学生時代に偶然見たチャレンジャーに一目惚れ【1971 DODGE CHALLENGER】

オープン

ビンテージ

ダッジ

アメマガ2023年1月号

バーニーズ

三重県

アメ車を10倍楽しむ方法

チャレンジャー

ビンテージマッスルに魅せられし7人のカーマニアたち【バーニーズ】

AMERICAN VINTAGE CAR
OWNERS@BERNESE File-4 / OWNER:575Challenger

アメ車を10倍楽しむ方法!


希少コンバーチブルモデルが決め手となって即決

AMERICAN VINTAGE CAR
OWNERS@BERNESE File-4 / OWNER:575Challenger

アメ車と言えばコンバーチブルを思い描く人は多い。それは映画や観光地でのレンタカーなどで強い印象を受けているからかもしれない。ちなみに70年代のチャレンジャーにもコンバーチブルが存在しているのだが、日本国内では数少ないレアキャラだけに多少程度が悪くても所有する価値は大きい。そんな希少モデルを見つけて即決したのが575Challengerさん。

 

チャレンジャーとの出会いは学生時代、偶然通りかかったクルマ屋さんに展示されていたチャレンジャーを見て一目惚れ。それ以来、いつかは所有したいクルマの大本命として70年代のチャレンジャーやチャージャーを中心に探していると、タイミングよくチャレンジャーのコンバーチブルモデルが売りに出ているのを見て即決したという。

 

グッドコンディションとは言えない個体だったが、レストアして整備して乗る価値は大きい。そう悟って手に入れたチャレンジャーは、バーニーズのサポートを受けて現在絶好調。クレーガーのホイールにホワイトレターのラジアルはリアを太目にセッティングして、エアーショックに電動モーターを取り付け、室内から操作可能。スパルタンなハーストの削り出しシフターもクール。一生モノの愛車として、程度を維持しながら乗り続けていきたいと話す。

学生時代に偶然見たチャレンジャーに一目惚れ

1971 DODGE CHALLENGER

エンジンは318を搭載。フードは340フォーバレルのエンブレムをあしらったエアインテーク付に換装。295/50R15のファットなホワイトレターラジアルとリムの深いクレーガーによるリアアングルの迫力もナイス。

カマロやマスタングと比較してもコンバーチブルの個体が極端に少ないチャレンジャー。その価値は年々高まっていくこと必須。ハーストシフターや小ぶりで太めのステアリングへの換装程度でオリジナルを色濃く残す。


THANKS:バーニーズ

TEL:059-227-6365
HP:http://bernese.co.jp


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2023年1月号掲載


最新記事


2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

ランキング


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】