グローバルスペックの最高級SUV キャデラックエスカレード【バーニーズ】

SUV

三重県

BERNESE

エスカレード

キャデラック

プラチナム

CADILLAC

バーニーズ

優美なスタイリングと最新鋭のメカニズムによってキャデラックならではのスティタスが際立つ現行型エスカレード。三重県に店を構える「バーニーズ」がオススメするのは最上級グレードのプラチナムだ。このスーパープレミアムなSUVの魅力をお伝えしよう。


ラグジーなだけじゃないカチッとした走りが魅力

2015 CADILLAC ESCALADE

優美なスタイリングと最新鋭のメカニズムによってキャデラックならではのスティタスが際立つ現行型エスカレード。三重県に店を構える「バーニーズ」がオススメするのは最上級グレードのプラチナムだ。このスーパープレミアムなSUVの魅力をお伝えしよう。

グローバルスペックの最高級SUV

0S7A0210_opt

三重県内では、唯一のGM認定サービスショップである「バーニーズ」は、GMを中心とする人気のSUVから、趣味性に富んだクラシックなモデルまで、幅広いラインナップでユーザーのニーズに対応している。広い敷地には、ショールームが完備され、プレミアムな現行モデルや、コレクタブルなビンテージモデルをラインナップ。

設備の行き届いた自社工場では、GMジャパンでトレーニングを受けた高い知識と技術を持ったメカニックがメンテナンスからアップグレードやカスタムにも対応しおり、メインのGM車の他、Ford、Mopar、逆輸入車まで、フォローしている。

コレクタブルなビンテージモデルも、気になるところだが、今回は現行型(2015年型)キャデラック・エスカレードをフィーチャーする。スタンダード、ラグジュアリー、プレミアム、プラチナムの4つのグレード中でも最高峰となるプラチナムグレードが今回の撮影車両となる。

高級SUVの頂点として常に進化を遂げていエスカレードだが、4世代目となる2015年型では、歴代モデルと比べても、内外装、メカニズムにおいても、よりキャデラックらしいアイデンティティーが色濃く反映されており、SUVというカテゴリーに関係なく、1台のラグジュアリーカーとしても、世界基準で頂点的な存在といえるだけのファクターを兼備えている。

また、黒や白といった無難な車体色に集中しがちな日本において、こちらの個体は“シルバーコーストメタリック”というスペシャルカラーなだけに、よりステイタス性に富む存在。ルックス、コンディションともに、工場出荷状態をキープした希少な個体なのである。

4thとしてアップグレードされた2015年型では、エッジの効いたシャープなスタイリングに磨きがかかったことで、よりキャデラックらしさが高まっている。

目力のあるヘッドライトや、Cピラー全体をカバーしながら張り出すテールランプのデザインも秀逸。ミラーやドアハンドルなど、様々な所にもLEDを駆使したイルミネーションが盛り込まれ、アミューズメント的な楽しさを味わえるのだ。

0S7A0349_opt

搭載される6.2?エンジンは、420hpを誇りながらもクリーンガス&低燃費なEco Tec3。トランスミッションは6速オートマチックの6L80。最新では8L90の8速ATが導入されているが、6速車でも全くといってもいいくらいに変速ショックはなく、スムースなドライバビリティを味わうことができる。

0S7A0310_opt

一体感あるダッシュからセンターコンソールまでのデザインや、スポーティなアプローチのセパレートシートのデザインからは、ツーリングカー的なアプローチが感じられ、単なるラグジュアリーを超えた質の高さを感じる。シート、ペダルなどは電動アジャスト式(マッサージ機能付き)でポジションは自由自在。コンソールにはクーラー機能を完備、グローブボックスの開閉や、サードシートの折り畳みに至っても、全て電動式という豪華仕様となる。

0S7A0295_opt 0S7A0315_opt 0S7A0320_opt 0S7A0330_opt

ステアリング、シート、ペダルのいずれも、電動アシストによるボタン操作によって、ドライバーに完璧にマッチする運転姿勢を確保できる。さらに操作の全てに関係するタッチも絶妙なため、サイズ/車重を意識せずにイージーなドライブを楽しむことができるエスカレード。

SUVならではのゆとりのある居住空間は、これまでよりもデザイン面でツーリングカー的なアプローチが強調されていることもあり、ポテンシャルの高さも相まって、実際の体感的にはツーリングカー的な良い意味でのタイトさを味わうことができた。

BERNESE【バーニーズ】
住所:三重県津市藤方530番地
Tel:059-227-6365
HP:http://bernese.co.jp/
サバーバン、エスカレードなどのプレミアムSUVをメインとしながらも、ユーザーニーズに合わせて新旧様々なモデルに幅広く対応するプロショップ。
三重県内では唯一のGMジャパン認定工場として、メンテナンスからアップグレードまで、質の高いサービスを提供してくれる。また独自の保証も用意されているため、アメ車ビギナーの人でも安心なのだ。 0S7A0379_opt

PHOTO■能勢博史 TEXT■石橋秀樹
アメ車マガジン 2018年1月号掲載


関連記事

RELATED


「ザ・アメ車」の存在感 1953 キャデラック エルドラド【バーニーズ】

整備工場としてスタートし創業54年を誇るバーニーズ!この名店に、何と超絶プレミアムカーの1953年型エルドラドが入庫しているので紹介しよう!

今ここにあるキャデラック 現代的な黒×銀の存在感 2007y CADILLAC ESCALADE【チャビーオート】

ワルっぽさを隠そうともしない堂々としたカスタムは、3人の子どもを育てるパパが愛用するエスカレード。この1台に至るまでの経緯と、サポートするチャビーオートとの親密な付き合いについて、詳しく紹介しよう。

28インチ入りのSUVを日常の足として自由に乗る キャデラックエスカレード

世間のエコを真に受けて、大排気量と特大ボディを誇るアメ車に背を向けてはいないか? そんな甘ちゃんに喝を入れるべく、28インチ履き&内装フル張り替えのエスカで通勤から買い物までをこなす、自由な男を直撃した。

全身カモフラエスカレード “エスカモレード”に迫る キャデラックエスカレード

2017年夏以降インスタやフェイスブックを中心に露出が増え、インスタ映えするアメ車として知名度を上げてきたエスカモレード。

エスカレードの究極カスタム フルorハーフのフルエアロスタイル【アズールモータリング】

「AZR」ことアズールモータリング。同社が展開するキャデラック用「ZERO DESIGN」エアロパーツには、フルバンパーとハーフバンパーという2種類の選択肢がある。

 

最新記事


2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

ランキング


2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]