コツコツ レストアした3年間【C1500の魅力的な結末!】

ピックアップトラック

シボレー

アメマガ2022年1月号

C1500

俺たちのアメ車ライフ

ガレージジョーカー

千葉県

映画に出てくるアメ車に憧れたオーナーは、1987年式のエルカミーノを購入したのをきっかけに、何台ものアメ車を所有するように。現在の自慢の1台は1994年式のシボレーC1500で、ショップの協力を得て3年がかりで丹念にレストアしたクルマや、長い付き合いになったショップについて詳しく語る。

1994 CHEVROLET C1500

俺たちのアメ車ライフ


1994 CHEVROLET C1500

時間を掛けてレストアした、一番愛着のあるクルマ

映画に出てくるアメ車に興味が湧き、いつかはアメ車に乗るのが夢だった小林さん。その夢の実現に向け、18年前に初めて訪れたのがガレージジョーカー。それ以来愛車はアメ車一筋で、現在のC1500は3年間コツコツレストアを行なって仕上げたもの。様々乗ったアメ車の中でも一番のお気に入りだ。

怖い店に来たと後悔したが結果的に大正解

1994 CHEVROLET C1500

店鋪大改装が進む千葉県のガレージジョーカー。その改装作業には、業者の姿と共に、ショップのお客さんが作業を手伝う姿も。これは、ショップ代表・小川氏の「強引な勧誘」…ではなく、オーナーさんが進んで作業を手伝っている…らしい。その被害者(笑)のひとりが、94年型C1500に乗る、ガレージジョーカーには18年前から通う常連の小林さんだ。

_K2A8959

映画鑑賞が趣味で、映画に出てきたアメ車に興味が湧き「いつかは乗ってみたい」と思った小林さん。会社の先輩に相談すると、知り合いにアメ車ショップがあることを教えられ、訪れたのがガレージジョーカーだった。「正直、小川さんの風貌にビビりました(笑)。ヤバい店に来ちゃったなって」。

しかし話をしていくと、ユーモアに溢れ親身になって車両を探してくれる姿にイメージは一変。映画で見て憧れた87年エルカミーノを初めてのアメ車として購入し、その後も数々のアメ車に乗り換えていく。もちろん、購入は全てガレージジョーカーだ。

_K2A9022

現在の愛車C1500はボロの状態で購入し、部品取り車からパーツ交換、ボディ下地処理、フレーム防錆処理など、ショップ協力のもとで小林さんが3年掛けてレストアして2年前に完成させた。その長い過程があるだけに、今までのどのクルマよりも一番愛着があるという。

 

ショップでの手伝いも「自然とショップに来て、自然と手伝いをするようになった」と語る小林さん。言葉にこそ出さないが、ガレージジョーカーが大好きだ。

_K2A9028 _K2A9047

グリルはレトロ感を引き出すシャイアンフェイスに変更。ホイールは15インチのラリーホイール。ハンドルはピストルグリップ。今後はインテリアの改装も検討しているようだ。

_K2A9039 _K2A9060

ステップサイドの独特なカタチが気に入り、C1500・エクステンドキャブ・ステップサイドを購入。車両はボロの状態だったため、小林さんがボディの下地処理やフレームの防錆処理をやらせてもらい、細かいパーツは部品取り車から移植。ボディはクライスラーのアイスバニラでオールペン。バンパーは、あえてツヤ消しシルバーにしているのもこだわりだ。

_K2A8915

18年前に会社の先輩にガレージジョーカーを紹介され、映画で見て憧れていた87年型エルカミーノを購入。その後ランチェロ、エルドラド、フリートウッドなどに乗り、5年前に現在の愛車94年型C1500を購入。その3年間はレストア作業に費やし2年前に完成させた。現在は、休日にショップに来て改装作業を手伝うのが日課となっている。

_K2A90001

OWNER:小林さん


GARAGE JOKER【ガレージジョーカー】

_K2A8891

HP:https://www.garage-joker.com
TEL:0479-25-7740
PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2022年 1月号掲載

最新記事


2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

ランキング


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。