マスタングの最高峰と言えばGT350、記念すべき納車の日に取材敢行!

クーペ

アメマガガールズ

フォード

マスタングGT

アメ車女子のライフスタイル

シェルビーGT350

アメマガ2019年10月号

アメマガガール

アメ車女子

マスタング

シェルビー

BUBU阪神

今とにかく女性たちが元気で、興味のあるモノにはとにかくどん欲。さらにSNSを駆使しての情報発信能力も高い。そんな女性たちの中にはアメ車を所有している人もいて、楽しんでいる様子が数多くSNSに投稿されている。早速彼女たちの車へのこだわりを聞いていこう!

#アメ車女子のライフスタイル アメマガガール MEGMEG FORD MUSTANG SHELBY GT350


FORD MUSTANG SHELBY GT350

FORD MUSTANG SHELBY GT350、アメマガガール

彼女たち流のアメ車との付き合い方

owner : MEGMEG
ーアメ車を乗りこなす女性たちの素顔ー
#アメ車女子のライフスタイル
本誌特集「AMEMAG GIRL」では、彼女たちがどういった経緯でアメ車と関わる様になったのか、愛車を選んだ理由にはどんな思いがあったのか、そしてどんなライフスタイルを送っているのかなどを掘り下げて、アメ車ライフを謳歌する女性オーナーたちの素顔を覗いちゃいます!

初めての愛車がサリーンで、ホワイト、ガンメタと2台乗り継いだ後、その集大成として選んだのがGT350。マニュアルシフト& ハイパフォーマンスに魅せられ、走りに対して人一倍こだわりを持つストイックな彼女に、オートマティックの選択肢などないのだ。

 

マニュアル車ならではの操る感覚に魅了されて♡

FORD MUSTANG SHELBY GT350、フォードマスタングシェルビーGT350
関東在住の女性オーナーがBUBU尼崎でGT350 を購入。積載車で全国納車も行なっているが、せっかくなので自宅に届けてもらうのではなく遠路遥々ショップまで引き取りに訪れると聞いて当日現地へ直行した我々取材班。


納車初日から500km近い距離を自走で走るなんて大丈夫? と少々心配しながら話を伺うと、実はこのGT350 が3台目のアメ車。既にサリーンを2台乗り継いだベテランであると聞いて納得、いやいや初めての愛車にサリーンってぶっ飛び過ぎて、納車ホヤホヤのGT350 を自走で関東まで走らせるってところが霞んでしまったのはココだけの話。

初めてのサリーンは兄の友人が乗っていたモノを手放すと聞いて譲ってもらったらしく、その当時兄がガンメタのサリーンに乗っていたこともあって一時は兄妹でサリーンを所有していたと言う。その後、兄がバイパーへと乗り換えるタイミングでガンメタを譲り受けた流れだ。

FORD MUSTANG SHELBY GT350、フォードマスタングシェルビーGT350
マニュアル操作は兄から直々に教わり、出だしの加速感やシートに背中が張り付く様な感覚がAT車では味わえない魅力と語り、その腕前はメキメキと上達。このガンメタのサリーンでサーキット走行会やイベントにも参加しており、本誌にも度々登場。いつもサングラスをかけているので〝謎のレディ〟としてベールに包まれていたが、GT350 納車のタイミングで遂にお披露目となった。


正直マニュアル好きの走りに対してストイックな女性と聞くと気の強そうなイメージではあったが、優しい眼差しと落ち着いた容姿に驚いた。こんな女性がGT350 を巧みに乗りこなすなんてギャップに萌える読者も多いのではないだろうか。ちなみに以前の愛車であるサリーンは現在お付き合い中でアメ車仲間でもある彼氏が受け継いでおり、愛着のある旧愛車を傍にキープしながらの乗り換えという願ったりかなったりな状況。


GT350の購入は当日一緒に納車に訪れていた彼以外仲間内では内緒らしく、本誌発売直後に富士スピードウェイで行なわれるアメフェスでサプライズお披露目を企んでおり、その際カスタムを加えて参戦するとのこと。素の状態はこれが見納めとあって納車当日の取材となった。エクステリアを中心にガラっと印象を変えるそうなので、気になる方は8月18日に富士スピードウェイで開催されるアメフェスで彼女の GT350 を探してみてはいかがだろう。

FORD MUSTANG SHELBY GT350、フォードマスタングシェルビーGT350
FORD MUSTANG SHELBY GT350、フォードマスタングシェルビーGT350
DSC_7693
黒とグレーを基調としたインテリア& エクステリアは女性オーナーらしからぬ男前な仕様。サーキット仕込みのドライビングテクニックも相まって、クルマを降りるまではまさか女性オーナーが運転しているとは思えない。そんなギャップに胸キュン♡


納車後2週間ほどで一度電話連絡をしてみたとこと、5速から6速となったことやステアリングフィール、クラッチが以前の愛車と比べて驚くほど滑らかで軽いことに若干戸惑いながらも、ドライブを堪能しているとのこと。
FORD MUSTANG SHELBY GT350、フォードマスタングシェルビーGT350
FORD MUSTANG SHELBY GT350、フォードマスタングシェルビーGT350
アルミ製のタワーバーや剥き出しタイプのエアクリーナーが装着され、オリジナルの状態で最大出力526hp を発生させるフォードV8 史上最高峰のハイパフォーマンスモデル。サリーンで鍛え上げたドライビングテクニックでGT350をどの様に乗りこなすか? 実に楽しみである。


FORD MUSTANG SHELBY GT350、アメマガガール
お付き合い中の彼がBUBUを推薦。自身を担当してくれたセールスの元で購入を勧め、遠路遥々関東から尼崎へ。BCDのアフターサービスや顧客満足度の高さはもちろん、セールス一人一人の人柄の良さもまた、カスタマーが乗り換え時に再びBCD を選ぶ最大の理由であり、末永い付き合いが続く魅力の一つと言える。

Thanks:BUBU 阪神
TEL:06-6427-5151
HP:http://www.bubu.co.jp

PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2019年 10月号掲載


最新記事


2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

2024/02/22

長年に渡って見続けてきた老舗アメ車ショップにOBS の“イマ”を聞いた【ブルーリバー】

ショップ

1990年代から2000年代初頭のアストロブームと共に、アメ車シーンをけん引してきた関西の老舗アメ車専門店ブルーリバー。OBSの過去と現在を知る有識者として、当時から25年に渡ってブルーリバーを守り続ける代表の山倉氏に話を伺ってきた。

ランキング


2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】