理想のスタイルと走りを 実現したオンリーワン!【amZ2020 AWARD 1st PRIZE 2015 FORD MUSTANG】

amZ

amZ 2020

アメマガ2021年1月号

フェスティバルウォーク蘇我

アメマガミーティングZ 2020 アワード受賞車輛


AWARD 1st PRIZE

2015 FORD MUSTANG

owner:本間淳一さん

amZ2020の栄えある1位に輝いたのは、2015年型のマスタングに乗る本間純一さん。2019年に続いて2年連続で参加してくれたが、実は本間さんのお住まいは北海道!フェリー&自走で、2020年も函館から駆けつけてくれました!もちろん愛車への熱意も伝わったからこそ、今回の栄誉を手にしたと言えよう!

エッジカスタムズでシェルビー並みの存在感!

_N6I7948

北海道の函館から、片道約900kmをかけてamZに参加してくれた本間さん。2年連続で来てくれたことに、まずは感謝したい。さて、本間さんの愛馬は、2015年型のマスタング50周年アニバーサリーモデル。エクステリアは本誌でお馴染みのラグジ・エッジカスタムズのエアロパーツを装着し、毒蛇に食ってかかろうとする獰猛なスタイルにアレンジ。

_N6I7802

随所にあしらわれた、爪痕もマスタングの雰囲気にマッチしている。また2枚のドアはガルウイング化されており、これはもう野生馬と言うよりも暴れ馬と表現した方が正しいかもしれない。

事実、心臓部を見てみると、2.3ℓのエコブーストでありながら、インテークパイプの変更やCOBBのコンピュータチューニングを施すことで、397hp&410lb‐ftまでポテンシャルを引き上げている。足もとは軽さと強靭さを追求し、ワークのエキップE05をチョイスし、見た目だけでなく機能も追求。

マッスルカーとしての真髄を、決してスポイルしていないところも魅力と言える。ちなみに本間さんの今後の目標は、スーパーチャージャーを追加し次回のamZに参加することだとか。前人未踏の連覇を果たすのか?そしてそれを阻むのは誰なのか?次回のamZは、もうまっているとも言えるのだ。

エアロパーツはすべてラグジのエッジカスタムズをチョイス。車高の調整はエアフォースのエアサスを使用。ホイールはWORKのEQUIP E05でフロント11J、リア13Jを装着。マフラーはBorla をチョイスしており、なかなかの爆音を奏でる。ちなみに構造変更は取得しており、胸を張って公道を走れる仕様だ。

_N6I7712

2.3ℓのエコブーストエンジンをベースとし、アルミ製のインテークパイプに交換することでアクセルレスポンスを向上させる。またCOBBのコンピュータチューニングを実施することで、パワーが25%、トルクは30%近くアップ。排気量からは想像もできないほどのハイパフォーマンスを実現しているので、下手に挑発などすると返り討ちに遭うこと間違いなしだ。

3M7A1340

表彰式の会場に現れたマスタングと本間さん。ガルウイングを上げて登場したら、そりゃ喝采が沸き起こるってもんですよ!C-STYLE のお2人から記念品を受け取り写真撮影となったが、いささかキンチョーしてましたな。ちなみに1位に輝いた方は、次回のamZに強制的に参加することになるとかならないとか…。覚悟はしておいて下さいね(笑)。


AWARD 2nd PRIZE

FORD ROADSTER 

_N6I6771

owner:アルドゥールさん

特徴的なラインと流れを感じさせるペイントが魅力的

1933年型のロードスターがベースで、いかにもクラシックカー的な雰囲気を払拭し、ノーフェンダー、チョップドトップを施す。

フラットヘッドに換装し4MTを組み合わせており、博物館級のクオリティでありながら、街乗りも可能なところが驚嘆。


AWARD 3rd PRIZE

FORD MUSTANG SHELBY GT500

_N6I5719

owner:永ちゃんさん

シェルビーエンブレムに恥じぬ走りを極めたカスタム

永ちゃんさんのGT500の真髄は、まさに中身にあり!サスペンションはアラゴスタで、エアクリーナーだけでなくスロットブロディも大径化しポテンシャルをアップ。もちろんブレーキも6ポッドに強化し、走る・曲がる・止まるを追求する。


AWARD BF Goodrich PRIZE

FORD MUSTANG

3M7A1169

owner:福田充さん

BFグッドリッチ担当者が見初めたマスタング

amZ2020のメインスポンサーである「BFグッドリッチ」賞を獲得したのは、福田さん。聞けば購入してからまだ日が浅いとのこと。BFグッドリッチの成瀬さんに選出した理由を伺うと「開催中ずっと愛車を磨いていて、手入れに余念がなかったことが印象に残ったから」とのこと。おめでとう!


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2021年1月号掲載

最新記事


2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

2024/02/22

長年に渡って見続けてきた老舗アメ車ショップにOBS の“イマ”を聞いた【ブルーリバー】

ショップ

1990年代から2000年代初頭のアストロブームと共に、アメ車シーンをけん引してきた関西の老舗アメ車専門店ブルーリバー。OBSの過去と現在を知る有識者として、当時から25年に渡ってブルーリバーを守り続ける代表の山倉氏に話を伺ってきた。

ランキング


2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】