中山さんのキャデラック。エンジンは346のV8で、3MT。もちろん重ステだが、エンジンのオーバーホールを実施した時に、エアコンも追加。今までが嘘のように、非常に快適なクルマになったとご満悦の様子だ。

_N6I6622
CHEVROLET CAMARO
コイさん

他を圧倒する強烈な加速に惚れ込み購入を決意
以前はマスタングのV8 に乗っていたそうだが、1年前にこのZL1に乗り換えたというコイさん。そんな愛車の最大の魅力はズバリ6.2ℓ+スーパーチャージャーの怒涛の加速。ちなみに御歳66歳だそうだが、好きなものに年齢は関係ないってことですね。


amZ 2020に集まったユーザーエントリーカーを一気見せ その①
amZ 2020に集まったユーザーエントリーカーを一気見せ その②
amZ 2020に集まったユーザーエントリーカーを一気見せ その③
amZ 2020に集まったユーザーエントリーカーを一気見せ その④  


開催日:2020.09.27.SUN
会場:ハーバーシティ蘇我フェスティバルウォーク
主催:アメ車マガジン編集部
運営:(株)アカネソリューションズ


PHOTO:浅井岳男・Tomo's PHOTO・清野央・編集部
TEXT:空野稜・石上智章・マーク清原・編集部
アメ車マガジン 2021年 1月号掲載  


×