【GMC タイフーン】モンスターSUVの異名を誇る、90年代を代表するプレミアムカー!

SUV

THE 90's STRIKES BACK

タイフーン

アメマガ2020年4月号

1992 GMC TYPHOON

THE 90's STRIKES BACK ナインティーズの逆襲


1992 GMC TYPHOON

90年代SUV&トラックシーンにおいてどうしても触れておきたいクルマが紹介するGMC・タイフーン。C/Kとは異なる2ドアコンパクトボディに圧巻のハイパフォーマンスエンジンを搭載するマニアックなスタンスは今なお色褪せない魅力を放つ。

GMCサイクロン譲りのスペシャルチューン!

1990年のスピードトライアルにトラック部門としてエントリーしたGMC・サイクロン。ソノマをベースにハイパフォーマンス化を図り、ツインターボ搭載の4.3? V6エンジンにコルベット用の5.7L V8エンジンよりインジェクター、スロットルボディ、さらにはピストン本体までを移植。コルベットZR1、フェラーリF40に対抗するレベルのモンスタートラックとして君臨した名車。

1992 GMC TYPHOON 1992 GMC TYPHOON

そのGMC・サイクロンの兄弟モデルに当たるのが紹介するタイフーン。ソノマのSUV版であるS15ジミーをベースに、サイクロン同様のメカニズムを持ち、プラットフォームはGMT325と呼ばれるピックアップトラック用のフレームを採用。フォルムこそS15ジミーに近い物があるが、中身はほぼサイクロンと言っても過言ではない。わずか4697台しか製造されていないレアなモデルで、一部のマニアの間ではいまだ絶大な人気を誇る。


しかし絶対数が少ないだけに絶滅危惧種といった位置づけである。 足回りはフロントがダブルウィッシュボーン、リアはリーフスプリングのリジッドを採用。S15ジミーよりも約2インチロワード化され、空気抵抗を加味したフロントのエアダムやサイドスカートが標準で装備される。総重量1725kgに対して285hpのハイパフォーマンスエンジンを搭載。それをビスカスカップリング採用のAWDで駆動する感覚と、トラックシャーシならではの豪快な荒々しさの混じる感覚は官能的。

1992 GMC TYPHOON 1992 GMC TYPHOON

撮影時に少し乗せてもらったが、わずか4.3mほどの全長に1730mmの全幅は4ナンバートラックとさほど変わらないサイズ感で、当時のZR1のごとく軽快に加速していく感覚は異次元。それでいてアメリカンSUVとしてのフィーリングも顕在しており、この絶妙なニュアンスがマニアを虜にする魅力と言える。

ツインターボ搭載のV6 4.3?エンジン

ツインターボ搭載のV6 4.3?エンジン。ギャレット製の水冷インタークーラーで冷却されたエアを強制的に詰め込み、コルベット用のフューエルインジェクター&スロットルによる吸気系チューニングが施され、最大出力285hp を発揮。当時はテスタロッサキラーと呼ばれ、スーパーカーに匹敵する走りを堪能できる唯一無二のモンスターSUVとして注目を集めた。

1992 GMC TYPHOON DSC_0912

トラックらしからぬホールド性の高そうな形状のフロントシート、そしてSUVらしいベンチ式のリアシートはスタイリッシュなブラックレザーを採用。ヘッドレストにはタイフーンの刺繍が入り、MOMOステアリングへの換装以外はオリジナルをストックする。28年前とは思えないグッドコンディションを保つインテリアも特筆物。

DSC_0906

コルベット用のホイールなどへ換装されることの多かったタイフーンで純正の16インチをストックしている点も素晴らしい。装着するタイヤは225/45R16。現状はオリジナルを忠実に守った状態ではあるが、今後J`S Fam PIT川上氏によって大掛かりなカスタムを構想中とのこと。


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2020年 4月号掲載

最新記事


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/04/13

日本の気候には不向きなアメ車だからこそ防御が必要!【ラストストッパー】

メンテナンス

電子の働きを利用してアメ車をサビから守る
電子サビ防止装置 ラストストッパー

ランキング


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。