アメ車ファンにとって年に一度の最重要イベント【スーパーアメリカンフェスティバル】

イベントレポート

フェスティバルウォーク蘇我

スーパーアメリカンフェスティバル

アメマガ2020年1月号

2019.10.13
スーパーアメリカンフェスティバル
千葉県 ハーバーシティ蘇我フェスティバルウォーク


スーパーアメリカンフェスティバル千葉県 2019.10.13

スーパーアメリカンフェスティバル

ハーバーシティ蘇我フェスティバルウォーク 2018年の東京お台場から千葉県のハーバーシティ蘇我フェスティバルウォークに会場を移しての初開催となった スーパーアメリカンフェスティバル 。台風直撃のタイミングで開催が危ぶまれる中、当日は晴天となり、参加者&来場者も思いのほか多く、盛り上がったのだった!

今回で27回目となるアメ車界を代表する歴史あるビッグイベント

スーパーアメリカンフェスティバル

スーパーアメリカンフェスティバル といえば、アメ車ファンならずとも知るお馴染みのイベント。なんと、2019年で27回目を迎える歴史のあるイベントでもある。いわゆるカーショーやスワップミートにとどまらず、かつては富士スピードウェイを会場とすることで、ファニーカーやトップフューエルといったトップカテゴリーを含めたドラッグマシンのパフォーマンスを体験できたり、本格的なライブパフォーマンスも味わえるといった、総合的なエンターティメントなイベント。

近年では、イベントの数が増えていることで、参加者が分散しがちで、それぞれの規模が縮小傾向にある。そのため、2018年は会場が富士からお台場へと変更。そのため、ドラッグレースはできないが、アメフェスならではのライブミュージックありのエンターテイメントな内容。そのお台場も、オリンピックの影響で、会場が利用できないため、2019年はハーバーシティ蘇我での開催となった。

会場のフェスティバルウォークは、お台場にも通じるベイエリアの大型複合施設の中にある娯楽をメインとするエリア。そのため、一般客も多く、港に隣接しているため、雰囲気も良い。イベント前日に大型台風の直撃が予想されており、延期という話も持ち上がる中、予定通りの日程で開催。

当日の天気は快晴で、まさにイベント日和ではあったが、道路の通行止や、JRの運休などで、会場入りするのが困難ではあった。出展車両や、ライブ出演者には、実際に会場入りできなかった人もいたが、そうした状況とは思えないほどの参加者や来場者が訪れ、大盛り上がりだった!

前日までの豪雨が嘘のような快晴で、まさにイベント日和だったアメフェス。複合施設を利用する一般の来場者も含めて、予想以上の来場者が訪れた。スワップミートやケータリング、ライブパフォーマンスも充実した内容で、盛り上がっていたぞ。

1970 Chrysler Newport

1970 Chrysler Newport

クラシックなMoparというと、マッスルばかりが注目されがちだが、フルサイズもまたMoparならではのクセがあって魅力大!

1983 Chevrolet C10

1983 Chevrolet C10

スクエアトラックとして近年人気急上昇なC10。きっちりと磨き込まれたweldのホイールによってカッコ良さが際立つ!

1934 Ford 3window Coupe

1934 Ford 3window Coupe

ボディカラーやテールレンズのアレンジなどはハイテックながら、大型ヘッドライト、マグスタイルのホイールはビンテージなクロスオーバー。

2007 GMC Sierra 3500 dually

2007 GMC Sierra 3500 dually

ピックアップの頂点ともいえるデューリーは、ロッダーの足としてもお約束の存在で憧れ。ルックス的な迫力を始めコスト的にもステイタス!

1957 Chevrolet Belair

1957 Chevrolet Belair

総合的に手のかかったショークオリティっぷりが遠目に見ても分かる。グリーンの配色やエンジンのディテーリングに高いセンスを感じる。

1969 Dodge Charger

1969 Dodge Charger

ダメージのある状態のボディからしてワイルドなところに、トンネルラムインテークにスクープを嵩上げして装着したワイルド過ぎるチャージャー!!

1969 Chevrolet Camaro

1969 Chevrolet Camaro

ペースカー仕様のクーペ、Z10 がRSなのに対して、スタンダード顔のSS仕立てな1台。ホイールがラリーならオリジナルかと思うアプローチ。

1969 Plymouth Roadrunner

1969 Plymouth Roadrunner

ストックのカラースキム&スロットホイールの装着が往年のストリートカー然として今見るとステキ。ブルーメタリックの内外装共にストックだ!

1970 Dodge Charger R/T

1970 Dodge Charger R/T

70年型チャージャーのマニュアル車という時点でステキだが、440エンジンはしっかりとモディファイされた、かなりヤンチャな仕様!

1964 Chevrolet El camino

1964 Chevrolet El camino

ブルーメタリックのボディにweld社のドラッグライト・ホイールが映える。シンプルで飽きのこない格好良さ。アワードを受賞。

1964 Chevrolet C10

1964 Chevrolet C10

メリハリのあるプレスラインが映えるストレートボディ! クローム類や内装もクリーンですがらしい。乗用車用のラリーホイールが新鮮なのだ。

1967 Ford Mustang GT Fastback

1967 Ford Mustang GT Fastback

総合的にストックに則ってレストアされたショークオリティの個体。人気のモデルの割にはここまですっきりとしたマスタングGT はいそうでいない。

フォトギャラリー

Photo & Report:石橋秀樹
アメ車マガジン 2020年 1月号掲載


最新記事


2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2024/06/13

誰もがワイルドな気分になれるオリーブドラブにオールペン【シボレーC1500】

ピックアップトラック

シボレー

近頃ミリタリーテイスト溢れるボディカラーでオールペンするガレージジョーカーが、アメ車マガジン2023年3月号で紹介したサンドベージュのS10ブレイザーに続き、オリーブドラブでオールペンしたC1500を作り上げた。

2024/06/12

究極のスタイルを実現できるそれがマルチピースの魅力!【ワークエモーションZR10 2P】

クーペ

シボレー

ホイール

オーバーフェンダーを追加したワイルドなスタイルに憧れるけれど、タイヤ&ホイールサイズがネック。またアメ車の場合はPCDも特殊だが、そんな悩みをすべて解決できるのがWORKの魅力。

ランキング


2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2024/06/13

誰もがワイルドな気分になれるオリーブドラブにオールペン【シボレーC1500】

ピックアップトラック

シボレー

近頃ミリタリーテイスト溢れるボディカラーでオールペンするガレージジョーカーが、アメ車マガジン2023年3月号で紹介したサンドベージュのS10ブレイザーに続き、オリーブドラブでオールペンしたC1500を作り上げた。

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】