FLEXがタンドラ・タコマなどのUSトヨタ車両を手掛ける!【EC専門店】

ショップ

アメマガ2022年7月号

フレックスUSトヨタガレージ店

FLEXがタンドラ・タコマなどのUSトヨタ車両を手掛ける!〝EC専門店〟というイマドキスタイル!


購入時に安心の専門店でUSトヨタ車をチェック!

ランクルを中心とした車種専門店を展開し、数々の良質車を世に送り出してきたカスタムカーディーラー『FLEX(フレックス)』が、タンドラやタコマといったUSトヨタ車を取り扱う店舗『USトヨタガレージ店』。しかも、積極的にショールームを展開しないイマドキのEC店舗である(※1)。EC専門店のメリットは多数あるが、第一に日本全国へ納車が可能。さらに店舗自体に過剰な装飾を必要しないことや大勢のスタッフを配置しないモータープール的な店舗であるため、浮いた経費はすべて車両価格のコスパに反映される。また、店舗にスペースが多いため豊富な在庫量もメリットだ。

 

もちろんWEBサイトのみのEC店ではないため、気になる車両があった場合事前に予約すれば、実際に店舗でチェックも可能だ。

 

さて、ご存知、USトヨタのタンドラにはアメリカンBIG3のフルサイズピックアップを凌駕するほど〝唯一無二〟感のある押し出しの強いフロントマスク、巨大なボディ、V8エンジンの圧倒的な加速感など魅力がたくさんある。

 

一方でアメリカ仕様だとカーナビ・オーディオが使えなかったり、メリットでもある巨大なボディとロングベッドは、駐車時の視界不良につながり、逆に持て余してしまうことも…。

 

もちろんFLEX USトヨタガレージ店で扱っている車両では、そんな心配は無用。カーナビは日本で使える仕様がインストールされるほか、要望があればフロント・サイド・バックにカメラを装着し、ナビモニターに映し出すことにも対応してくれる。

 

また、並行輸入車=不安という方も多いかもしれないが、FLEXでは中古並行車はカーFAXやオートチェック(※2)でアメリカ本国を出国する時の距離などをしっかりと確認した上で仕入れているため、安心して購入できる。

通常の来店を考慮しないEC専門店のため、広い敷地内にはあえてモータープール的にズラリと在庫車両が並ぶ。USトヨタの逆輸入車の中でも特に高い人気を誇るタンドラやタコマを手に入れたいなら相談してみたい。年式やグレードにカスタム内容など、これだけ在庫があれば、かなり選択肢は広がるだろう。

 

購入後は全国のディーラーや提携認定工場にて修理を受けられる保証のほか、万が一気に入らなかった場合の「EC 返品サービス」など、およそ不安な要素は全て払拭されているのだ。

※1 USトヨタガレージ店はEC専門店。実はこの店舗の母体はFLEX の中でオンライン商談に特化したEC部門である「MIKKE(ミッケ)」。ゆえにこれまでのノウハウを活かしてラインやメールで商談ができ(テレビ電話も可能)、全国から購入することが可能。なお、車両詳細をしっかりとオンラインで伝えるため、敷地に設置されたスタジオでキレイに撮影された写真がWEBサイトにアップされる。中間マージンがカットされることで、車両がお得に購入できるというメリットも。

 

※2 CARFAX(カーファックス)やAutoCheck(オートチェック)とは、アメリカ国内で販売された車のVINナンバー(シルアルナンバー)から過去の走行履歴などを調べることのできる第三者機関。この情報を基にして車両を並行輸入しているため、USトヨタガレージ店に在庫されているのは安心・安全の車両ばかりだ。


●EC専門店のため、WEBサイトで車両をチェックして上記連絡先でのオンライン商談を推奨。
※事前予約すれば、来店して車両を実際に確認することもできる。
所在地●〒278-0001 千葉県野田市目吹 1665-1


厳車選両

USトヨタ・タンドラ 4WD クルーマックス1794 エディション

※日本でも人気の2015 年型タンドラの最上級グレード

ハードトノカバーやベッドライナー塗装といった基本メニューのほか、オーバーフェンダーやFULE製20インチホイール、M/Tタイヤ(285/50R20) といったカスタムメニューも充実。

カーナビ&オーディオは、日本での使用に対応する新品のパナソニック10インチフローティングナビに換装済み。ほかにフルサイズピックアップトラックの必需品であるフロントカメラ・サイドカメラ・バックカメラや新品ETC2.0もインストール済み。一方で1794 Editionだからこその専用内装(革シート・フロアマット)やサンルーフ、JBLスピーカーは本国仕様がそのまま生かされている。


フレックス・USトヨタガレージ店【FLEX US TOYOTA GARAGE】

URL:https://www.flexnet.co.jp
TEL:0120-914-377( フリーダイヤル)
TEL:04-7136-7608( 一般電話)
オンライン商談
メール → mikke@flex.jp
LINE → @mikkeflex
営業時間:10:00~19:00
定休日:火曜日


PHOTO●浅井岳男
TEXT●空野 稜

アメ車マガジン 2022年7月号掲載


関連記事

RELATED


ビンテージアイテムに特化した「KANCHI HOUSE」を紹介しよう。

アメ車に乗っていたら、やっぱりアメリカンカルチャーは否応なしに気になるもの。以前から全国各地のアメリカン雑貨専門店を紹介してきたが、今回はその中でもビンテージアイテムに特化した「KANCHI HOUSE」を紹介しよう。

東海と甲信のGMファンを絶大な安心感でサポート!【キャデラック静岡/シボレー静岡】

国産/輸入車を問わず、今や新車を購入する場合、年単位で待たされる状況。アフターサービスも大切だが、正規ディーラーならではの「欲しいクルマに乗れる」安定感もお店を選ぶポイントと言える

圧倒的な整備力が多くの整備難民を救う【ハロウィン】

埼玉県春日部市にあるハロウィンは全メーカー対応の専用テスターを完備し、ディーラーと同等の整備を行なうショップとして知る人ぞ知るアメ車ショップ。信頼ある整備を行なうショップを探しているならば、是が非でも訪れたいショップだ

高い整備力を誇るナオキモータービルドにOBSの“メカニズム” を解説してもらう

大きく分けて95年モデルまでのTBIと96年モデル以降のVORTECの2種類のエンジンが存在するOBS。ここではこの2つのエンジンの特性やメリット&デメリットなどを、開業当時からOBSを見てきたナオキモータービルドで伺ってきた。

90年代から四半世紀に渡る営業を経て、寝屋川市駅からすぐの場所に【SOUL FOOD BAR BUTCH】

大阪のベッドタウン寝屋川市、南北を結ぶ外環状線(国道170 号線)から一本入った場所で25年間継続してきた「SOUL FOOD BAR BUTCH」が節目となる四半世紀を迎え、寝屋川市駅からすぐの場所に!

 

最新記事


2024/04/13

日本の気候には不向きなアメ車だからこそ防御が必要!【ラストストッパー】

メンテナンス

電子の働きを利用してアメ車をサビから守る
電子サビ防止装置 ラストストッパー

2024/04/12

こう見えても家族の送迎車、子供のために内装をアレンジ【キャデラック エスカレード】

SUV

キャデラック

これまで乗った愛車はみんなカスタムし、しかもどれも2年で手放すことが殆どだったと語るのりさん。エスカレードはラグジュアリーなスタイルが似合うけど、ほかとは違う方向性で個性を主張する。

2024/04/11

圧倒的な整備力が多くの整備難民を救う【ハロウィン】

メンテナンス

ショップ

埼玉県春日部市にあるハロウィンは全メーカー対応の専用テスターを完備し、ディーラーと同等の整備を行なうショップとして知る人ぞ知るアメ車ショップ。信頼ある整備を行なうショップを探しているならば、是が非でも訪れたいショップだ

2024/04/10

カスタム済みの中古車なら購入時からスタイリッシュ!【トップスピード】

SUV

ジープ

最近、JEEPが気になる人が増加中!でも、今からディーラーに新車を買いに行っても数年待ちは当たり前。「今すぐ乗りたいし、カスタムしたい!」という人に、TOPSPEEDのラングラーをお勧めしよう!

ランキング


2024/04/12

こう見えても家族の送迎車、子供のために内装をアレンジ【キャデラック エスカレード】

SUV

キャデラック

これまで乗った愛車はみんなカスタムし、しかもどれも2年で手放すことが殆どだったと語るのりさん。エスカレードはラグジュアリーなスタイルが似合うけど、ほかとは違う方向性で個性を主張する。

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2021/06/11

史上初の200mph超えを果たした伝説の「快鳥」【プリマス・スーパーバード】

クーペ

ビンテージ

プリマス

1970 PLYMOUTH SUPERBIRD

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】