ディーラー車ベースのフルカスタム車両のマスタング

クーペ

フォード

BUBU阪神

AMERICAN CUSTOMS

マスタング

ロハナ

ROHANA

アメマガ2021年7月号

2015 FORD MUSTANG

AMERICAN CUSTOMS


2015 FORD MUSTANG

本国仕入ればかりがBUBU 阪神の強みと侮るなかれ、ディーラー車ベースのフルカスタム車両も網羅!

BUBU阪神と言えば、横浜店に次ぐ関西圏の本国直輸入販売といったスタンスで知られているが、中にはその本国モデルを購入する際に愛用していたアメ車を下取りして販売するケースも多い。BUBUならではの低金利、1年保証のBUBUワランティープラスなどの頼れるアフターサービスが付いて、この手のクルマを手に入れられるとなれば選ばずにはいられない。

ディーラーがない現在頼るべきはBUBU!

2016年にフォードが日本から撤退して早5年。後にアフターサービスの引き継ぎ先などが決まり事なきを得たのだが、コレがキッカケとなってディーラー車ベースのカスタム車両は以前にもましてリミッターをカットしたかの如く、ディーラーに出入りできる範囲内といったセオリーがなくなり、自由に、そして大胆なカスタムを施すオーナーが増えたことはカスタムフリークたちにとっては割と嬉しいニュースだったりする。

 

紹介するマスタングもそんなディーラー車ベースのフルカスタム車両。カーボンインテリアの内装に加え、ボンネットインナーのカーボンパーツの内外装をセンス良くコーディネートしつつ、ローダウンを施してブロンズゴールドカラーのROHANA20インチをインストール。虹色な色味がイカすナットにグリーンのブレーキキャリパーなどでボトムスを彩り、グレーのボディカラーがその印象をより色濃く導く。

2015 FORD MUSTANG

ここ数カ月本誌では本国でも入手困難な限定モデルや希少モデルばかりを紹介してきたこともあって、日本国内で普通に買えたディーラーモデルベースとなるとちょっと親近感が湧く。つまるところ、今ここで乗り換えを検討中のカスタム車両に乗っている方にとっても、BUBU阪神は心強い味方として覚えておくべきなのだ。ディーラーの下取り以上の高価買い取りも夢じゃない。

DSC_1821DSC_1833 DSC_1825DSC_1829

新車購入から6年間、前オーナーが大切にしてきたことが随所に感じられるインテリア。各部カーボンによるアクセントや50周年記念モデルの証であるプレートもグッドコンディションを保つ。

DSC_1869DSC_1858

大き過ぎず程よく主張するリアウィングとクリアなテールレンズ、グレーメタリックとグロスブラックのコントラストが大人っぽく上品に映える色使いと重厚感溢れつつもジェントルなエギゾーストノートを奏でるマフラーによるリア周り。下から舐めまわす様に見ても、このクルマのカスタム具合が如何に本気であるかが窺える。

DSC_1786 DSC_1779 DSC_1797

ボンネットダクトを連想させる立体的なデザインのエアロボンネットフードの追加やフォグ周りのカーボン化、そしてエンジン内部のカーボンアクセントによるスポーティーな装いも特筆物。ハイパフォーマンス化や、理に適った手数のみならず、見えないところや細かい部分にまでこだわって製作することで、ワンランク上の車格をアピール。

ROHANA 20インチホイール DSC_1866

グレーメタリックのシックなボディカラーにマットな質感のブロンズ色が一際存在感を放つROHANA 20インチホイール。ホワイトレター化したタイヤも良い味が出ており、差し色的に取り入れたライムグリーンのブレーキキャリパー、そしてチタンの如くレインボーに輝くロックナットのアクセントも実にハイセンス。ボトムスの仕立てからも前オーナーの想い入れの深さが見て取れる。


BUBU HANSHIN【BUBU阪神】

TEL:06-6427-5151
HP:https://www.bubu.co.jp
PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2021年 7月号掲載

最新記事


2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

2024/02/22

長年に渡って見続けてきた老舗アメ車ショップにOBS の“イマ”を聞いた【ブルーリバー】

ショップ

1990年代から2000年代初頭のアストロブームと共に、アメ車シーンをけん引してきた関西の老舗アメ車専門店ブルーリバー。OBSの過去と現在を知る有識者として、当時から25年に渡ってブルーリバーを守り続ける代表の山倉氏に話を伺ってきた。

2024/02/21

アメ車マガジンの表紙を飾ったオーナーが営む神戸のダーツバー【DEAR'S】

ショップ

アメ車で乗り付けてジャンクフードを喰らうのが、アメリカンダイナーの醍醐味。しかしアメ車で乗り付けなくとも、お酒を嗜みながらアメ車話に花を咲かせられることもまた貴重。DEAR`sならそれが叶う!

ランキング


2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2020/10/22

東海カーズのマッスルカーを、華やかに彩る「和テイスト」のデザインワーク

ラッピング&ペイント

AMEMAG RECOMMEND ARTIST
遊鷹-Yutaka-

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】