誰もがワイルドな気分になれるオリーブドラブにオールペン【シボレーC1500】

ピックアップトラック

シボレー

アメマガ2023年4月号

ガレージジョーカー

千葉県

C1500

近頃ミリタリーテイスト溢れるボディカラーでオールペンするガレージジョーカーが、アメ車マガジン2023年3月号で紹介したサンドベージュのS10ブレイザーに続き、オリーブドラブでオールペンしたC1500を作り上げた。


ガレージジョーカーミリタリー化が進む?

第二次世界大戦米軍軍用車両カラー
1998 CHEVROLET C1500

ガレージジョーカーが得意とする90年代モデルは、高レベルな鈑金で外装を仕上げ、レンズ類やモールなどを交換することで純正の新車同然に仕上げることが基本だが、オールペンによって雰囲気をガラリと変えて販売するモデルも多い。

そんなガレージジョーカーで今、増え続けているのがミリタリーテイストに仕上げられたモデルたち。アメ車マガジン2023年3月号ではサンドベージュにオールペンされたS10ブレイザーを紹介したが、それより前にはネイビーブルーとなった300Cも紹介済。そして今回完成したのが、オリーブドラブでオールペンされたC1500。

オリーブドラブとは、第二次世界大戦中の米軍で官給品や軍用車両で採用されたカラーで、ミリタリーファンにはお馴染みのカラー。ガレージジョーカーはそれをリアルを追及するため、様々な資料を元にオリーブドラブを再現。アクセントとして、前後バンパー、ミラー(レトロタイプに変更)、15インチデイトナホイールはグラファイトでペイント。また、低グレードのシャイアンフェイスに変更しているが、グリルフィンの一部を削り取りブラックステンメッシュを張り込むなどオリジナルデザイン。

現状は外装のみ完成しているが、今後は内装ルーフやカーペットの張り替えも予定しており、そこでようやくこのC1500にプライスが掲げられる。ミリタリーファンのみならず、愛車に刺激が欲しいなら是非ご検討を。ボディカラーはリアルなオリーブドラブを追及し調合。フェイスはシャイアンフェイスだが、グリルフィンの一部を削り取りブラックステンメッシュを裏側から張り込む。ヘッドライトは車検対応のシールドビーム。ホイールはデイトナの15インチで、グラファイトでペイント。グラファイトは前後バンパー、ミラーにも取り入れる。リアバンパーのステップパットやモールも新品交換されているので、まさに新車のミリタリー車両のようだ。

ベースとなるC1500は、助手席側だけが観音ドアとなる珍しいエクステンドキャブ・3ドアタイプ。さらに搭載するエンジンも、一般的な5.7ℓV8ではなく5.0ℓV8。ローダウンが圧倒的に多いC1500だが、このモデルは純正車高を維持しているのも何気にポイントが高い。


GARAGE JOKER【ガレージジョーカー】
TEL:0479-25-7740
https://www.garage-joker.com/


PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2023年4月号掲載


関連記事

RELATED


伝説のモンスタートラックC1500 454SS 桁違いの加速を堪能せよ!

もはや入手困難なモデルとしてその名前があがるシボレー・C1500・454SS。通常のC1500の特別グレードで、7.4ℓV8エンジンを搭載する、まさにモンスタートラック。

コツコツ レストアした3年間【C1500の魅力的な結末!】

映画に出てくるアメ車に憧れたオーナーは、1987年式のエルカミーノを購入したのをきっかけに、何台ものアメ車を所有するように。現在の自慢の1台は1994年式のシボレーC1500で、ショップの協力を得て3年がかりで丹念にレストアしたクルマや、長い付き合いになったショップについて詳しく語る。

1994 CHEVROLET C1500

ガレージジョーカーのオールペンといえば、やはりパープル。【GMCソノマ】

「自分が好きな色」と言う理由から、ガレージジョーカーではパープルにオールペンされたモデルが幾つか存在する。だが今回のソノマは、さらに妖艶さを追求して、ベットライナーをレッドにし、さらにインテリアもレッド化に

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

可愛くて存在が楽しいアメリカンコンパクトSUV【シボレーHHR LS】

PTクルーザーに対抗して、GMが1949年型サバーバンをモチーフにデザインし開発したシボレー・HHR。PTほど支持を得られなかった印象があるが、ガレージジョーカーでは定期的に売れる人気モデルになっている。

 

最新記事


2024/07/25

ポストビンテージバンの大本命として人気高騰中【シェビーバン ビュービル】

バン

ビンテージ

シボレー

70年代の丸目を筆頭に、フルサイズバンの中でも80年代までの個体がビンテージバンとして人気を博してきた。しかし紹介する個体の様に90年代中頃まで基本コンセプトは変わらない。むしろ熟成された最終モデルこそベストバイ!

2024/07/24

アニメを見て惚れたマスタング、今では押しも押されぬ爆速女子へ

クーペ

フォード

名探偵コナンに登場したマスタングに惹かれてカーボックスを訪れたオーナーさん。一番ド派手なエレノア仕様を選び、チャレンジャー・ヘルキャットに乗る旦那様は走りで負けたくないライバルだ。

2024/07/23

仮契約までしたけどLBスタイルに惚れて変更【ダッジチャレンジャー】

クーペ

ダッジ

過去2回、LBワークスで武装したチャレンジャーに乗ってアメマガ主催イベントamZに参加したみっちさん。軽自動車が長年の愛車だった彼女が、初めてのアメ車としてチャレンジャーを手にするストーリーとは。

2024/07/22

日本に2台だけ存在する 激レアなH1フリート

ピックアップトラック

ハマー

アメ車の中で、確固たるカテゴリーを形成するピックアップ。そのサイズ感やヘビーデューティ性に魅力を感じる人は少なくない。だがスカイオートが在庫するH1は、どんな道も走破できる究極のトラックと言えるだろう。

ランキング


2024/07/25

ポストビンテージバンの大本命として人気高騰中【シェビーバン ビュービル】

バン

ビンテージ

シボレー

70年代の丸目を筆頭に、フルサイズバンの中でも80年代までの個体がビンテージバンとして人気を博してきた。しかし紹介する個体の様に90年代中頃まで基本コンセプトは変わらない。むしろ熟成された最終モデルこそベストバイ!

2024/07/24

アニメを見て惚れたマスタング、今では押しも押されぬ爆速女子へ

クーペ

フォード

名探偵コナンに登場したマスタングに惹かれてカーボックスを訪れたオーナーさん。一番ド派手なエレノア仕様を選び、チャレンジャー・ヘルキャットに乗る旦那様は走りで負けたくないライバルだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger