日本でキャデラック・セビルの名が大きく知れ渡ったのが、92年モデルの第4世代

セダン

キャデラック

セビル

セビルSTS

千葉県

アメマガ2021年12月号

ガレージジョーカー

THE PICK UP TEST DRIVE

1992y CADILLAC SEVILLE STS

THE PICK UP TEST DRIVE


1992y CADILLAC SEVILLE STS

こんな極上セビルはもう2度と手に入らない!?

1992年に4代目にフルモデルチェンジした、キャデラック・セビル。日本でもセビルが大きな注目を浴びたのはこの4代目からで、今もなお根強いファンが存在する。現在90年代モデルの価格は急上昇しており、紹介するセビルのような極上の状態を保ったモデルは、さらに価値が上がっていくだろう。

高騰が続く90年代モデル、品質の高いモデルはお宝になる

全国各地の多くのアメ車ショップが今、口を揃えて語るのが「中古車の仕入れ価格が高い」だ。価格は年式を問わず上昇しているようだが、なかでも90年代モデルの上昇曲線が著しいという。

 

長年90年代モデルの高品質車両の販売を手掛けてきた千葉県のガレージジョーカーもその状況は同じで、「今まで見向きもされなかったボロボロの車両でも、オークションでは強気の価格設定で、それでも落札される状態。それをしっかり修理して販売するとなると、一体幾らで売るのか…」と、現在のアメ車中古車市場について語る代表の小川氏。ともすれば、修理は程々で売りに出されるかもしれない。ユーザーがそれを納得して購入すれば良いが…。

 

そんな90年代モデルの状況だが、ガレージジョーカーは変わらずしっかりした目利きで高品質のモデルを仕入れ、新車同然にリフレッシュしての販売を心がける。

1992y CADILLAC SEVILLE STS

紹介する92年型キャデラック・セビル・STS(ディーラー車)もその1台。仕入れたときから内外装ともに「驚くほどキレイ」で、リフレッシュが必要な部分は点火系程度だとか。

 

これまで同ショップが扱ってきた90年代キャデラックモデルは、さすがに経年劣化でエンブレムが濁っているのがほとんどのようだが、このセビルは純正のままで濁りもない。金メッキのエンジンキーも綺羅びやかさは失われておらず、キーチップもしっかりと作動する。

 

高騰が続く90年代モデルにおいて、これだけ極上の姿を残しているセビルは、まさにお宝と言っていい。この機会を逃したら、極上セビルを手に入れることは難しいかもしれない。まずは車両を詳しく見ていこう。

IMPRESSIONS 踏めば確かに加速するが豪快に飛ばすよりも優雅に乗りたい

1992y CADILLAC SEVILLE STS

30年近く経つクルマだけに、走りには大きな期待は持っていなかったが、このセビル、良く走る。踏めばグンッと出るし、踏めばビシッと止まる。正直当たり前なことだが、なにせ30年前のクルマ。2021年に乗っても十分違和感は感じない。段差もしっかり受け止め、ただ柔らかいだけのフラフラする感覚もない。踏めば出るし、軋み音も皆無だが、セビルは急ぐことなく優雅に走るのが一番お似合いだ。

パワーは劣るがメンテナンス性は優れる 92年唯一のV8・4.9L OHV

1992y CADILLAC SEVILLE STS

紹介するキャデラック・セビル・STSは、4代目にモデルチェンジした1992年型のファーストモデル。92年後期から翌93年型になると、エンジンは新開発の4.6Lノーススターを搭載するが、ファーストモデルは4.9Lを搭載する。パワーでは劣るものの、丈夫でメンテナンス性に優れるのは4.9Lだ。

走行距離2.9万km、ワンオーナー車

キャデラック・セビルは、エルドラドのクーペモデルに対して名付けられた名前だが、75年に独立したモデルとして第1世代が登場。

 

日本でセビルの名が大きく知れ渡ったのが、92年モデルとしてデビューした第4世代だ。競争が激しくなった高級セダンカテゴリーにおいて、キャデラックが世界基準のラグジュアリーセダンとして新型セビルは開発され、キャデラックの伝統を脱したスポーティなデザインが特徴的となっている。

 

グレードはベーシックとセビル・ツーリング・セダン(STS)があり、日本正規モデルとして導入されたのが撮影車両のSTSだ。 エンジンは当初4.9L V8 OHV(200hp)を搭載していたが、93年イヤーモデルからは新開発のノーススター4.6L V8 DOHC(295hp)が搭載される。

 

92年の1年だけに4.9Lが存在するわけだが、整備業界的に「丈夫でメンテナンス性に優れている」と称されるのはこの4.9L。例え出力が劣っても、やや癖のあるノーススターよりも長い目で見れば狙い目といえる。

 

登録から29年を迎えるこの車両だが、走行距離2.9万kmのワンオーナー車という奇跡のストック状態。内外装見回しても目に付く傷もなく、走行が逆に少なすぎて点火系のリフレッシュが必要なぐらいだ。

 

この状態を保ち続けた前オーナーも凄いが、あっさり販売するガレージジョーカーもある意味凄い。

_K2A6615

第4世代のエンジンは4.6?V8 DOHC(295hp)ノーススターというイメージがあるが、モデルチェンジした初期の1992年型には4.9?V8 OHVが搭載されていた。

_K2A6582

最高出力は200hpとノーススターよりも劣るが、メンテナンス性に優れているため、長く維持することを考えたら最適といえる。ホイールは純正の16インチ。この純正ホイールだけでも、今ではお宝の一つだ。

_K2A6750 _K2A6568

ガレージジョーカーではライト類を新品交換して販売することが多いが、このセビルは未交換ながら曇りのない状態の良さ。トランクルームも汚れ一つなく、ゴムモールもコンディションは良好だ。

_K2A6730_K2A6708_K2A6717

コンメタリックのボディも美しいが、キャデラックエンブレムの状態の良さは出色。「約30年前のクルマで、未交換でこの状態を維持しているのは凄い」と小川氏は語る。純正ゴールドメッキのエンジンキーも金色に輝き、経年劣化でヘタるキーチップもまだまだ現役作動。

_K2A6657 _K2A6681 _K2A6689

レザーとウッドをあしらい高級感を演出するインテリア。センターコンソールにランバーサポート調整スイッチ、コンソールボックス内にトランクルーム、フューエルドアのスイッチが配置されている。オーディオも純正カセットのまま。

_K2A6642_K2A6654

最適なドライブポジションを調整できるランバーサポート付きのフロントシート。シートヒーターもしっかり備わる。あくまでもパーソナルカーであるため後席のスペースは狭めだが、窮屈を感じることはない。弾力のあるレザーシートがとにかく快適だ。


SPEC 全長×全幅×全高 ● 5210×1895×1395mm ホイールベース ● 2820mm エンジン ● V8 排気量 ● 4.9L 最高出力 ● 200hp/4400rpm 最大トルク ● 38.0kg-m/3200rpm トランスミッション ●4AT

1992y CADILLAC SEVILLE STS1992y CADILLAC SEVILLE STS 1992y CADILLAC SEVILLE STS


試乗SHOP:GARAGE JOKER【ガレージジョーカー】

所在地:千葉県銚子市四日市場町238
TEL:0479-25-7740
URL:https://www.garage-joker.com/
営業時間:10:00~19:00
定休日:火曜

_K2A0360

高品質なアメ車販売、本国仕入れのアメリカン雑貨でお馴染みのガレージジョーカー。車両展示&雑貨販売するショールーム、鈑金塗装・整備を行なう工場に分かれていたが、ショールームを工場に集約移転してリニューアル。全体の完成まではもう少し掛かりそうだが、雑貨が並ぶ店内はアメ車ショップであることを忘れさせる雰囲気。販売車両は近くに新たな土地を確保し展示されている。こちらも順次手が加えられ、ジョーカーらしい雰囲気になる予定だ。

_K2A8608_K2A8587_K2A8575 _K2A8562


写真&文/相馬一丈
アメ車マガジン 2021年 12月号掲載

関連記事

RELATED


これぞまさしくファミリーセダン 1950年代に思いを馳せる一台 1959y フォード フェアライン 500【ガレージジョーカー】

可愛くて存在が楽しいアメリカンコンパクトSUV【シボレーHHR LS】

PTクルーザーに対抗して、GMが1949年型サバーバンをモチーフにデザインし開発したシボレー・HHR。PTほど支持を得られなかった印象があるが、ガレージジョーカーでは定期的に売れる人気モデルになっている。

戦闘力は爆上がりマットネイビーにオールペンした300C

特別なクルマとして再評価されている300C・SRT8を、アメリカ軍艦仕様としてマットネイビーにオールペンしたガレージジョーカー。見るからに過激さが増し、SRT8のパフォーマンスを最大限に表している。

クライスラー・300Cをフェイスチェンジ、誰もがひれ伏す超高級車のエッセンス

フェイスチェンジカスタムを次々進めるガレージジョーカーが、300Cをベースにイングリッシュフェイス化。超高級車を連想させるデザインを取り入れたことにより、街を走れば誰もがひれ伏すスタイルへ生まれ変わった。

ミニバン?それともCUV?いいとこ取りの優等生モデル『クライスラーパシフィカ』

ショップがイチオシするアメ車中古車を徹底試乗紹介
2008y CHRYSLER PACIFICA LIMITED

 

最新記事


2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

ランキング


2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2020/04/14

鹿児島の覇王ホイールズから、令和元年におけるアメリカ最旬トレンドを伝授!

SUV

ハマー

ホイール

AMERICAN 4X4 & TRUCK
HUMMER H2