ダッジD100ワーロックは知る人ぞ知るニッチな存在

ピックアップトラック

ダッジ

D100 Warlock

ワーロック

アメマガ2021年9月号

AMERICAN TRUCKS

1978 Dodge D100 Warlock

AMERICAN TRUCKS -ピックアップトラックの無限なる可能性-


1978 Dodge D100 Warlock

ダッジの特別仕様車クール過ぎる「ワーロック」

正統派ワークホースのステップサイドに限定したDodgeトラックのスペシャルモデル。“リトルレッドエクスプレス”同様のアプローチながらも、よりクールな“ワーロック”は、激レアでコレクタブルな存在。

知る人ぞ知るニッチな存在のスペシャルモデルのワーロック

とにかくピックアップトラックが人気のアメリカでは、商業車としての需要だけでなく、キャデラックやリンカーンなど、SUVとしてのニーズを踏まえた高級志向のモデルもラインナップしている。


総合的な魅力で選ぶなら、近年のクルーキャブとなるが、アメリカンなピックアップトラックといえば、何といってもショートボックスのステップサイドだ。リヤタイヤハウスと荷台がそれぞれ独立したデザインは、戦前から受け継がれるトラックの王道スタイルだ。しかし、積載量やスタイリングなどを追求すれば、キャビンから荷台が延長線でデザインされるいわゆるフリートサイド(GMの名称)の方が主流。そんな中で、ダッジのD100のスペシャルモデルである「リトルレッドエクスプレス」やこの「ワーロック」では、ステップサイド(ダッジでの名称はユーティーライン/utiline)に限定しているのがポイント。


ゴールドのピンストライプや、ウッドのサイドレールをあしらったクラッシックなアプローチが当時のトレンドを反映して魅力大なのだ。「ワーロック」は、リトルレッドの特徴だった煙突型マフラーが騒音基準をクリアできない地域のためにディーラーオプションとして誕生したモデルなのだ。


それだけに、知る人ぞ知るニッチな存在で、この個体はリトルレッドエクスプレスなどの、ピックアップトラックを乗り継ぐ熱烈なファンによってアメリカで探し当て輸入されたもの。オリジナル状態を保持したコレクタブルな存在ながら、日常使用から愛機インディアンの運搬など、あくまでもトラックとしてカジュアルに使っているのがカッコ良い。

1978 Dodge D100 Warlock

曲線を基調としたデザインなだけに、ユーティーライン(ステップサイド)がよく似合う。専用のカラーリングやウッドのサイドレールの採用で年式に対してクラッシックな印象。エッジの効いたデザインの同年代の他社モデルと比べると、全体的に引き締まって若干小さく見える。

IMG_5591 IMG_5595

ダッシュの形状や計器のレイアウト、ステアリングやドアパネルなど、70年代のマッスル系のモデルに通じるデザインで魅力的。外装にあわせてあしらわれたピンストライプが魅力大。ホールド性の良いセパレートシートにして、センターシートによってベンチを兼ねる。

IMG_8346_

ブラック&ゴールドの色調や、ピンストライプによる専用ステッカーなど、70年代のファクトリーカスタムを象徴するアプローチが今こそ魅力大。スポーティなパッケージでは“スウィプトライン(”フリートライン)が主流だったのに対し、“ ワーロック” ではオーセンティックな“ ユーティーライン”(ステップサイド)なのがポイント。

IMG_8345_

スロットタイプのクロームホイールは、“リトルレッドエクスプレス” でも採用されるストックのスチール製。フルサイズながら、いわゆる1/2トントラックなので5ラグ。ファイヤーストーンのホワイトレタータイヤ(235/70R15)が全体の雰囲気にマッチしている。

IMG_5620

38~440まで、4種のV8エンジンの中でも71年から93年まで主力となった360(5.9ℓ)エンジンを搭載。180hp程度ながら、リッチなトルクで車重を感じさせない軽快な走り。この個体のオーナーのもう1台の愛車70チャレンジャーから降ろした440エンジンに換装を計画中。


Photo & Text 石橋秀樹
アメ車マガジン 2021年 9月号掲載

最新記事


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

ランキング


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。