ディーラー車ベースのフルカスタム車両のマスタング

クーペ

フォード

BUBU阪神

AMERICAN CUSTOMS

マスタング

ロハナ

ROHANA

アメマガ2021年7月号

2015 FORD MUSTANG

AMERICAN CUSTOMS


2015 FORD MUSTANG

本国仕入ればかりがBUBU 阪神の強みと侮るなかれ、ディーラー車ベースのフルカスタム車両も網羅!

BUBU阪神と言えば、横浜店に次ぐ関西圏の本国直輸入販売といったスタンスで知られているが、中にはその本国モデルを購入する際に愛用していたアメ車を下取りして販売するケースも多い。BUBUならではの低金利、1年保証のBUBUワランティープラスなどの頼れるアフターサービスが付いて、この手のクルマを手に入れられるとなれば選ばずにはいられない。

ディーラーがない現在頼るべきはBUBU!

2016年にフォードが日本から撤退して早5年。後にアフターサービスの引き継ぎ先などが決まり事なきを得たのだが、コレがキッカケとなってディーラー車ベースのカスタム車両は以前にもましてリミッターをカットしたかの如く、ディーラーに出入りできる範囲内といったセオリーがなくなり、自由に、そして大胆なカスタムを施すオーナーが増えたことはカスタムフリークたちにとっては割と嬉しいニュースだったりする。

 

紹介するマスタングもそんなディーラー車ベースのフルカスタム車両。カーボンインテリアの内装に加え、ボンネットインナーのカーボンパーツの内外装をセンス良くコーディネートしつつ、ローダウンを施してブロンズゴールドカラーのROHANA20インチをインストール。虹色な色味がイカすナットにグリーンのブレーキキャリパーなどでボトムスを彩り、グレーのボディカラーがその印象をより色濃く導く。

2015 FORD MUSTANG

ここ数カ月本誌では本国でも入手困難な限定モデルや希少モデルばかりを紹介してきたこともあって、日本国内で普通に買えたディーラーモデルベースとなるとちょっと親近感が湧く。つまるところ、今ここで乗り換えを検討中のカスタム車両に乗っている方にとっても、BUBU阪神は心強い味方として覚えておくべきなのだ。ディーラーの下取り以上の高価買い取りも夢じゃない。

DSC_1821DSC_1833 DSC_1825DSC_1829

新車購入から6年間、前オーナーが大切にしてきたことが随所に感じられるインテリア。各部カーボンによるアクセントや50周年記念モデルの証であるプレートもグッドコンディションを保つ。

DSC_1869DSC_1858

大き過ぎず程よく主張するリアウィングとクリアなテールレンズ、グレーメタリックとグロスブラックのコントラストが大人っぽく上品に映える色使いと重厚感溢れつつもジェントルなエギゾーストノートを奏でるマフラーによるリア周り。下から舐めまわす様に見ても、このクルマのカスタム具合が如何に本気であるかが窺える。

DSC_1786 DSC_1779 DSC_1797

ボンネットダクトを連想させる立体的なデザインのエアロボンネットフードの追加やフォグ周りのカーボン化、そしてエンジン内部のカーボンアクセントによるスポーティーな装いも特筆物。ハイパフォーマンス化や、理に適った手数のみならず、見えないところや細かい部分にまでこだわって製作することで、ワンランク上の車格をアピール。

ROHANA 20インチホイール DSC_1866

グレーメタリックのシックなボディカラーにマットな質感のブロンズ色が一際存在感を放つROHANA 20インチホイール。ホワイトレター化したタイヤも良い味が出ており、差し色的に取り入れたライムグリーンのブレーキキャリパー、そしてチタンの如くレインボーに輝くロックナットのアクセントも実にハイセンス。ボトムスの仕立てからも前オーナーの想い入れの深さが見て取れる。


BUBU HANSHIN【BUBU阪神】

TEL:06-6427-5151
HP:https://www.bubu.co.jp
PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2021年 7月号掲載

最新記事


2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2024/06/13

誰もがワイルドな気分になれるオリーブドラブにオールペン【シボレーC1500】

ピックアップトラック

シボレー

近頃ミリタリーテイスト溢れるボディカラーでオールペンするガレージジョーカーが、アメ車マガジン2023年3月号で紹介したサンドベージュのS10ブレイザーに続き、オリーブドラブでオールペンしたC1500を作り上げた。

2024/06/12

究極のスタイルを実現できるそれがマルチピースの魅力!【ワークエモーションZR10 2P】

クーペ

シボレー

ホイール

オーバーフェンダーを追加したワイルドなスタイルに憧れるけれど、タイヤ&ホイールサイズがネック。またアメ車の場合はPCDも特殊だが、そんな悩みをすべて解決できるのがWORKの魅力。

ランキング


2022/07/05

モパーが並ぶショップでマスタングは狙い目

クーペ

フォード

2013 FORD MUSTANG GT PERFORMANCE PKG

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/06/02

モデル史上最大のボディサイズとなるフォードサンダーバード

クーペ

ビンテージ

フォード

1974 FORD THUNDEBIRD