ずっと憧れて探し続けていたC10ステップサイド!

ピックアップトラック

シボレー

アメマガ2021年9月号

C-10

AMERICAN TRUCKS

C-10ステップサイド

バルフォーエス

1969 CHEVROLET C-10

AMERICAN TRUCKS -ピックアップトラックの無限なる可能性-


1969 CHEVROLET C-10

年々良い個体は減少傾向で、さらに価格高騰の一途を辿るシボレーC10。中でも60年代のモデルはその傾向に拍車をかけてレアになってきている。そのステップサイドと言えば極レア。そんな希少モデルを手に入れた彼が真っ先にカスタムの相談をしたのがメタルワークの匠だ。

エアサスやビレットホイールの導入は二の次!

大きく立ち上がりの付いたボンネットフードにシンプルな丸目フェイスが第二世代のC10のアイコン。そのフェイスと非常に相性が良いのが紹介するステップサイドだ。荷台部分が通常よりも内側へレイアウトされ、積載性はお世辞にも優れているとは言い難いが、なによりその大きく張り出したフェンダーとベッドの醸し出すアメリカンカントリーな雰囲気が魅力をそそる。

DSC_6566

小林さんもそんなステップサイドの虜となり、比較的新しいアメ車を数台乗り継ぎながら、目ぼしいC10ステップサイドを探していた。そして念願のC10を手に入れた矢先に、メタルワークの匠、鉄加工職人のバルフォーエス岡野氏へ内外装カスタムを依頼した。「1年ぐらい乗れなくなるかもしれないけど大丈夫?」と促がされても「お願いします!」と快諾。


ある程度のイメージを伝えて、お任せでオーダーした。バルフォーエスのメタルワークと聞くとフレーム加工、エアサスの導入、スラムドといったイメージが強いが、今回はまったく異なる作業。むしろそれらはオリジナルをストック。彼がオーダーしたかったのはネオクラシックなビンテージ。本国でもトレンドとして既に確立されているビンテージトラッキンカスタムの進化系がイメージだ。

DSC_6569

ウッドの似合いそうなベッド部分はすべてメタルでショーカーの様に装い、専用のボックスはダンパー&鍵付で蓋の裏側のデザインはテールゲートの形状をモチーフにアレンジ。そのボックスデザインから絶妙にリンクするように両側ドア内張りをメタルで仕立て、ダッシュ部分は64年型用ユニットのビンテージエアーで吹き出しダクトを変更。


メーターはHDXシリーズのダコタデジタルで、メインモニターは現行ミニバン御用達のアルパインビッグXをインストール。ステアリング&ボス、ホーンボタンはビレットスペシャリティーズへ換装。何故かフロアシフト化されていたモノを再びコラムシフトへと戻す作業も。これら手の入れ方は、コルベットやカマロのビンテージモパー乗りたちが楽しむカーライフに近い物がある。荷台は積むためじゃなくて魅せるもの。トラックの正しい使い方ではないかもしれない。しかし〝正しい乗り方〟としてはアリだ!

DSC_6573

オリジナルは350エンジンにTH350の3速ATを搭載する第二世代のC10ではあるが、この個体は92年あたりのV8カマロなどに搭載される5.0ℓ TPI、700R4の4速ATへ換装されている。インジェクションの恩恵を受けて始動性は上々。また、エンジンルームとキャビンの壁に専用のビレットパネルを製作してヴィンテージエアーをインストール。熱い夏もストレスフリーな走りを堪能できる。

1969 CHEVROLET C-10 DSC_6704DSC_6683 DSC_6679DSC_6708

アルミとステンレスでメタルに作り替えてクリアコート仕上げを施すベッドフロア。キャビン側にはアルミ製で鍵とダンパー付きのボックスを製作。トランク的な使い方ができ、高さをアオリ部分に合わせてあるので真横からのシルエットを犠牲にしない点も特筆物。ガソリンタンクを室内からベッド最後尾へ移設したことにより、タンクキャップはベッドインナー部分へアルミ製で移設。オリジナルのキャップはダミー。

DSC_6598 DSC_6641DSC_6618

ビレットスペシャリティーズのclassic14 ステアリングに合わせホーンやボスも同ブランドでセット。ヴィンテージエアーは64~66年型用ユニットを採用しており、吹き出しダクトは64年型物へ変更。ダコタデジタルメーター&オートA/Cコントローラーでデジタルな装いをアクセントにしつつ、ナビ周りや助手席グローブBOXのパネルをアルミで制作したメタルワークによる絶妙なハーモニーは絶品!

DSC_6637DSC_6635 DSC_6607

アルミパネルで製作されたドア内張りは、グラブハンドル、オープンノブ、三角窓クランクノブまですべてビレットスペシャリティーズ。スピーカーグリルは巧みな造形でワンオフ製作。distinctive industriesで純正デザインのまま新調されたシートに新品フロアカーペットでモデルイヤーを感じさせないクリーンなインテリアへと一新されている。

1969 CHEVROLET C-10

OWNER : Kobayashi


THANKS:Bal.Four S【バル・フォーエス】

https://www.bal-fours.jp
PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2021年 9月号掲載

最新記事


2024/07/20

ROHANオリジナル コンプリートカーが愛知県に上陸!

ショップ

2024/07/19

ピンクのラムトラから一転、モノトーン基調のチャージャーへ

セダン

アメマガガールズ

ダッジ

数年前、ピンクのラムトラックと共にアメマガガールとして登場してもらったオーナーさんがチャージャーに乗り変えて再び登場。落ち着いて洗練された印象のチャージャーは高校生からずっと憧れてきた大本命だ!

2024/07/18

【プリマスロードランナー】マッスルカーナショナルズの引き継ぎがターニングポイント!

クーペ

ビンテージ

プリマス

69年型シェベルを愛用してきたオーナーさんがこのロードランナーを手に入れたのが2019年。マッスルカーナショナルズを若い世代に委ねると、お声がかかったタイミングでの乗り換えはある意味、運命!

2024/07/17

そろそろ私もジープが似合う、大人の女性を目指そうかな。【Sareee】

SUV

アメマガガールズ

ジープ

もっと強くもっとかっこよくなるために自分磨きに挑戦
プロレス界の太陽神 Sareee

ランキング


2024/07/17

そろそろ私もジープが似合う、大人の女性を目指そうかな。【Sareee】

SUV

アメマガガールズ

ジープ

もっと強くもっとかっこよくなるために自分磨きに挑戦
プロレス界の太陽神 Sareee

2023/04/10

多くのアメ車を所有するもずっと頭から離れなかった憧れのアストロ

バン

シボレー

アメリカンカルチャーが好きでアメ車にハマり、これまで所有したアメ車は片手では収まりきらない角田さん。しかも常に2台所有が基本スタイルで、現在はシルバラードと、いつかは乗りたいとずっと願っていたアストロが愛車になっている。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/07/19

ピンクのラムトラから一転、モノトーン基調のチャージャーへ

セダン

アメマガガールズ

ダッジ

数年前、ピンクのラムトラックと共にアメマガガールとして登場してもらったオーナーさんがチャージャーに乗り変えて再び登場。落ち着いて洗練された印象のチャージャーは高校生からずっと憧れてきた大本命だ!