ラグジュアリーばかりじゃない、オフロードカスタムのGMCキャニオン

ピックアップトラック

ラフカントリー

愛知県

キャニオン

KMC

ニットー

アメマガ2021年9月号

KMC XD SERIES

アズールモータリング アメ車SHOWROOM

AMERICAN TRUCKS

2017 GMC CANYON

AMERICAN TRUCKS -ピックアップトラックの無限なる可能性-


2017 GMC CANYON

オフロードのAZRが快進撃を続ける!

ZERO DESIGNに新作パーツが登場するなど、先端カスタムを突き進むアズールモータリングだが、オフロードカスタムも続々と製作中。今回はGMC・キャニオンがベースだ!

ラグジュアリーばかりがAZRじゃない

アズールモータリング(AZR)のオリジナルカスタムブランド「ZERO DESIGN」から新型のC8コルベット用エアロが登場し、さらに新型エスカレードのエアロも開発中というAZR。まさにカスタムの先端を走るショップらしい動きだが、それと並行して現在AZR・アメ車ショールームが力を入れて取り組んでいるのが、オフロードカスタムだ。


今回新たに製作したのは、ラフカントリーショックを組み込んで約3インチリフトアップを施し、KMC・XD820・20インチホイール、ニットー・リッジグラップラー(33×12.5R20)タイヤを装着する、17年型GMC・キャニオン・オールテレーン。リアベッドにはLEDバー&ブラックホースオフロード・アトラスロールバーも加わり、アメ車ピックアップトラックの強靭さを引き立たせている。

2017 GMC CANYON

本国のピックアップトラックはフルサイズが主流だが、最近ではダウンサイジングされたミッドサイズの注目も高く、日本でも復活したハイラックスの人気は想定以上となっている。こうした市場傾向も踏まえAZRが目を付けたのが、14年に登場したGMCのミッドサイズピックアップトラックのキャニオンというわけだ。兄弟車のシボレー・コロラドではなく、GMCを選ぶあたりも「人とは違う個性」に拘るAZRらしいと言えるかもしれない。ラグジュアリーのイメージが強いAZRはもはや昔の話。ビンテージあり、オフロードありと、オールマイティがAZRの一番のウリだ。

_K2A9464_K2A9400 KMC XD820の20インチ。タイヤはニットー・リッジグラップラー 33×12.50R20LT _K2A9488_K2A9384

ブラックホースオフロード・アトラスロールバーにLEDバーをベッドに装着。グリルも社外に変更されている。ミッドサイズとはいえやはり車体は大きいが、フロント・サイド・リアカメラが運転をサポート。ラフカントリーショックアブソーバーを組み込み、約3インチのリフトアップを施す。ホイールはKMC XD820の20インチ。タイヤはニットー・リッジグラップラー 33×12.50R20LT。


AZZURRE MOTORING アメ車ショールーム

所在地:愛知県豊明市沓掛町前田2-5
TEL:0562-95-1118
HP:http://azzurre-motoring.com

AZZURRE MOTORING アメ車ショールーム

アメ車ショールーム前に止まるのは、ZERO DESIGNフルエアロを身にまとったC8コルベット。そして両脇には新型エスカレード。この話題の車両たちを一度に見られるのは、日本ではアズールモータリング・アメ車ショールームだけだろう。エスカレードも現在、ZERO DESIGNのエアロが開発されている。


PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2021年 9月号掲載

最新記事


2024/05/25

満を持してコルベットに搭載されたハイブリッド型全輪駆動のeAWD

クーペ

シボレー

新車インプレッション

2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

ランキング


2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2023/05/23

フルリノベーションでスクールバスを第二の部屋に

バン

内装ドンガラ状態のスクールバスを手に入れ、1年半の月日をかけてコツコツと仕上げたオリジナルキャンパーバス。そこには市販車じゃ不可能な3兄弟が快適に寛げるギミックが満載! まるで動く子供部屋!!