アメ車ファンのための交友の場 モーニングクルーズ

イベントレポート

モーニングクルーズ

アメマガ2019年5月号

MORNING CRUISE
2019.02.17(SUN)


MORNING CRUISE

モーニングクルーズ

2019.02.17(SUN)

アメリカ式自動車趣味ではお約束のモーニングクルーズ。単にクルマ好きとのミーティングや会場までのドライブを楽しむのが目的で特別なアトラクションや制約などもないカジュアルな日常的行事だ。
 

毎月第3日曜日に開催されるお台場モーニングクルーズ

モーニングクルーズ
お台場の潮風公園(南)の駐車場では毎月第3日曜日に「モーニングクルーズ」が行なわれている。アメ車をメインに扱うBUBU横浜が企画するモーニングクルーズとしても2年ほど前からこの場を会場として行なっているが、元々は筆者が運営するフリーペーパー、イグナイト・マガジンのモーニングクルーズとしてはじめたもの。

アメ車オーナー達とのミーティングのためだけでなく、一般の人の目に触れることでアメ車の魅力を伝えるきっかけになればという想いもあり、当初は代々木公園のパーキングを利用していた。ところが回を重ねる毎に参加台数が増え、満車で道路にも溢れる状況が続き、一般利用者に迷惑となるため会場をお台場へと変更することになった。

09年の夏から潮風公園での開催が定着し現在に至る。自分自身は第3日曜日は取材などで参加できないこともあるが、古くからの常連参加者達やBUBUカスタマーによって完全に定着。アメ車ファンを対象にしたイベントとバッティングした時などは参加者が少なかったり、SNSなどで情報発信もしていないが、とにかく第3日曜日はお台場潮風公園でモーニングクルーズとインプットするアメ車オーナーは少なくないようだ。

車種やスタイルに制限などもなく、駐車場を利用するだけなので誰もが自由に参加できるのがポイント。アメ車を所有していなくても、見学したり、アメ車オーナーさんに話を聞くのもOK。カーショーなどよりもフレンドリーな雰囲気なので、何度か足を運ぶことで自然と交友が広がることもあるのだ。会場からは複合商業施設のアクアシティお台場も近いので、ショッピングがてら気軽に出かけてみてはいかがだろう?
 
1970年型のGTO
この日は曇り空とあって気温が若干低め。9時半頃に到着した時点で30台ほとが集まっていた。BUBUカスタマーでは高年式車が目立ったが、クラシックなモデルのオーナーも少なくない。時間と共に参加者が続々と集まりながらも、早くから来ていた人は退場したり入れ替りもある。

11時のオープンにあわせてアクアシティお台場に徒歩で買い物に行き、戻ってきた時には常連参加のファイヤーバード勢が到着し、さらに盛上がっていた。1970年型のGTOが入場。

希少車なだけに実際に動く姿を見ることやエンジン音を聴けるのは貴重な機会。車庫入れ時の状況からマニュアル車であることも判断できたりしてギャラリーとしても盛り上がっていた。
1993年型キャデラック・フリートウッド・ブロアム
1993年型キャデラック・フリートウッド・ブロアムのサバイバー的にクリーンかつストックの状態を確保する個体。値ごろ時にローライダーなどにアレンジされるケースが目立ったモデルなだけに、このようなストック状態はとっても新鮮に映る。
C10
近年大人気となっているフルサイズピックアップの中でもスクエアなシルエットがチャームポイントのサード初期のC10。20代前半の若いオーナーながら、ホイールは定番のソルトフラット・タイプにしてリーズナブルなレーススター製をチョイスするなどマニアック。
 
4thマスタング、しかもマスタングGTをベースにSVT
国内での現存数が極めて少ない4thマスタングに遭遇! しかもマスタングGTをベースにSVT(スペシャル・ビークル・チーム)によってアップグレードされたコブラパッケージ車! 日本での4thはコブラであっても評価が低いが、アメリカでは立派なコレクタブルカーとしてプレミアムな存在!
 
ポンティアックファイヤーバード
ブランド自体が消滅してしまったポンティアックを代表するファイヤーバードのファンには熱心な人が多く、各世代毎にまとまって参加する傾向が見られる。この日はサードの色違いが3台揃って参加。いずれも年式を忘れさせるほどクリーンな状態をキープ。往年のチャンプ500ホイールもピカピカで素晴らしい。
 
アイアンことC3と、現行のC7による新旧スティングレイ の2ショット
アイアンことC3と、現行のC7による新旧スティングレイの2ショット。コルベットのオーナーには、コルベットのオーナーズクラブのメンバーも多いため、新旧各年式が集まる。奥には同じくアメリカンスーパーカーであるダッジ・バイパーの姿もあった。
 
モーニングクルーズ
特別なルールなどはなく、参加車両は新旧様々。車種やスタイルなどによって自然と似た者同士で整列したり。一般の利用者もいるので最低限のマナーは厳守する。興味を持った一般の人も楽しめるフレンドリーなムードを心がけているのだ。


Photo & Report◆Hideki Ishibashi
アメ車マガジン 2019年 5月号掲載


最新記事


2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

2024/02/22

長年に渡って見続けてきた老舗アメ車ショップにOBS の“イマ”を聞いた【ブルーリバー】

ショップ

1990年代から2000年代初頭のアストロブームと共に、アメ車シーンをけん引してきた関西の老舗アメ車専門店ブルーリバー。OBSの過去と現在を知る有識者として、当時から25年に渡ってブルーリバーを守り続ける代表の山倉氏に話を伺ってきた。

2024/02/21

アメ車マガジンの表紙を飾ったオーナーが営む神戸のダーツバー【DEAR'S】

ショップ

アメ車で乗り付けてジャンクフードを喰らうのが、アメリカンダイナーの醍醐味。しかしアメ車で乗り付けなくとも、お酒を嗜みながらアメ車話に花を咲かせられることもまた貴重。DEAR`sならそれが叶う!

ランキング


2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2020/10/22

東海カーズのマッスルカーを、華やかに彩る「和テイスト」のデザインワーク

ラッピング&ペイント

AMEMAG RECOMMEND ARTIST
遊鷹-Yutaka-

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】