「ザ・アメ車」の存在感 1953 キャデラック エルドラド【バーニーズ】

オープン

ビンテージ

バーニーズ

CADILLAC

三重県

ELDORADO

BERNESE

コレクタブルカー

キャデラック

ウィンドシールド

ハリー・アール

エルドラド

整備工場としてスタートし創業54年を誇るバーニーズ!この名店に、何と超絶プレミアムカーの1953年型エルドラドが入庫しているので紹介しよう!


整備工場としてスタートし創業54年を誇るバーニーズ! 

三重県内では唯一のGM認定サービス工場とあって、GM車をメインに新旧アメ車を取り扱うプロショップだ。この名店に、何と超絶プレミアムカーの1953年型エルドラドが入庫しているので紹介しよう!

GM車をメインに、アメ車の幅広いラインナップをストックする「バーニーズ」。三重県内では唯一のGM認定サービス工場なだけに、購入後のメンテナンスの面でのフォーローも万全。そもそも整備工場としてスタートし、創業54年という長い実績からも、ショップの信頼性の高さも伺い知れる。

そんなわけで、「三重県でアメ車といえばバーニーズ!」というほどお馴染みの存在となっている。広い敷地内には大型の整備工場が完備され、入庫中のモデルには、販売車両のメインとなっているアメ車の現行モデルをはじめ、C2コルベットや初代マスタングなども入庫中だ。

ショールームには、ハイエンドな現行車の他、コレクタブルなクラシックアメリカンがひっそりと佇んでいたのだが、そこには何と、GM車きってのハイブランドのキャデラックのなかでも頂点的なエルドラドの53年型がストックされていた! 

50年代のキャデラックというと、航空機の尾翼を思わせるテールフィンを持つレイトフィフティーズがポピュラーだが、53年型はエルドラドの初代としてラインナップされたキャデラックを語る上で外せない存在となる。

当時は、同じキャデラックのベーシックグレードに対して価格が2倍以上もした超高級車なのである。特別限定生産車として僅か535台しか出荷されなかった、生まれながらにしてプレミアムカーなだけに、65年を経た現在では超コレクタブルカーなのだ!

IMG_9646

アメリカ車きってのハイエンドモデルであるキャデラックの中でも「エルドラド」は、最も贅沢な2ドアコンバーチブルとして1953年にラインナップされた。戦闘機のキャノピーを思わせる“パノラミック”ことラップアラウンドなウィンドシールドが初めて採用されたアメ車であり、コンバーチブルのトップが収納式で、メタル製カバーを採用することで、トップ収納時はロードスターのような美しいシルエットを構築。

クロームパーツによる装飾や、フルパワーな装備など、絢爛豪華な仕様の他、機関系では当時の最新かつ最高の技術を投入したアメ車を代表するフラッグシップモデル。出荷台数535台のうちの1台であるこの個体は、レストアなどの形跡は見受けられないが、見事にオリジナルをキープするサバイバー状態なだけに、現在ではアメリカでも極めて希少な存在だ!

IMG_9783 IMG_9696

ウィンドシールドからドア部に股がってラウンドするダッシュパッドや、ステアリングコラム周辺の処理など、当時としてはかなりモダンなスタイリング。全体的にシンプルにまとめながらも、秀逸なディテールなど見所が満載。

リッチにしてポップ、それでいてどこかモダンなスタイリングには当時ならではのミッドセンチュリーな様式が感じられ魅力的だ。ダッシュに装着される"Autronic Eye”は、ハイビーム時に対向車を感知して自動でローに切り替わる装置。

IMG_9792 IMG_8203

搭載するV8エンジンは前年から引き継がれた331ci(5.4?)ながら、それまでの192hpから210hpへとパワーアップ。ちなみに、当時の日本車では最高峰でも50hp未満だった。トランスミッションは、生誕50周年記念の前年に新投入されたAT“ハイドロマチック”。最高速度は166km/hを誇り、ストックのままで現在でも十分通用するポテンシャル。

IMG_8218

先代から引き継がれたフィッシュテールは、後のテールフィンブームの先駆けであり、キャデラックのデザインIDでもある。ラップアラウンドなウィンドシールド、ピーラーに装備する可変式サイドガラス、完全収納式ソフトトップによって、ロードスターを思わせる美しいシルエットが魅力的。

シンプルにして豪華、それでいてモダンなスタイリングには、デザイン部門のトップをハリー・アールが率いた当時らしさが溢れている。

IMG_9722 IMG_9698 IMG_8194 IMG_9758 IMG_9747

名車コブラには数多くののレプリカが存在する中、この個体はイギリスのブライトホイール社ならではのジャガーのメカニズム(エンジン&リアエンド)を採用した独創的な仕様。

それだけに、正直、試乗するまでは半信半疑ではあったが、12気筒エンジンならではのシルキーなエンジンフィールをATでイージーに楽しめるのがポイントで、MK IIならではのグラマラスなルックスにしてライトウエイト本来のフィーリングをカジュアルに楽しめて魅力な1台。

クオリティー、コンディション共にかなり良い状態。こんなクルマもバーニーズにはあるのだ。

IMG_9838 IMG_9824 IMG_9825 IMG_9793

BERNESE【バーニーズ】

三重県津市藤方530番地

Tel:059-227-6365 

http://bernese.co.jp/

GMの認定工場として三重県では唯一の存在なだけに、整備に関してはGM車はもちろんのこと、新旧メーカーに関わらず、あらゆるモデルのアメ車に幅広く対応してくれる頼れるショップ。販売車両の他に、オーダーによる直輸入も可なため、日本国内入荷のない仕様車や、コレクタブルな希少車までフォローしてくれるのだ。

IMG_9879

Photo & Report◆Hideki Ishibashi

アメ車マガジン 2018年 5月号掲載


関連記事

RELATED


グローバルスペックの最高級SUV キャデラックエスカレード【バーニーズ】

優美なスタイリングと最新鋭のメカニズムによってキャデラックならではのスティタスが際立つ現行型エスカレード。三重県に店を構える「バーニーズ」がオススメするのは最上級グレードのプラチナムだ。このスーパープレミアムなSUVの魅力をお伝えしよう。

学生時代に偶然見たチャレンジャーに一目惚れ【1971 DODGE CHALLENGER】

ビンテージマッスルに魅せられし7人のカーマニアたち【バーニーズ】

まるで純正の様なスタイルのスペシャルカスタムモデル【1978y キャデラック・デビル ・ラ・カブリオレ】

その完成度の高さはまさにメーカー純正と同等、繊細に作り込まれたカスタム【1978y キャデラック・デビル ・ラ・カブリオレ】

【C2コルベット】斬新で独創的なフォルムは半世紀の時を経ても色褪せない

1963年モデルから1967年までのわずか5年間のみリリースされたコルベットC2。スティングレイ(アカエイ)のサブネームが採用され、当時のアメ車とは一線を画す近未来的で独創的なボディラインは、アグレッシブな中に精巧で繊細な芸術的な印象すらもたらす。そのオリジナルの個性を可能な限り後世に残した個体がココに!

Bボディ・サテライトのシルエットに惚れて即決!【1970 PLYMOUTH SATELLITE】

ビンテージマッスルに魅せられし7人のカーマニアたち【バーニーズ】

 

最新記事


2024/04/13

日本の気候には不向きなアメ車だからこそ防御が必要!【ラストストッパー】

メンテナンス

電子の働きを利用してアメ車をサビから守る
電子サビ防止装置 ラストストッパー

2024/04/12

こう見えても家族の送迎車、子供のために内装をアレンジ【キャデラック エスカレード】

SUV

キャデラック

これまで乗った愛車はみんなカスタムし、しかもどれも2年で手放すことが殆どだったと語るのりさん。エスカレードはラグジュアリーなスタイルが似合うけど、ほかとは違う方向性で個性を主張する。

2024/04/11

圧倒的な整備力が多くの整備難民を救う【ハロウィン】

メンテナンス

ショップ

埼玉県春日部市にあるハロウィンは全メーカー対応の専用テスターを完備し、ディーラーと同等の整備を行なうショップとして知る人ぞ知るアメ車ショップ。信頼ある整備を行なうショップを探しているならば、是が非でも訪れたいショップだ

2024/04/10

カスタム済みの中古車なら購入時からスタイリッシュ!【トップスピード】

SUV

ジープ

最近、JEEPが気になる人が増加中!でも、今からディーラーに新車を買いに行っても数年待ちは当たり前。「今すぐ乗りたいし、カスタムしたい!」という人に、TOPSPEEDのラングラーをお勧めしよう!

ランキング


2024/04/12

こう見えても家族の送迎車、子供のために内装をアレンジ【キャデラック エスカレード】

SUV

キャデラック

これまで乗った愛車はみんなカスタムし、しかもどれも2年で手放すことが殆どだったと語るのりさん。エスカレードはラグジュアリーなスタイルが似合うけど、ほかとは違う方向性で個性を主張する。

2021/06/11

史上初の200mph超えを果たした伝説の「快鳥」【プリマス・スーパーバード】

クーペ

ビンテージ

プリマス

1970 PLYMOUTH SUPERBIRD

2022/04/05

コマーシャルビークルの代表格『GMCグラマンP20』

バン

1995 GMC GRUMMAN P20

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】